大人の贅沢タイムに!“おうちワイン”のすすめ

1日も終わりに近づき、ようやく落ち着ける時間に開けるワイン──疲れた体に染み渡る贅沢なひと時は格別ですよね。

最近では外出自粛の影響で、“おうちワイン”を楽しむ方も増えてきました。自宅でのワインタイム、さらに楽しみ方を広げてみませんか?

今回はプロがおすすめする一歩進んだ“おうちワイン”の楽しみ方をご紹介したいと思います。

アペロを楽しんでみる

まずは、フランスの習慣「アペロ」を取り入れてみませんか?アペロとはアペリティフの略で、食事の前にサッと1杯いただく食前酒のことです。フランスでは文化として根付いているほど、アペロの時間を大切にしています。

アペロには食欲増進効果があるので、その後に続く食事やワインを、より楽しむことができます。泡の刺激で食欲を増進させるスパークリングワインや、軽快な味わいのロゼワインがアペロにはおすすめです。

何となく食欲がないという日でも、アペロによって胃が程良く刺激されて楽しいディナータイムに繋がります。

仕事が在宅ワークになったことで、オンとオフの切り替えが難しくなっていませんか?仕事終わりの夕食前にサクッと1杯。そんなアペロを取り入れることで、これまでよりもゆっくりと食事を楽しめ、リラックスした時間になるはずです。この機会にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

長持ちするワインをじっくりと楽しむ!

ワインボトルは750ml瓶のものが一般的なので、開けたワインを2~3日で飲み切るのは結構大変ですよね。自宅でワインを毎日ちょっとずつ楽しめたらいいのにな…なんて思ったことはありませんか?

そんな方におすすめなのが貴腐ワインなどの極甘口ワインや、シェリー、ポートワインなどの酒精強化ワインです。

これらのワインは、開栓後も冷蔵庫での保管で1か月程度は美味しく楽しむことができます。

長持ちする理由は主に2点。シェリーやポートワインなどの酒精強化ワインは蒸留酒などが添加されているため、普通のワインよりもアルコール度数が高く造られていること。貴腐ワインをはじめとする極甘口のワインは、ワインに含まれる糖度が高いために開けた後もしばらくは美味しさを保ちます。

しっかりと冷やして5℃から8℃くらい(注1)の温度で飲むと、バランスの良い風味や味わいを楽しむことができます。デザート感覚で食後にじっくりと楽しんだり、甘いスイーツと合わせてマリアージュを楽しんだりと食後酒として楽しんでみてください。

(注1)ポートワインは16℃から20℃程度で飲むことをお勧めします。

余ったワインの有効活用

ワインは開封後美味しさのピークを過ぎると劣化してくもの。

飲み切れなかった…なんて時、美味しくアレンジできたらうれしいですよね。そんな方におすすめなのがワインを使った簡単カクテル!

カクテルと言えばシェーカーをシャカシャカ振ってつくるものをイメージする方も多いと思いますが、実際には、材料を揃えて混ぜるだけで自宅でも簡単に作れてしまうのです!

ここからは自宅でも簡単に作れる2種類のワインカクテルをご紹介します。

まずは赤ワインベースのカクテル。赤ワインをジンジャーエールで割れば「キティ」の完成です。

【材料】

赤ワイン 1/2
ジンジャーエール 1/2

【作り方】

1. 赤ワインを入れ、ジンジャーエールを注ぎ、混ぜ合わせてできあがり。

白ワインをソーダで割ればスプリッツァーができあがります。

【材料】

白ワイン 3/5
ソーダ 2/5

【作り方】

1.白ワインとソーダをグラスに注ぎ、混ぜ合わせて完成。

赤ワイン、白ワインだけでなくロゼワインやスパークリングワインベースのカクテルもあります。飲み残してしまったワインを美味しくアレンジして、楽しんでみてください!

セラーがなくても安心!ワインの保管方法

ワインを自宅で楽しむときにネックになるのは、保管方法ですよね。でも、ワインセラーがなくても大丈夫!実は、冷蔵庫の野菜室で未開栓のワインを保管することができます。

野菜室はメインの冷蔵室よりも2~3℃ほど高い設定になっているためワインに優しい環境となっています。日本の夏場は気温がかなり上昇するために、常温で置いておくよりは野菜庫に保管するほうが良いのです。

野菜室で保管する場合は、中に入れた野菜の臭いが瓶やラベル、コルクに移ることがあるので、必ずラップで包んでから新聞紙でくるむようにしてください。

そしてコルクを乾燥させないためにも(注2)、できればワインボトルを横にしてコルクを常時湿らせておくようにしてください。

(注2)コルクが乾燥すると萎縮し、瓶口との間に隙間ができます。ここから入り込んだ空気が劣化の原因になります。また、乾燥したコルクは抜栓しづらくなります。

まとめ

自由気ままに楽しむことができる“おうちワイン”。今回紹介したことを参考に、ぜひ新しい楽しみ方を取り入れてみてください!

他にも“おうちワイン”を楽しむ上での基礎についてちょっと贅沢なおつまみレシピオンラインでのワイン会のコツなど自宅でワインを楽しむ際のポイントもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

<参考>『2020 ソムリエ協会教本』一般社団法人日本ソムリエ協会