私がワインにハマるワケ その4「ジャケ買いしたくなる出会いがある」

お気に入り追加

ライフスタイル
公開日 : 2023.1.30
更新日 : 2023.7.12
シェアする

今日は、仕事終わりに同期のひよりちゃんと家飲み。女同士の家飲みといえば恋バナがテッパンなんだけど、現在進行系の恋がない私たちは恋にまつわる名言を肴に、あーでもこーでもと話しながらワインを飲む。そしてひよりちゃんが素敵そうな言葉をぶっこんできた。


「恋はワインのエチケットのよう」


ん? 恋愛はワインの礼儀作法と似ているってこと? え? エチケットってワインラベルのことなの? そうなんだ。 


「ワイン選びはエチケットから始まるの。そのデザインから味わいのイメージを膨らませて、そしてコルクを開けた時の香りから、イメージとのギャップを楽しむの」 


そう言ってひよりちゃんは、1本のワインを取り出した。ラベル、じゃなくてエチケットがかわいい! ピンク地に赤の水玉模様の奧に、凛々しい騎士(ナイト)がラフなスケッチ風に描かれている。色合いも画のタッチも絵本の世界みたいでメルヘンだし、ロゼの鮮やかな色合いがさらに映える!確かにこの衝動は恋に近いのかも。


「で、このワインに恋しちゃったんだと思う。その恋が本物かどうか、飲んで確かめよう」


恋はワインのエチケットかあ、とぼんやりとしていると、ひよりちゃんはおもむろにスマホを取り出し、エチケットを写メって3つめの裏アカに写真をアップしている。ほかのアカウントの2倍も「いいね!」がつくらしい。いろんなデザインのエチケットを見るうちに、新しい恋もはじまるのだろうか。


でもそれって結局、男は見た目からってことじゃね? と思ったけれど、相手がワインとはいえ、ひさしぶりの恋が始まったばかりのひよりちゃんには、言わないでおいた。

イラスト:白井瑶さん


白井瑶さん

SNSとブログでイラストや文章を発信中。Twitterにいることが多いです。 Twitter @shiraiyo_ Instagram @shiraiyo_08

    この記事をシェア

    公式SNS・APP

    最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

    line お友達登録

    お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

    公式アプリ

    ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

    ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。