今さら聞けない!ブショネとは?

コルク

レストランでソムリエがコルクの香りを慎重に嗅ぐ、あの仕草。「ブショネ」を確認しているサインです。この「ブショネ」という言葉、どんな状態を指すかご存知ですか?

ワインに関する言葉の中でも「ブショネ」は知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなブショネの原因や香りの特徴をご説明します。これであなたもブショネがわかるようになるかもしれませんよ?

ブショネ(bouchoneé)とは

ワインボトルのコルク部分のアップ

ブショネとは、汚染されたコルクによりボトル内のワインの品質が劣化する現象のことを意味します。

ブショネのワインは不快な香りがする欠陥品ですので、レストランなどであればワインを交換してもらえます。レストランでワインを頼んだ際にするホストテイスティングは、ブショネのワインでないかを確認するためです。

ブショネは、コルクを使用したワインであれば、スティルワインはもちろん、スパークリングワインにも発生します。

ではなぜ、そんなリスクを冒してまでコルクを使用するのでしょうか。

そもそもワインにはコルクが使われていますが、他のお酒にはコルクが使われていることはあまりないですよね。その理由はワインの酸にあります。

ブドウから造られるワインは強い酸があるので、この酸に対しての耐性が無ければ、ワインを密閉することは難しいのです。そこで金属ではなく、コルクが使用されています。

植物であるコルクは、金属と違い腐敗することもなく気密性が保たれるのです。

しかし一方で、天然の植物であるがゆえに、コルクとして使用される前に細菌に汚染されている可能性があります。これがブショネの原因です。

ブショネの原因

コルク

ブショネの主な原因は、コルクに潜んだ細菌と消毒に用いられる塩素によって、TCA(トリクロロアニソール)という物質が発生することです。

しかし他にも、ワイナリーの設備が汚染されている場合もあり、この場合は汚染された設備に関わったワイン全てがブショネになります。

残念ながら高額ワインであってもブショネは発生し、偉大な最高級ワインであってもデイリーワインであっても、ブショネであれば欠陥ワインとして判断されます。

ブショネが発生する確率は約5%と言われており、それほど珍しいわけではないことがわかりますね。

現在ではコルクメーカーなどの努力によって、発生率は多少改善されているようです。

ブショネ特有の香り

グラスに注ぎ入れられる赤ワイン

ブショネの原因であるTCAの香りは、極めて低濃度であっても感知できるほどの強い匂いです。

さらに、ブショネはその都度「程度」が異なります。不快な香りが強いものから、気付かず飲んでしまう程度のうっすらとした香りのものまで、素人にはなかなか難しい判断です。

一度もブショネを認識したことのない方にとってはブショネの香りを判断することは難しいですよね。

そんな方に想像していただきたいのが湿った段ボールのような不快な香りです。これがブショネの香りだと覚えていてください。グラスに注がれたワインの香りで判断できない場合は、口に含むとよりわかりやすくなります。

一度認識するとすぐにわかるようになるので、違和感を感じたらワインに詳しい方に相談してみるのがいいですね。

コルクの進化

スクリューキャップ

劣化したワインとして不良品扱いされてしまうブショネ。ブショネと判断された場合、ソムリエはお客様のワインを交換する必要があります。

せっかくのお祝いワインも、ブショネで飲めなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。このようなブショネの悩みはワインの世界には尽きません。

生産者にとってもコルクを使用することにリスクを感じている人もいるほどです。

そこで近年、コルク以外にも様々なワインボトルの栓が発明されています。

最も一般的なスクリューキャップをはじめ、合成樹脂のコルクや、ガラス栓などがあります。ブショネの心配をせずに購入できるのは消費者側としても嬉しいことですよね。

スクリューキャップについて詳しくはこちら

もう安物ワインではない!スクリューキャップワインの利点とは?

まとめ

よく聞くブショネという言葉について、お分かりいただけたでしょうか?

出会ったことがない方は、ブショネが実際どんな香りがするのか、なんだか気になってきますよね。

ご自宅でワインを楽しまれる際は、ソムリエのように慎重にワインを嗅いでみてください。何か異臭を感じたら、ブショネかもしれませんよ?