私がワインにハマるワケ その3「ワインなら昼から飲んでもいい感じ」

お気に入り追加

ライフスタイル
公開日 : 2023.1.27
更新日 : 2023.7.12
シェアする

うちの会社の社長は「ヒゲ社長」と呼ばれている。今どき顎ヒゲじゃなくてクチヒゲなのでヒゲ、ということらしいけど、私だったら「男爵」ってあだ名にしてたと思う。そんなヒゲ社長の付き添いでクライアントとのパワーランチとやらに同席することに。 


席に着くなり衝撃の瞬間。ヒゲ社長がおもむろに「白ワインを」と頼む。え? ヒゲ? いや、社長? まだ昼ですよ? ヒゲ生やしたら昼からお酒飲んでいいんですか? そんな気持ちが顔全面に出ていたのか、ヒゲ社長が「きみ、ヨーロッパでは仕事中にお酒を飲むこともあるんだよ」と諭す。


ヨーロッパ人は昼からお酒を飲むのか! と、うろたえている間に、私のテーブルのグラスにもワインが注がれていく。晴れた日のテラス席は燦燦と光が降りてきて、グラスに注がれる白ワインをゴールドに輝かせる。


そんな光景にうっとりしていると「このワインはね、牡蠣にぴったり合うんだよ」とヒゲ社長がいう。なるほど、牡蠣単体よりもこのワインと一緒の方がぜったい美味しい。


ヒゲ社長といえば、夜にへべれけになっているところしか見たことがなかったけど、仕事の打ち合わせをしながら太陽の下でワインを飲むヒゲ社長は、ちょっと大人感が増す。赤ら顔で酒を飲んでるのは夜と変わらないのに、太陽ってすごい。


私にとってお酒は1日の終わりのサインだ。だから昼からお酒なんて、いろんな意味で「終わってる」としか思えなかったけど、昼ワイン、やってみたら罪悪感なし。むしろ美味しい牡蠣と白ワインで、なんか元気出た。このあとの仕事も頑張れそうな気がする。ありがとうヒゲ社長! ありがとう昼ワイン!

イラスト:白井瑶さん


白井瑶さん

SNSとブログでイラストや文章を発信中。Twitterにいることが多いです。 Twitter @shiraiyo_ Instagram @shiraiyo_08

    この記事をシェア

    公式SNS・APP

    最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

    line お友達登録

    お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

    公式アプリ

    ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

    ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。