おうちでスペインバル風!簡単おつまみレシピ

片手でつまめる「ピンチョス」や、手軽な小皿料理「タパス」など、見た目も華やかでワインに合うものがズラリと並ぶスペインバル。

自宅で楽しむとなると生ハム、アヒージョ、オムレツ…あとは何作ろう?と悩んでしまうことも。

今回はおうちでスペインバル気分を楽しめる、手軽な「おうちバル」レシピ3品をご紹介します。

おうちバルを楽しむポイント

カジュアルに楽しむために難しいルールは不要です!3つのポイントを押さえるだけで楽しめます。

ワインに合う料理であること

味が濃すぎる、風味が強すぎるなど、ワインの邪魔をしてしまう味付けはNGです。

片手で食べられる料理であること

ナイフとフォーク、両手を使わないと食べられない料理は、スペインバルには似合いません。

ワイン好きの知人は「私の左手はワイングラス専用なの」と笑顔で語っていました。

満腹にしてはいけない

お腹がいっぱいになると、ワインも進まなくなってしまうもの。

楽しい時間が終わってしまわないよう、お腹ペコペコでも、ほどほどのボリューム感に抑えておきましょう。

オリーブのフライ

オリーブのフライ

じゅわっと口いっぱいに広がる旨味、市販のオリーブをフライにするだけなのに、とびきり上品な味わいに変身します。

【材料 2~4人分】

オリーブ(グリーン・ブラック・パプリカ入りなど好みで) 30粒
小麦粉 大さじ1
溶き卵 1/2個分
パン粉(細挽き) 20g
オリーブオイル 100cc

【作り方】

1.パン粉をポリ袋に入れ、袋の上からめん棒を転がして細かくする。

2.オリーブの汁気をきり、小麦粉、溶き卵、1の順にまぶして軽く押さえる。

3.オリーブオイルを中温(170~180℃)に熱し、2を入れる。

4.時々転がしながら3~4分、こんがりと色がつくまで揚げる。

揚げたてアツアツのフライには、キンと冷やしたスパークリングワイン。油っぽさをシュワシュワッと流し、お口を爽やかにリフレッシュしてくれます。

ワインの爽やかな酸味、苦み、香りがプラスされ、レモンをキュッと絞ったような華やかさを堪能できます。

カマンベール&ドライトマトのポテトサラダ

カマンベール&ドライトマトのポテトサラダ

主役はカマンベールチーズとドライトマト、マヨネーズは使わず、塩だけで味付けるポテトサラダです。

【材料 2人分 】

ジャガイモ 2個(約200g)
カマンベールチーズ 1/2個
セミドライトマト 20g
塩 小さじ1/2

【作り方】

1.ジャガイモは皮つきのまま20~30分茹で、柔らかくなったら皮をむいてひとくち大にカット。

2.塩をふって全体を軽く混ぜ、下味をつけておく。

3.セミドライトマトを1cm角にカット。ドライトマトなら、湯に10分ほど浸して代用可能。

4.カマンベールチーズを1cm角にカット。手で食べやすい大きさにちぎってもOK。

5.それぞれを和える。カマンベールチーズの存在感を残したいならゴムベラでざっくり混ぜて、ソースのように全体にからめたいならしっかり混ぜて完成。

白、赤、どんなワインにも合っちゃう“ズルい料理”ですが、特におすすめはドライタイプのロゼワインです。

ホクホクとしたジャガイモの繊細な甘み、カマンベールチーズのまろやかなコクと風味、ドライトマトの味わいなどの複雑な組み合わせに、ロゼワインの繊細な味わいが絶妙に融合。

フルーティーでエレガントなアロマが、とびきり上品なペアリングを楽しませてくれます。

チリンドロン 鶏肉の野菜煮込み

チリンドロン 鶏肉の野菜煮込み

コトコト煮込んで凝縮されたトマトの旨味に、鶏肉のコクと旨味が溶け込み、相乗効果で深い味わいになるほっこり料理。

【材料 2人分】

鶏もも肉 1枚(約300g)
A 小麦粉 小さじ1
A 塩 小さじ1/2
A こしょう 少々
ナス 2本
パプリカ 1/2個
タマネギ 1/2個
ベーコン 1枚
B カットトマト缶 100g
B 白ワイン 50cc
B パプリカパウダー 小さじ1
B コンソメ 小さじ1
オリーブオイル 大さじ1

【作り方】

1.ナス・パプリカ・タマネギ・ベーコンを1cm角にカットする。

2.鶏肉は一口大にし、Aの塩こしょうをふってから小麦粉をまぶす。

3.オリーブオイルを中火で熱し、2を加えて3~4分、表面に焼き色をつける。

4.1を加えて2~3分炒め合わせ、Bを加える。

5.蓋をして弱火で20分煮込み、お好みで塩・こしょうを追加して味を整える。

ワインはフレッシュな赤ワインがおすすめです。決して重すぎず、程良く寄りそうバランスの良さがポイント。

野菜のニガ甘さとトマトの酸味に、ワインの果実味、酸味、渋味、ほのかに感じるハーブのニュアンスが柔らかく溶け込み、心地良い余韻に導いてくれます。

まとめ

まだまだ海外への渡航は難しい状況が続きそうですが、料理とワインでテーブルに世界観を演出!映像や映画を流してみるのもいいですね。

現地への想いを馳せつつ、自宅でのんびり、スペインバル気分を楽しんでみませんか?