日本ワインと国産ワインの違いを知っていますか?

ブドウ畑

いよいよ2018年10月から、日本でも初のワイン法が施行されることになります。

2015年に初めて「日本ワイン」の定義や表示ルールを制定されてから、多くの規定が変更されたため、ワインを嗜む人々にとって、わかりやすい表示に変更されることになります。

今回はその中でも日本ワインと国産ワインの違いについてご紹介します。

日本ワインと今後姿を消す国産ワイン

ブドウを収穫する様子

日本ワインとは、日本で栽培されたブドウを使用し、日本で醸造されたワインのことを指します。

一方で、これまで国産ワインとされてきたものは、海外から輸入した濃縮果汁やバルクワインを使用し、日本国内で混ぜたり水を足したりして製造したワインのことを指します。また、輸入ワインに日本ワインを混ぜることもありますが、基本的には原材料の多くが輸入されており、「国産」とは名ばかりのものでした。

しかし、今後、国産ワインは姿を消し、2018年10月のワイン法施行以降に生産されたものは「国内製造ワイン」という名前が付けられることになります。

日本のワイン法とは?

袋がけのブドウか実った畑

日本国内で流通されているワインについてワイン愛好家たちからは、海外産原料の国産ワインと、日本で栽培・収穫されたブドウを使用した日本ワインを、もっとわかりやすく明確に区別すべきだという声が挙がっていました。

そして2015年10年にようやくワイン法が制定され、日本ワインと国内製造ワイン(旧・国産ワイン)の明確な基準が設けられました。ワイン法は国際規定にならい、厳格な規定が定められています。

例えば、産地や地域名、収穫年、品種をラベルに表示する場合は、それぞれそのブドウが85%以上使用されていることが条件となります。これはEUの規定に準じるものとなっています。

厳しい日本ワインの規定

ブドウ畑

国際基準にならった日本のワイン法ですが、世界的に見ても厳しい基準が織り込まれています。

例えば、「地域名+ワイン」(例えば山梨ワインなど)とラベルに表示したい場合、その地域で栽培されたブドウはもちろんのこと、醸造もその地域で行われたものでないと表記することができません。例えば、フランス・ブルゴーニュで造られたAOC表示のワインは、その地域で栽培されたブドウを使用すれば、醸造する地域は全く別の地域でも問題ないので、ブルゴーニュよりも厳しい基準になっています。

この規定に対応するため、制定から施行まで3年の猶予を持たせましたが、その間にワインの名前や社名を変更したという生産者も一部見られました。

日本ワインの表ラベル表示について

ブドウとワインとグラス

では、その地域で造られたブドウを使用しているのに、別の地域で醸造したために、ラベルに地域名を排除しなくてはならないのかというと、そこまで厳しくはありません。

日本ワインの表ラベルには3パターンの表示例があります。

まずは、「地域名+ワイン」(例えば山梨ワインなど)と表示できるのは、使用しているブドウがその地域で栽培され、醸造も同じ地域で行われた場合のみです。

続いて、ブドウがその地域で栽培され、醸造が別の地域の場合は「地域名+産ブドウ使用」(例えば山梨産ワインなど)と表示できます。逆にブドウのみ別の地域で栽培されたものを使用した場合は、「地域名+醸造ワイン」(例えば山梨醸造ワインなど)と表示することが可能です。

日本ワイン以外の裏ラベル表示例について

では、逆に日本ワイン以外の国内製造ワイン(旧・国産ワイン)については、濃縮果汁、または輸入ワインを原料とした場合は、表ラベルにその情報が表示されます。

そして、裏ラベルには使用されているブドウの原産地名が表示されることになります。

まとめ

収穫したブドウ
ここ近年、日本ワインが世界的にも注目され、多くのメディアも取り上げられつつあります。更にワイン法も施行されることになり、日本ワインのさらなる発展が将来的に望めるようになりました。

日本ワインと国内製造ワイン(旧・国産ワイン)の違いを知って、自分が飲みたいと思うワインを正しく選び取れるようになる人が増えることがワイン産業の発展に繋がっていくのだろうと思います。

また、日本ワインは日本人の味覚に合うように造られており、日本食との相性も抜群です。ぜひ、一度手に取って飲んでみてはいかがでしょうか?

<参考>『2018 日本ソムリエ協会 教本』P49「表示ルール│ワイン法」