<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

情熱の国!スペインのアツい夏の過ごし方

加瀬まなみ
加瀬まなみ
ワインの豆知識
公開日:2022.8.4
更新日:2022.8.4
情熱の国!スペインのアツい夏の過ごし方

フラメンコ、闘牛、サッカー、灼熱の太陽……日本では“情熱の国”と称されることの多いスペイン。


ちょっとのんびり屋なところはありますが、陽気で家族思い、そして何より、人生を楽しむことに注ぐ情熱は素晴らしいものがあります。


そんなスペインの人たちにとって、最も大切な季節がやってきました。スペインの夏はとにかくアツいんです!


一体どんな夏を過ごしているのか、ご紹介しましょう。ちょっとした旅気分を味わいながらお楽しみください。

目次

スペインの夏は暑い?

サグラダ・ファミリア

梅雨がないスペインは、6月に入ると早くも真夏のような気候になり、40度を超えることも珍しくありません。特に気温の高い内陸や南スペインでは、50度近くまで気温が上がることもあり、とても仕事にならない……そんな気候が9月末頃まで続きます。


太陽の光はジリジリ強く感じますが、湿度が低くカラッとした暑さ。日本の気温ほど厳しい暑さはなく、木陰や日暮れは涼しく感じます。


また、夜はぐっと気温も下がり、寝苦しい熱帯夜となることはほとんどありません。

スペインの夏は長い?

スペインの学校の夏休みは、6月上旬から9月上旬まで。約3ヶ月の長いお休みがあります。大人たちも子供に合わせ、日本よりだいぶ長く夏休みを取り、家族で別荘やビーチのホテルに出かけます。


家族経営の飲食店など、8月はお休みになる小さなお店やレストランも少なくはありません。


「夏の休暇を楽しみに1年働いている」と語るスペイン人。働くことより、人生を楽しむことが最も大切なことなのです。

盛り上がる夏のイベント

ラ・トマティーナの様子

スペインの夏はお祭りシーズン。フラメンコのフェスティバルや野外音楽イベント、花火やステージで盛り上げる街のお祭り、カヌーの国際的な川下り競技会や海岸の浜競馬など、各地で華やかなイベントが開催されます。


スペイン北部ではタコ祭り、カツオ祭り、ピーマン祭り、アルバリーニョのワイン祭りなどなど、美食が楽しめる伝統的なフェスティバルも目白押しです。


特に有名なのは、ブニョールのトマト祭り「ラ・トマティーナ」。午前11時~12時までの1時間、トラック数台で運び込まれたトマトをひたすら投げ合うだけのシンプルなお祭りでは、毎年4万人近くの参加者が小さな田舎街に集結。童心に返ってクレイジーな時間を楽しみます。

夏に楽しむスペインワイン

スペインは赤ワインのイメージが強いと思いますが、白ワインも広い地域で多く造られています。人気の高い土着品種も増え、世界的にも話題を集めています。


この夏ぜひ試していただきたい、注目のスペイン白ワイン3選をご紹介します。

海沿いの産地リアス・バイシャスの「アルバリーニョ」

スペイン北西部に位置するリアス・バイシャスは、上質な白ワインの産地と評価を受けている地。ここで造られるアルバリーニョは、土地由来のミネラル感と豊かな果実味が素晴らしい白ワインです。


“海のワイン”と呼ばれ、スペイン白ワインの代表的な存在となっています。


特に魚介類と相性抜群。お刺身や酢漬け、カルパッチョ、マリネはもちろん、天ぷらなど加熱した料理にもよく合います。南蛮漬けなど、お魚の甘酸っぱいマリネもおすすめです。

この商品はこちら

美食の街サン・セバスチャンの定番「チャコリ」

ピレネー山脈の麓、バスク地方で造られる、オンダラビ・スリという地ブドウを用いた白ワイン、チャコリ。


食欲を誘う、微発泡でフレッシュな味わいです。飾り立てないスッキリとした爽やかさは、幅広いお料理と合わせられる親しみやすさが魅力。


サン・セバスチャンのバル街では、チャコリを高いところからグラスに注ぐ「エスカンシア」でも注目を集めています。


夏の乾杯や、カナッペやチーズなど軽めのおつまみ、シーフードを使ったお料理にピッタリです。


卵料理など淡泊な料理の輪郭を引き締めたり、脂っこい料理をさっぱりさせてくれたり、実は、いろいろな料理を引き受けてくれる懐の深さがあるワイン。臆せず考えすぎず、いろんな料理に合わせてみてください。

内陸部に位置するルエダの「ヴェルデホ」

グレープフルーツなど柑橘系の果実味と、爽やかな酸味、フレッシュハーブの余韻が特徴の白ワイン。いつもよりしっかりめに冷やして、夏に飲むのにピッタリです。


ハーブ感のあるヴェルデホには、マリネやカルパッチョ、チキンソテーなどハーブを添えるお料理と相性抜群。


スペインでは、小さなピーマンのような「パドロン」という野菜の素揚げやフリットを一緒に楽しみます。日本ではなかなか手に入りませんが、ししとうの素揚げ、ピーマンの天ぷらなどで雰囲気を味わえます。味付けはあれこれ手を加えず、塩のみでシンプルにお試しください。

この商品はこちら

まとめ

スペインに行った気分を味わえましたか?


スペインでは、何もせずに過ごすことが贅沢な休暇とされています。


あちこち出かけて忙しく過ごすより、今年の夏はのんびりゆったり。スペインワインを飲んで、夏気分をさらに盛り上げましょう!

加瀬まなみ
加瀬まなみ

スペイン料理研究家。両親在住時スペインにて家庭料理を学び、スペイン料理を中心に料理研究家として活動。メディア・イベント出演、出張シェフ、撮影監修、料理教室、レシピ開発のほか、All Aboutスペイングルメガイド、ippinキュレーターなど執筆活動も行う。

    この記事をシェア

    飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

    「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。
    Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.