ワインの「アロマ」や「ブーケ」って何のこと?

テイスティング中

ワインをテイスティングする際、「アロマ」や「ブーケ」という言葉を使用するのを聞いたことはありませんか?

今回はこのワインを表現する上で欠かせない二つの表現について、どういうときに使用するのか、またどんな香りが当てはまるのかをご紹介したいと思います。

ワインの香りは3種類ある

スワリング中

ワインの香りをとることは、ワインを楽しむ上で重要な要素の一つですが、実はそれぞれのワインによって香りの多さも種類も違うことがわかっています。

ワインボトルを抜栓した際にふんわり漂う香りと、ワインをグラスに注ぎしばらくした後や、スワリング(注1)した後に漂う香りは違いますよね。このように、1本のワインが様々な表情を持っています。

香りは大まかに三つに分類されており、それぞれ何に由来するものかによって分けられます。

ブドウそのものの香りを第1アロマ、発酵や醸造に由来した香りを第2アロマ、そして熟成に由来する香りは第3アロマやブーケと呼ばれています。これは熟成香とも呼ばれるもので、ワインに深みを持たせて、より複雑味のあるものへと進化させます。

(注1)グラスをくるくると緩やかに回すこと

それぞれの香りの特徴

香りの特徴

それぞれの香りには特徴があります。ワインを楽しむ際に「お、これはブーケだな」「第1アロマが強いな」などというように気付きがあれば、楽しさも広がるかもしれませんよ。

第1アロマ

果実香や花、スパイスの香りなど。ブドウ自体に香りがあるアロマティック品種(リースリング、ゲヴェルツトラミネール、ヴィオニエ、ソーヴィニヨン・ブランなど)はより強く感じられます。

第2アロマ

ボジョレー・ヌーヴォーに感じられるキャンディやバナナの香り。リンゴ酸が乳酸に変化するマロラクティック発酵の場合はカスタードクリームや杏仁豆腐、ヨーグルトなど。また、石灰や貝殻といったミネラル香も、このカテゴリに分類されます。

第3アロマ(ブーケ)

第1アロマが熟成した香りを第3アロマ(ブーケ)と呼びます。代表的なのはバニラやココナッツ、カラメルなど香りです。他にもなめし革、獣臭、腐葉土、濡れた森林、紅茶、ドライフルーツ、トリュフなどのきのこ類、コーヒー、ココアなどの香りも。これらが他のアロマと結びつき溶け合うことで、さらに魅力的な香りへと変化します。

まとめ

テイスティング

ブーケは熟成する環境が好気的か嫌気的で発生する香りが違うため、「第2アロマかな?」と迷うこともあります。それは、プロのソムリエでも同じこと。

何が正解で何が間違いということはないため、ワインをテイスティングする機会があったら、ぜひ「アロマ」や「ブーケ」という言葉をどんどん使ってみてくださいね。

 

関連記事はこちら