<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


シデューリ SIDURI

アメリカ
  • アメリカ
  • カリフォルニア
アメリカ
  • アメリカ
  • カリフォルニア
  • ソノマ
  • ノース・コースト
アメリカ
  • アメリカ
  • オレゴン
シデューリ / SIDURI ワインボトル

ピノ・ノワールに特化し、熱狂的なファンに支持されるワイナリー

カリフォルニアにワイナリーは数あれど、ピノ・ノワール種に特化し、初リリースから世界中の評論家やワインラヴァーを魅了し続けるワイナリー、シデューリ。カリフォルニア州のサンタ・バーバラ郡からオレゴン州のウィラメット・ヴァレーにまで広がる5つの主要なAVAのブドウ農家と契約を結び、カリフォルニア州のサンタ・ローザにあるワイナリーで、多種多様なピノ・ノワールを生み出しています。
目次

熱狂的なファンに支持される、ピノ・ノワールに特化したワイン造り

シデューリは、1994年にアダム・リー氏が妻ダイアナ氏とともにカリフォルニアで始めた、ピノ・ノワールを専門としたワイナリー。ワイナリー名の「シデューリ(SIDURI)」とは、バビロニアに伝わるワインの女神が由来となっています。設立当初から権威あるワイン評価誌において度々90点以上を獲得するキュヴェをリリースし、カリフォルニア州でトップクラスのワインメーカーとしての名声を手に入れるまでに成長していきました。

ワイナリーの基礎を築いたアダム・リー氏と妻ダイアナ氏は、「偉大なピノ・ノワールのワインを造る」という熱心な思いからワイン造りをスタート。1994年に最初に手掛けたピノ・ノワールは、すぐに評論家の目に留まり一躍注目の的に。当時知名度の低かったサンタ・ルシア、サンタ・リタ・ヒルズやソノマ・コーストがメジャーになるきっかけを作るとともに、彼らのワインはその後のカリフォルニア産ピノ・ノワールのスタイルを確立し、熱狂的なファンを獲得していきました。

50歳を過ぎ今後のワイナリー経営について考えていたアダム氏は、2015年に同じソノマに拠点を置くジャクソン・ファミリー・ワインズへ売却を決めました。ジャクソン・ファミリー・ワインズと言えば、傘下に収めたヴェリテやロコヤを筆頭に、カベルネ・ソーヴィニヨンで高評価を獲得し大成功を収めているワイナリー。そんな彼らは近年、ラ・クレマやハートフォードなどピノ・ノワールに力を入れています。

同グループの会長バーバラ・バンケ氏はワイン・スペクテーター誌において「シデューリをさらに発展させるために、ブドウ栽培家やアダム氏と協力することを楽しみにしています。」と語るように、シデューリのワインを高く評価。ワインメーカーとしてワイナリーに残ったアダム氏も「ワイン造りに集中することができるようになった。」と語っているように、今後がますます楽しみなワイナリーです。

5つのエリアで表現される多種多様なピノ・ノワール

シデューリは「偉大なワインはブドウ畑で造られる」というアダム氏の考えのもと、米国西部でトップクラスの人気を誇るブドウ栽培家たちと、長期にわたる関係を築いてきました。

ピソーニをはじめとする超一流のヴィンヤードへ赴き、摘み取りの時期まで細かくコミュニケーションをとるなど、「偉大なワインはブドウ畑で造られる」という自身の考えを実践。現在、カリフォルニア州のサンタ・バーバラ郡からオレゴン州のウィラメット・ヴァレーにまで広がる5つの主要なAVAのブドウ農家と契約を結び、カリフォルニア州のサンタ・ローザにあるワイナリーで、多種多様なピノ・ノワールを生み出しています。

契約している畑の魅力をしっかりと表現したピノ・ノワールを造り出すために、濾過も清澄もせず、なるべく人の手を加えないワイン造りを行っているのがワイナリーの特徴のひとつ。醸造の際ブドウは優良なものだけを使用し、それぞれのロットを区画、クローン、樽タイプごとに醸造しています。その後にブレンドを行うことで、複雑味を備えたワインに仕上がるのです。

商品一覧

7 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.