コスパ抜群!ランブルスコの種類と選び方

ランブルスコが注がれているワイングラス

1970~80年代にアメリカを中心に大流行したランブルスコは、ワイン初心者にも飲みやすい味わいで、今も根強い人気があります。

今回はそんなランブルスコの選び方や料理と合わせるコツをご紹介します。

ランブルスコとは?

ランブルスコとは、イタリア屈指の美食の都エミリア・ロマーニャ州で生産されるスパークリングワインです。

一般的には、ほどよい甘みと渋み、酸味のバランスが取れたフルーティな味わいの赤の微発泡ワイン。アルコール度数は辛口で11%ほど、甘口だと8%前後になります。

フルーティな味わいと低アルコール、さらに手頃な価格も相まって、ワイン初心者からの人気が高いワインと言えるでしょう。

しかし実は、ランブルスコの生産地は数多くのエリアに分かれており「ランブルスコ」と名に冠するブドウ品種も10種ほど存在します。

そのため赤(Rosso)の他に、白(Bianco)やロゼ(Rosato)、甘口から辛口まで、ランブルスコのバリエーションはとても豊富です。

そこで抑えておくべき、ランブルスコの種類を次でご紹介します。

ランブルスコの種類

ランブルスコが造られる産地地図

ランブルスコの生産地はイタリア最長の河川、ポー川の下流域、イタリアのエミリア・ロマーニャ州とロンバルディア州の国境にまたがっています。

生産エリアは大きく分けて、エミリア・ロマーニャ州のモデナとレッジアーノ、ロンバルディア州側のマントヴァーノの3つで、ほとんどのランブルスコはラベルに「Lambrusco Modena」のように、この内のいずれかの産地を表示しています。

しかし、より高品質なランブルスコを選びたいのであればランブルスコ・ディ・ソルバーラとランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロ、ランブルスコ・ディ・サラミーノ・ディ・サンタ・クローチェは抑えておきましょう。

ランブルスコを選ぶには、これらの産地の特徴と後述する甘辛度の見分け方がわかれば、お好みにあったワインを選べます。

ランブルスコ・ディ・ソルバーラ

ランブルスコ系品種の中で、最も高品質と考えられているランブルスコ・ソルバーラ種主体で造られるワインです。

ワインは淡い色調で、赤スグリにバラやスミレの華やかな香り、渋みは少なく、繊細でフレッシュな味わい。ソルバーラ種はタンニンが少ないので、ほとんどのワインが辛口に仕上げられます。

そのため、他のランブルスコとは一線を画す味わいで、ピノ・ノワール愛好家におすすめしたいエレガントなワインです。

ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロ

重厚感のあるワインがお好きな方にはこちらです。

ランブルスコ系品種の中でいちばん渋味が強いランブルスコ・グラスパロッサ種を85%以上使用して造られています。

よく熟した黒系果実の香りに、力強いタンニンと酸味がありフルボディ。これらの要素とバランスを取るために、残糖分がやや多めに仕上げられることが多いワインです。

ランブルスコ・サラミーノ・ディ・サンタ・クローチェ

ランブルスコで最大の栽培面積を誇る、高品質なランブルスコ・サラミーノ種を主体としたワインです。

スミレやバラの香りがありますがソルバーラほど香り高くなく、タンニンはグラスパロッサほど強くない、ソルバーラとグラスパロッサの中間的なキャラクターを持ちます。

ランブルスコの中でも、特にフードフレンドリーなスタイルと言えるでしょう。

セッコとアマービレの違い

ランブルスコの名前にセッコやアマービレといった言葉を見かけたことはありませんか?実はこれらの言葉は、ワインの名前ではなくランブルスコの甘み表示。

ランブルスコの味わいは甘口から辛口まで幅広いため、消費者が選べるようにおおよその残糖度を表示しているのです。

しかしその表示は、私たち日本人には馴染みのない言葉で記されています。フルーティで甘味のあるランブルスコを期待して買ったのに、開けてみたら辛口だった、なんてことを避けるために下の表を参考にしてください。

ラベル表示(読み方) 残糖度
Secco(セッコ) ~15g/L
Semisecco(セミセッコ) ~30g/L
Amabile(アマービレ) ~50g/L
Dolce(ドルチェ) 50g~/L

残糖分が少ないほうからSecco(辛口)、Semi-Secco(やや辛口)、Amabile(やや甘口)、Dolce(甘口)です。下図のように表か裏ラベルのどこかに書かれています。

また、ランブルスコはFrizzante(微発泡)が主流ですが、Spumante (発泡)と記載のあるものは炭酸が強めになります。

ランブルスコ ラベル

ランブルスコと料理を合わせるコツ

生ハム

食事と合わせやすいスパークリングワインの中でもほどよい甘味と渋味、爽やかな酸味のあるランブルスコはとてもフードフレンドリー。

同じエミリア・ロマーニャ州の特産品であるパルマ産プロシュットやパルミジャーノ・レッジアーノはもちろんのこと、ピザやハンバーガー、焼肉、さらにはエスニックやインド料理まで幅広いペアリングが可能です。

深く考えなくても、ランブルスコと相性の悪い料理の方が少ないほどの万能さが魅力ですが、あえてペアリングのコツを挙げるとすれば、ランブルスコの甘味と料理のコクがかけ離れないようにすることでしょう。

おすすめのランブルスコ

最後に、エノテカおすすめのランブルスコをご紹介します。

ランブルスコ・ディ・ソルバーラ

なによりもおすすめしたいランブルスコ・ソルバーラ種を使ったランブルスコです。

バラや赤スグリの華やかな香りと、フレッシュでドライな味わいはランブルスコのイメージを覆してくれます。ピノ・ノワールがお好きな方は騙されたと思って試してください!

1,300円という価格ながら、ワイン評価誌ヴィノスで並のシャンパーニュを上回る90点を獲得しています。

ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロ

ソルバーラとは逆に、濃厚でコクのある味わいをお求めの方にはこちら。

ドルチェ(甘口)ですが、とても滑らかなタンニンと残糖分がバランスを保っているので気になりません。

甘辛いタレを使った肉料理やチリペッパーの効いたスパイシーな料理を包み込んでくれます。また、スイーツとも合わせられる懐の深さもあります。

ランブルスコ・サラミーノ

原産地呼称はレッジアーノ・ランブルスコですが、ランブルスコ・サラミーノ種100%で造られている1本です。

イタリアのグルメ雑誌である「ガンベロ・ロッソ」において、最高評価であるトレ・ビッキエリを10年連続で受賞しており、世界的に高い評価を得ています。

ほど良い渋味が感じられる味わいは、生ハムやピザとの相性がぴったりです。

まとめ

美食の街で生まれたランブルスコは、多くの食事と相性が良く、食卓をより素敵に演出してくれます。

価格もお手頃なので、イタリアンに限らず生ハムやチーズを食べる時には、ぜひ試してみてくださいね。