<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ジャン・ジャック・コンフュロン J.J.CONFURON

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • シャンボール・ミュジニー
  • コート・ド・ニュイ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ヴォーヌ・ロマネ
  • コート・ド・ニュイ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ニュイ・サン・ジョルジュ
  • コート・ド・ニュイ
ジャン・ジャック・コンフュロン / J.J.CONFURON ワインボトル

シャルル・ノエラの特級畑ロマネ・サン・ヴィヴァンを受け継ぐドメーヌ

シャルル・ノエラの畑を引き継ぐ、まさにブルゴーニュ屈指の名門ドメーヌ・ジャン・ジャック・コンフュロン。シャルル・ノエラはかつてあのアンリ・ジャイエとも比較されるほど有名なドメーヌでしたが、1988年にドメーヌは売却。畑は3つの新たなドメーヌに渡り、そのうちの一つがジャン・ジャック・コンフュロンです。

シャルル・ノエラの系譜を受け継ぐ由緒正しきドメーヌ

生産者

ニュイ・サン・ジョルジュ村の南隣に位置するプレモー・プリセ村に拠点を置く、ドメーヌ・ジャン・ジャック・コンフュロン。18世紀からこの地でワインを造りだしてきた由緒あるドメーヌです。


ジャン・ジャック・コンフュロンは、ヴォーヌ・ロマネ村の大ドメーヌだったシャルル・ノエラ(1988年にルロワに買収)の孫娘とジャン・ジャック・コンフェロン氏が結婚し誕生。現在は二代目として、ボーヌでワイン造りを学んだ経験のある娘のソフィ女史と、その婿のアラン・ムニエ氏が運営しており、二人の息子であるルイ氏もワイン造りを手伝っています。

ドメーヌ

丁寧なワイン造りによる、ブドウ本来の旨味が堪能できるスタイル

ジャン・ジャック・コンフュロンでは1991年よりビオロジックを導入。化学的に合成された肥料・農薬・除草剤を一切使わないブドウ栽培を実施しています。また、2003年からは馬による耕作を開始。馬で耕すことで土に適度な空気が入りやすく、ブドウ樹が地中深くまで根を伸ばし、より忠実にテロワールを反映した良質なブドウを生みだします。ドメーヌではその他にも遅摘みや低収量を心がけており、密度が高く凝縮感のあるブドウを収穫しています。


ワインのスタイルも2000年代から大きく変化。1990年代はすべてのアペラシオンにおいて100%新樽熟成を施しており、かつてアラン・ムニエ氏が手掛けるワインは濃厚で、甘やかな樽の香りが強い華やかなタイプでした。


樽

その結果、ジャン・ジャック・コンフュロンのワインは以前よりもはるかにバランスよく、余計な雑味のない味わいが特徴で、ブドウの果実味がはっきりとしたワインに仕上げています。


しかし、現在では新樽率を村名で30%、一級で50%、特級で70%に変更。低温マセラシオンは12度で4日程度と、期間を短くして酸化防止剤の使用を最小限にしています。また、醸しはピジャージュのみ。必要以上のタンニン抽出を避けるため、主発酵が終わった後のポストマセラシオンは行わず、タンクから速やかにワインを引き抜く作業を実施しています。

商品一覧

10 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.