私がワインにハマるワケ その2「ワイン1杯で世界を飛び回れる」

お気に入り追加

ライフスタイル
公開日 : 2023.1.25
更新日 : 2023.7.12
シェアする

3コ上の会社の先輩は、ワイン好きでよく南仏の話をしてくれる。ただ南仏に行ったことはないらしい。


「南仏はワインをつくるのに最適な気候と土がある」とか、「1年中穏やかな気候のおかげで怒りっぽい南仏人は皆無だ」とか、「南仏のことをプロヴァンスっていうけど、これはエリアの名前であって、都市でいうならエクサンプロヴァンスという街のことなんだ」とか。繰り返すけど、先輩は南仏に行ったことはない。


そして今日は、そんな先輩が私の配属1周年の記念にプレゼントしてくれたワイン(ラッピングはしてなかったけど)を開けることにした。ただ、そのワインはチリ産だった。南仏じゃないんだ。チリか。行ったことない。もちろん先輩も行ったことないであろう。


今回は、先輩のように産地に想いをめぐらせながらワインを飲んでみることにしよう。いつものリーデルのグラスにワインをそそぎ、チリのブドウ畑と山々に想いを馳せてみる。


ネットでチリを検索。ふむふむ。高地の街。アンデス山脈に砂漠に氷河。暑いんだか寒いんだか。パタゴニア。ああ、あのパタゴニア。バルパライソのカラフルな家。かわいい。キングペンギンにマゼランペンギン。かわいい。イースター島。あ! モアイか! モアイ!


へー、チリっていい国じゃん。


フルーティなチリ産の白ワインを飲みながら、チリを旅する気分に浸る夜。結構楽しい!頑張った私に「ありがとう、おつかれ!」とエールを送りつつ、たぶん今晩見る夢は、ペンギンとモアイ像が元気そうに跳ね回る、砂漠の中のブドウ畑になるだろう。間違いない。

イラスト:白井瑶さん


白井瑶さん

SNSとブログでイラストや文章を発信中。Twitterにいることが多いです。 Twitter @shiraiyo_ Instagram @shiraiyo_08

    この記事をシェア

    公式SNS・APP

    最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

    line お友達登録

    お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

    公式アプリ

    ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

    ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。