<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ルーロ ROULOT

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ムルソー
  • コート・ド・ボーヌ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • モンテリ
  • コート・ド・ボーヌ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • オーセイ・デュレス
  • コート・ド・ボーヌ
ルーロ / ROULOT ワインボトル

ワイン好きなら必ず辿り着く、ムルソーのトップドメーヌ

ブルゴーニュ最高峰の白ワインのひとつとして、愛好家を魅了するムルソー。その中でも特に名高く、ブルゴーニュに精通したマスター・オブ・ワインのジャスパー・モリス氏も「極上のムルソー」と讃えるのがルーロです。年々評価をあげ、名実ともにムルソーのトップ生産者なったルーロは、今や入手困難を極める愛好家垂涎の的。洗練された味わいの傑出したワインを生み出しています。

目次

日本への流通量はごく僅か!錚々たる造り手と肩を並べる3ツ星生産者

ドメーヌ・ルーロは1830年から続く歴史あるムルソーの造り手。シルキーで滑らかな質感、スタイリッシュでエレガントな味わいは、欧米やフランス国内での評価が非常に高く、全生産量のうち、約3分の2はフランス国内及びヨーロッパ向けに販売されているため、日本で手に入る本数は極僅かに限られています。

また、その実力は高く評価され、イギリスの評論誌「ザ・ワインズ・オブ・バーガンディ」で3ツ星生産者にも選ばれています。他に3ツ星に選ばれた造り手は、D.R.C、ドメーヌ・ルロワ、コント・ラフォン、ヴォギュエ、アルマン・ルソー、ルフレーヴなど錚々たる顔ぶれ。今やルーロは、ムルソーの巨匠コント・ラフォンやコシュ・デュリに続くムルソーを代表する造り手と言っても過言ではありません。


ワイン造りについて、特級畑や一級畑だけでなく、村名ワインも区画ごとに造るようになったのは、ドメーヌ・ルーロが始まりだと言われ、昔からこだわりを持って取り組んできました。



その名が世界に広まったのは、現当主ジャン・マルク・ルーロ氏の父ギィ・ルーロ氏の代からと言われています。ギィ・ルーロ氏が畑を買い足し、ドメーヌ元詰を始めるなどドメーヌの発展に大きく貢献。その後、1989年、現当主であるジャン・マルク・ルーロ氏に引き継がれた後も、1999年より一部ビオディナミを導入するなど、伝統だけに固執せずどんどん新しいことに取り組むドメーヌ・ルーロのスタイルは受け継がれています。

テロワールの個性を尊重した、エレガントなスタイル

ドメーヌ・ルーロのワインは、シルキーでキメの細かい質感と洗練された味わい、そして非常に長い余韻が特徴。芳醇で肉付きがよく、オーク由来のバニラやスパイスの香りが特徴的な従来のムルソーのイメージを覆すような繊細な味わいです。ジャン・マルク・ルーロ氏は、「ここのテロワールには肉厚なムルソーじゃなく、スタイリッシュでエレガンスのあるムルソーが1番向いていたんだ。」と語っています。

こうした考えのもと、醸造は非常に慎重に行われます。特に気を付けていることは、浸漬時にあまり撹拌しないこと。ムルソーの他の生産者では果皮から成分をよく抽出し、リッチで豊かな風味を引き出すために十分に撹拌されますが、ルーロにおいては、「豊潤さを得る代わりに、純粋さを失ってしまう」という考えのもと、静かな抽出を心掛けています。


また新樽比率は10〜30%と抑えめで、新樽と旧樽を上手に使い分け、1年以上という長い瓶内熟成を経てようやくリリースすることで、香り高く、雑味のない上品な味わいを生み出しています。

「僕は世界中の誰よりも僕のワインの1番のファンで、このテロワールを愛しているんだ。テロワールって単語は土壌や微気候だけに捉えられがちだけど、そこに関わっている人も全て含めて"テロワール"と言いたい。」と語るジャン・マルク・ルーロ氏。一級畑クロ・デ・ブシェールはもちろんのこと、村名ムルソーからブルゴーニュ・ブランにわたる全てのラインナップにおいて、テロワールの個性を尊重したルーロのスタイルを愉しむことができます。

ルーロ氏自身の名前を冠したこだわり抜かれたネゴシアンスタイル

そんなドメーヌ・ルーロのジャン・マルク・ルーロ氏は近年、ドメーヌとしてのワイン造りに飽き足らずネゴシアンとしてのワイン造りもスタート。2014年からは新たなプロジェクトとして、ドメーヌ・ルーロには無かったラインナップを加えワインをリリースしています。信頼のおける栽培家が手掛け、厳しく選別されたブドウのみを使用。醸造から熟成、瓶詰めまで、全ての工程はドメーヌものとなんら変わらないという、こだわり抜かれたワイン造りが行われています。

凝縮感があり、調和の取れた仕上がりの2019年

2019年のブルゴーニュは初夏の暑さによる水不足で収穫量が大きく減少し、ブドウの生命力と栽培家の力量が試された年となりました。多くの地域で前年と比べて収量が20~50% 下がりましたが、激しい気温の変化によって収穫期を迎えたことで、収穫されたブドウは豊富な酸と美しいまでにピュアなアロマを兼ね備えた素晴らしい出来栄え。2018年のワインが緻密なボディが魅力のスタイルであるのに対して、2019年のワインは調和のとれた魅力的な味わいに仕上がっています。

そんな2019年のルーロでは、開花の季節が寒く結実不良も見られましたが、ブドウの育成サイクルの終盤である夏が非常に乾燥したことにより、ブドウに素晴らしい凝縮感が生まれました。ワインの仕上がりについて当主のジャン・マルク・ルーロ氏は、「2019年は、素晴らしい凝縮感があり引き締まった印象。私の好きなヴィンテージだ。」とその出来栄えに自信をのぞかせています。

おすすめアイテムはこちら

オーセイ・デュレス プルミエ・クリュ

ムルソーに隣接するアペラシオン。洗練されたピノ・ノワールの、エレガントで香り高くモダンなスタイルが魅力の1本。


NEW

オーセイ・デュレス プルミエ・クリュ

ルーロ
3.6 (7)
ライトボディ
2
フルボディ

本数限定

2019

10,450

(税抜価格9,500円)

モンテリ

ムルソーの隣村で造る赤ワイン。複雑さと品格を持ち合わせる美しいピノ・ノワール。


NEW

モンテリ

ルーロ
ライトボディ
2
フルボディ

本数限定

2019

9,020

(税抜価格8,200円)

商品一覧

15 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.