<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


アルヌー・ラショー ARNOUX LACHAUX

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • シャンボール・ミュジニー
  • コート・ド・ニュイ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ヴォーヌ・ロマネ
  • コート・ド・ニュイ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ニュイ・サン・ジョルジュ
  • コート・ド・ニュイ
アルヌー・ラショー / ARNOUX LACHAUX ワインボトル

改革によって変貌を遂げた、ヴォーヌ・ロマネの老舗。

ヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌとして名高いアルヌー・ラショー。2013年からは6代目当主シャルル氏指揮のもと、たっぷりとした果実味を備えたエレガントなワインを生み出し、ブルゴーニュの明るい未来を担う、今最も注目すべき造り手」として国内外の注目を集めています。

200年もの歴史を誇る、ヴォーヌ・ロマネの名門

アルヌー・ラショーは、ヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌとして名高いロベール・アルヌーが2008年から改称したドメーヌ。ドメーヌはヴォーヌ・ロマネ南部のニュイ・サン・ジョルジュ寄りに位置しています。

ブドウ栽培家としては既に200年以上も同じ場所に居を構えるという旧家で、20世紀初頭に創立した歴史あるドメーヌです。ロマネ・サン・ヴィヴァンの他、クロ・ド・ヴージョ、エシェゾー、ラトリシエール・シャンベルタンの4つのグラン・クリュを含め、14haを超える畑を所有しています。
2008年、ドメーヌの4代目ロベール・アルヌー氏の娘婿にあたるパスカル・ラショー氏は、義父ロベール氏から実践的なワイン造りを教わり、1995年義父亡き後は名実共に5代目の当主を務め、義父と自らの名を冠したドメーヌ・アルヌー・ラショーとしてワイン造りを行います。醸造施設の改装、カーヴと畑の拡張を行ったほか、2008年にはラトリシエール・シャンベルタンをラインナップに加えました。現在ワイナリーを牽引するのはパスカル氏の長男、シャルル氏。

2011年からドメーヌに加わり、2013年には父親の引退に伴い全ての作業を任された彼は、全房発酵や畑作業の厳格化など様々な改革を起こし、ドメーヌの発展を牽引しています。

リュット・レゾネとこだわりの全房発酵から生み出される味わい

ブドウ栽培に関してはリュット・レゾネを採用していますが、それを売り文句にすることはしていません。造り方よりも出来上がりにこだわりたいと「良いブドウから良いワインが出来る」という信念の元、厳しい剪定により、非常に凝縮度の高いブドウを造り出しています。

そして醸造においてシャルル氏が特にこだわるのが、ブドウの実だけでなく果梗(茎)も含めて一緒に発酵させる全房発酵。梗からのタンニンも加わることで、ワインには除梗したときに比べて複雑で深みのある骨格が与えられます。また密閉状態において、ヘタが付いたままのブドウの粒内で酵素による発酵が始まり、みずみずしい果実味が生み出されるのも特徴です。
シャルル氏はこの全房発酵の比率を増やし、その結果、ワインは全てにおいて中身が充実し、味わいがより豊かで複雑に変化しています。

フレッシュなアロマとたっぷりとした果実味を備え、パワフルさとエレガンスが共存したアルヌー・ラショーのワインは、フランスの著名ワイン評論家であるベタンヌ&ドゥソーヴ氏から「濃いけれどエレガントなワイン」と評され、また、日本のワイン評価誌リアル・ワイン・ガイドでは2013年ヴィンテージを「これはまるで06、07のフーリエを思い起こさせる」と大絶賛。

シャルル氏のこだわりのワイン造りは世界的に高く評価されるようになっています。

商品一覧

17 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.