<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ドミナス・エステート DOMINUS ESTATE

アメリカ
  • アメリカ
  • カリフォルニア
ドミナス・エステート / DOMINUS ESTATE ワインボトル

世界屈指の醸造家クリスチャン・ムエックス氏が惚れ込んだ銘醸畑

ペトリュス、オザンナなどボルドー右岸のスターワインを育てあげた、世界屈指のワインメーカー、クリスチャン・ムエックス氏。ドミナスは、クリスチャン・ムエックス氏が特に力を注いでいるワインの一つです。

目次

名匠ムエックス氏とワイン銘醸地カルフォルニアとの出会い

ペトリュスやオザンナなど、ボルドー右岸のスターワインを育てあげた世界屈指のワイン醸造家、クリスチャン・ムエックス氏。ドミナス・エステートは、ムエックス氏が特に力を注いでいるワインの一つです。ムエックス氏は1968年から1969年にかけてカルフォルニアのデイヴィス校にてワイン造りを学びました。当時、フランス以外でワイン造りを学べる場所が限られている中「デイヴィスを選んだことは自分にとってはむしろ簡単な判断だったよ。」と語る、ムエックス氏。また彼は「既にカリフォルニアのトップワインは知っていたよ。どれもみな美しいワインだった。」とコメントする程、カルフォルニアワインの持つ優れたポテンシャルを確信していました。

その時以来ナパヴァレーの地に魅せられ、1980年代初頭にこの地を再び訪れた際、ナパ最古と言われる優良畑「ナパヌック・ヴィンヤード」に足を踏み入れ、その瞬間「この場所だ。私はここでワインを造るべきだ!」と直感的に悟りました。そして、この地にドミナス・エステートを創設。彼は当時を振り返り、「ナパヌックに恋に落ちたんだ。その場所は自分にとってまるで宝石箱のように思えて、スピリチュアルな空気も感じられたよ。」と語っています。


ファーストヴィンテージは1983年。最初は伝説的なナパワイン「イングルヌック」のジョン・ダニエルの娘=ロビン・ダニエル・レイル女史とマーシャ・スミス女史とタッグを組み、ジョイントベンチャーとしてスタートしました。その後、1995年に彼はドミナス・エステートを完全に所有・運営。今やカリフォルニアを代表するトップワイナリーに数えられ、ワイン愛好家垂涎のプレミアムワインを造りだしています。

それを証明するかのように、ドミナス・エステートのトップ・キュヴェであるドミナスは、ワイン・アドヴォケイト誌において今まで4度も100点を獲得。また、同誌にて過去に「もし100点以上があるのだとすれば、きっとそれ以上になるだろう!」とこの上ない賛辞の言葉が送られるなど、ドミナス・エステートではこれまで30年以上に渡り、カルフォルニアワインの最前線で活躍し続けています。

優雅なカベルネ・ソーヴィニヨンを生み出すナパの魅力

ナパヌック・ヴィンヤードが位置するヨーントヴィルは、ナパ・ヴァレーの中では南側に位置し、サン・パブロ湾から寒流由来の冷風が吹き込む影響で比較的冷涼な地域。そのため、暑すぎる気候で育った筋肉質なワインとは違う、エレガントで優雅なカベルネ・ソーヴィニヨンが育ちます。また、霧の影響を強く受け、夏季でも夜間はかなり涼しくなるのが特徴。夏季の最高気温は30度を超える反面、最低気温が15度を下回る日もあり、こうした気候を受け、この場所で育つブドウは華やかなアロマと強い酸を有します。

土壌は、上質なカベルネ・ソーヴィニヨンを育てるには欠かせない、優れた砂利質土壌。砂利質は水はけが良いだけでなく、細かい石が太陽の光を反射するため、ブドウ樹が日照効果をより多く得られるのが特徴。また、この厚い砂利層の下に適度な量の粘土が存在する事で水分量を保持し、ブドウの成熟を助けています。


また、ナパヌックヴィンヤードの元となる畑は、かの有名なイングルヌックの畑。イングルヌックは、カリフォルニアのナパヴァレーで最初にプレミアムワインを生み出し、そのレベルの高さを世界に知らしめた、まさに"ナパにおけるワインの歴史そのもの"と称えられる伝説のワイナリーです。ドミナス・エステートは、そのイングルヌックの歴史的な畑を継承するワイナリー。また、実はドミナス・エステートの位置する土地から、オーパス・ワンの畑は目と鼻の先。キャラクターは違えど、カルフォルニアのプレミアムワインを生み出す、最高の地域であることは揺るぎない事実なのです。

ボルドーの技術とナパ・ヴァレーのテロワールの融合

ドミナスが誕生した1980年代、カリフォルニアではブドウ栽培とワイン醸造は分業制があたりまえであり、あのダラ・ヴァレーも自社所有の畑は「マヤ」だけでした。そんな中、ムエックス氏はボルドーで行っているように、ブドウ造りから瓶詰めまでを一貫して行うドメーヌ方式を持ち込み、カリフォルニアのワイン界に大きな衝撃を与えました。 


ムエックス氏が一貫して目指すワインのスタイルはエレガントで複雑な味わい。そのためにボルドーで培った栽培技術を持ち込み、畑の管理を徹底しています。カリフォルニアは日照量と温暖な気候が魅力ですが、その気候故にブドウの糖度が上がりすぎてしまうことが課題。それを防ぐために、枝をワイヤーで支え、葉を多めに茂らせ日照量を調節しています。また、ムエックス氏はドライファーミングにも力を入れています。ドライファーミングとは灌漑をしない、つまり水を与えない農法でブドウを栽培すること。ブドウ樹の根が地中深くに伸び、養分を吸い取ることで"テロワールが味わえるワイン"が生まれるそうです。

ナパヌック・ヴィンヤードで収穫されたブドウは、手作業と光学式機械で選果します。発酵中のルモンタージュと抽出は穏やかに行い、新樽比率40%のフレンチオーク樽で約18ヵ月間熟成。それぞれのブドウが生まれた場所を深く理解し、精密に計算しつくされ行うワインメイキングは、ムエックス氏が目指す複雑味を帯び洗練された力強い味わいを生みだします。

こうしてドミナス・エステートで丁寧に造られるワインは、ボルドーの技術とナパ・ヴァレーのテロワールが見事に融合し、上質なパワーとエレガンスを感じるスタイル。カリフォルニアの持ち味である円熟した味わいに加え、ボルドーのグランヴァンに通じる何層にも重なる複雑性を兼ね合わせた逸品であり、カリフォルニアがお好きな方はもちろんのこと、ボルドーラヴァーにも是非味わっていただきたい特別なワインです 。

商品一覧

5 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.