<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


エンリコ・セラフィーノ ENRICO SERAFINO

イタリア
  • イタリア
  • ピエモンテ
エンリコ・セラフィーノ / ENRICO SERAFINO ワインボトル

国内外で高評価を受ける、ピエモンテ・ロエロ地域最古の造り手

ロエロ地域で最古のワイナリーと知られるエンリコ・セラフィーノ。1878年の創立時からカナーレ・ダルバでワイン造りを行い、当時からバローロやバルバレスコの造り手として名を馳せていました。近年は赤ワインだけでなく、ガヴィを初めとした白ワインから、独創的なメトード・クラッシコなどのスパークリングワインの生産にも注力。イタリアの権威ある評価誌ガンベロ・ロッソにおいても、幾度も最高評価のトレ・ビッキエリを獲得する有名な造り手です。

エンリコ・セラフィーノ渾身の2銘柄がエノテカ・オンラインに初入荷!


今回エノテカ・オンラインには、エンリコ・セラフィーノが手掛けるスパークリングワインとガヴィの上級キュヴェが新たに入荷いたしました!オーデイス・ブリュットは、澱とともに36ヵ月以上の長期熟成を経て造られる、瓶内二次発酵のスパークリングワイン。また、ガヴィ・モンテロトンドは単一畑から造られ、独特のテロワールにより、複雑味とエレガンスを備えたコルテーゼの味わいが表現されています。是非この機会に、ピエモンテ名門ワイナリーが手掛ける初入荷ワインをご堪能ください!

目次

多くのイタリアワイン愛好家を魅了する、ピエモンテ・ロエロ地域最古のワイナリー

エンリコ・セラフィーノは、1878年、ピエモンテ州ロエロ地域中心部にあるカナーレ・ダルバに設立されたワイナリー。また、醸造所はバローロ生産地区外にありながらも、特例でバローロを造ることができる数少ない生産者のひとつです。


ワイナリーを設立したエンリコ・セラフィーノ氏は、ピエモンテの開拓者と言っても過言ではない人物。創業後の1884年には、イタリア王室の一角をなしたサヴォイア=ジェノヴァ家の監督を務め、ワイナリーは皇室御用達の称号を授与。その名声を確立します。


その後エンリコ・セラフィーノのワインは国内外で高く評価され、アンヴェールや、リオデジャネイロ、パリなど、いくつもの国際ワイン大会で金賞を受賞。当時からランゲの丘陵地帯にてバローロ、そしてバルバレスコの造り手として名を馳せていたエンリコ・セラフィーノですが、赤ワインだけでなく、ロエロやガヴィを初めとした白ワインから、シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵法を用いた、メトード・クラッシコなどのスパークリングワインの生産にも注力するようになりました。

現在では、イタリア人でピエモンテでのワイン造りに精通するニコ・コンタ氏が社長としてワイナリーの運営を担っています。今では、エンリコ・セラフィーノのワインは、イタリアで最もポピュラーなワインガイドとして知られるガンベロ・ロッソにも度々取り上げられており、幾度も最高評価のトレ・ビッキエリを獲得。多くのイタリアワイン愛好家を魅了し続けています。

ピエモンテの自然を大切したワイン造り

ユネスコの世界遺産にも認定されるランゲやロエロ、そしてモンフェッラートの地域に、60ha程のブドウ畑を所有するエンリコ・セラフィーノ。そのほかにも約35haの契約畑をワイナリーが管理しています。


エンリコ・セラフィーノでは、ブドウの良い生育環境を作るため、栽培での化学薬品の使用を減らすことを目標としています。ブドウ畑では、良好な生態系バランスを崩さないよう、雑草処理で例外的に年に一度のみ除草剤を使用し、影響の少ない機械を導入。また、病気の可能性を予測するため常にブドウ樹を観測し、必要な場合のみ害虫を撃退するための遺伝子破壊や、環境を意識した病気の治療など、最小限の介入を行っています。

赤ワインの場合はブドウの茎を取り、圧搾直前に再度、ひとつひとつのブドウを検査。白ワインでは、酸化を防いでワインの果実味豊かなアロマを保つため、穏やかな無酸素圧搾と完璧な温度制御を採用しています。さらに、ワイナリーでは可能な限り、水、ガス、電気の消費が少ない工程を実行。環境に配慮したワイン造りを徹底しています。

エンリコ・セラフィーノが目指す、長年愛され続けるワイン

エンリコ・セラフィーノでは、様々なタイプのワインが造られていますが、その中でも特筆すべきなのは、メトード・クラッシコで造られるアルタ・ランガと、ワイン愛好家垂涎のイタリアワインの王バローロ。この2つはワイナリーを象徴する特別なワインです。


アルタ・ランガは、ピエモンテ州で1850年に初めて採用され、イタリアワインの格付けとされるD.O.C.G.に、2011年に認定された瓶内二次発酵のスパークリングワイン。ワインにはピノ・ノワールとシャルドネを使用し、アルタ・ランガとして認証を得るためには、シャンパーニュよりも長い30ヵ月以上の瓶内熟成が規定とされています。エンリコ・セラフィーノでは、1990年に彼らを含む、7つの生産者のみが加入する「ピエモンテ歴史的ワイナリー組合」で「アルタ・ランガ伝統手法プロジェクト」を発足。現在ではアルタ・ランガの功績が国内外で認められる、地域最大のワイナリーとして知られています。


それを証明するかのように、彼らのアルタ・ランガ・ブリュット・ゼロ・カンティーナ・マエストラや、アルタ・ランガ・ゼロ・リゼルヴァは、過去にガンベロ・ロッソにて度々トレ・ビッキエリを獲得。また、ガンベロ・ロッソの著者であるダニエーレ・チェルニッリ氏によるワインガイド「ドクター・ワイン」では、ゼロ・140の2008年ヴィンテージが100点満点中99点を獲得し、2022年に「スパークリング・オブ・ザ・イヤー」を受賞いたしました。

また、エンリコ・セラフィーノでは、創業当初からバローロを多く生産。その歴史的な役割や功績が認められ、法律によりバローロ醸造地域外であるカナーレ・ダルバでのワイン製造と熟成工程のすべてを行うことが出来ます。現在ではバローロの著名な地域であるセッラルンガ・ダルバやモンフォルテ・ダルバ、カスティリオーネ・ファッレットに約10haのブドウ畑を購入。また、バルバレスコやネイヴェ、アルバの地域でバルバレスコも生産しています。


このように多くのワインを生み出すエンリコ・セラフィーノですが、彼らが目指すのは “コンテンポラリーとネイチャーの融合”。つまり現代の嗜好に寄り添ったスタイルと、リスペクトということで、両者のバランスこそが、長く愛される秘訣だと社長のニコ氏は語ります。そんな長年ピエモンテワインの代表として国内外で認められる、エンリコ・セラフィーノのワイン。その手に取りやすい価格帯と親しみやすいキャラクターは長年愛され続けています。

初入荷銘柄含むおすすめ銘柄はこちら▼

オーデイス・ブリュット

【エノテカ・オンライン初入荷!】

シャンパーニュ製法を用いて造られる、繊細なアロマとリッチな口当たりを備えるスパークリングワイン。


NEW

オーデイス・ブリュット

エンリコ・セラフィーノ
ライトボディ
4
フルボディ

2017

4,400

(税抜価格4,000円)

  • WA 91
  • WE 92
ポッジョ・デッラ・ルーペ・ガヴィ・モンテロトンド

【エノテカ・オンライン初入荷!】

単一畑のブドウを使用して造る、ワンランク上のガヴィ。テロワール由来のエレガンスとミネラル感が魅力。


NEW

ポッジョ・デッラ・ルーペ・ガヴィ・モンテロトンド

エンリコ・セラフィーノ
ライトボディ
1
フルボディ

2020

5,500

(税抜価格5,000円)

グリフォ・デル・クアルタロ ガヴィ・ディ・ガヴィ

しっかりとしたボディとシャープな酸が特徴。繊細なアロマが広がる、バランスの取れた白ワイン。


グリフォ・デル・クアルタロ ガヴィ・ディ・ガヴィ

エンリコ・セラフィーノ
4.2 (14)
ライトボディ
1
フルボディ

2020

2,860

(税抜価格2,600円)

  • JS 90
  • WA 90
モンクリヴィオ・バローロ

4つの村のブドウをブレンドした、均整の取れた味わい。エレガントな果実味と複雑な熟成香が魅力。


モンクリヴィオ・バローロ

エンリコ・セラフィーノ
4.0 (4)
ライトボディ
5
フルボディ

2015

7,700

(税抜価格7,000円)

  • JS 93
  • WS 90
サナヴェント・バルバレスコ

華やかな果実味と酸によるエレガンスを兼備した、ネッビオーロの魅力を十二分に堪能できるバルバレスコ。


サナヴェント・バルバレスコ

エンリコ・セラフィーノ
4.0 (2)
ライトボディ
5
フルボディ

2016

7,150

(税抜価格6,500円)

  • JS 92
  • WE 90

商品一覧

5 件

おすすめ順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.