<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


味噌とワインのペアリングを知ろう!

築山紀子
築山紀子
エノテカ通信
公開日:2022.1.14
更新日:2022.1.12
味噌とワインのペアリングを知ろう!

毎日の食卓になくてはならない日本の定番調味料、味噌。味噌汁から煮物まで、味噌を使用すると、ホッとする味わいに仕上がりますよね。


味噌はワインと同じ発酵食品であることから共通点も多く、ポイントを知るとワインのペアリングの幅が広がります。


ここでお伝えすることを踏まえて、気軽にワインを合わせてみてくださいね!

目次

ペアリングのポイント

味噌は、白、赤、合わせと、味わいは甘口から辛口まであり、地域によって使用するタイプが異なることから風土を感じることのできる調味料です。最近では腸活としても、発酵調味料の味噌が改めて見直され、使用頻度が増えている方も多いのではないでしょうか。


タイプ別に味わいの違いがあっても、基本的に味噌は大豆を発酵することで生まれる旨味、甘味、コクが強い調味料なので、香りや味わいにも複雑性があるのが特徴です。


そんな調味料として魅力の溢れる味噌は、発酵食品という点がワインと共通します。味わいやタイプが様々あるので、ワインと味噌のペアリングも自由に楽しめます。


味噌にワインを合わせるためには、ワインも味噌の香りや味わいのボリュームに負けないように、しっかりとしたものを選ぶこともポイントです。


そしてペアリングを考えるときは、基本の「ワインと料理の色を合わせる」セオリーに当てはめてみると分かりやすくなります。


白味噌であれば、白ワインを。赤味噌には、赤ワインを合わせるとボリューム感やコクが自然にマッチします。


合わせ味噌には、味噌の色合いが白寄りか赤寄りかで、白ワインや赤ワインを合わせることはもちろん、中間的で汎用性のあるロゼワインやオレンジワインもおすすめです。


味噌単体とワインとのペアリングの基本を踏まえた上で、ここからは味噌を使用した料理とのペアリングについてお伝えします。


寒い時期に味噌風味で旨味がアップした熱々の煮込みや焼きものを、ワインと合わせて楽しみましょう。

もつ煮込み

グツグツとじっくりと具材を煮込み、甘味と旨味が強い濃厚なもつ煮込み。出汁の風味と調味料の甘味、コクが強いもつには、赤ワインの熟した果実の風味や適度な渋みがよく合います。


特に味噌の複雑性と、煮込まれた具材のまろやかさ、もつの柔らかな食感には、口当たりが滑らかなサンジョヴェーゼがよく合います。根菜とももつの柔らかな身質にもピッタリです。


もつ煮込みの仕上げにかけた山椒や一味がワインによってより引き立つのもポイント!全体のバランスが良く、ホッとする味わいです。

アルパ・キャンティ / イル・ボッロ

この商品はこちら

西京焼き

味噌にみりんや砂糖といった甘味をプラスした味噌床に、魚や肉を漬けて焼き上げる西京焼き。味噌に漬け込むことによって、食材の旨味やコクも強くなり、食感も引き締まります。


甘味のある優しい味噌の風味には、爽やかな香りと飲み応えのあるボルドーブランがよく合います。


爽やかなソーヴィニヨン・ブランの香りと酸味、セミヨンの柔らかな甘味が魅力のボルドーブランを合わせると、味噌の甘味が際立ち、白ワインの酸が食材の脂分を流してくれます。


少し焦げ目のついた香ばしい西京焼きとボルドーブランのペアリングは、食卓の定番になること間違いなしです。

ムートン・カデ・ブラン / バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド

この商品はこちら

ちゃんちゃん焼き

玉ねぎやキャベツなどの野菜の甘味と、旨味の強い味噌、淡泊な魚の味わいがとてもバランスの良いちゃんちゃん焼き。


味噌のコクと仕上げのバターで味わい深くなるので、白ワインよりも飲み応えがあり、赤ワインよりも控えめなオレンジワインがよく合います。


オレンジワインは発酵調味料をはじめ幅広い料理と相性が良く、白、赤、ロゼに続く第4のワインとして今話題となっています。


様々な味わいがあるオレンジワインでもコクのあるタイプが味噌にマッチにします。家飲みでオレンジワインを試す、最初のペアリングにもおすすめです。

オレンジ・ゴールド / ジェラール・ベルトラン

この商品はこちら

まとめ

毎日の食卓に欠かせない、味噌を使用した料理。日々の食事でワインを楽しんでいると、自然と味噌料理と合わせることも多いのではないでしょうか。ご飯のお供に最高の3品は、ワインにももちろんピッタリです。


ペアリングは難しく考える必要はなく、色を合わせる基本のセオリーをポイントにしてみてください。ご家庭によって使用する味噌が異なるので、自分なりの美味しさを発見することも楽しみ方の一つです。


ぜひ今夜からお試しください!

築山紀子
築山紀子

J.S.A.ワインエキスパート(J.S.A.ワイン検定ブロンズ・シルバー講師) C.P.Aチーズプロフェッショナル ワインのある食卓に役立つ、簡単でちょっとおしゃれなおつまみレシピを料理サイト等で紹介。ワインとチーズの知識と、オリジナルレシピ・写真を活かしてライターとして活動中。

この記事をシェア

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.