最適温度で美味しく味わう!ワインの温度と冷やし方

夏に向け日差しが強く汗ばむ時期、いつもよりも少し冷えたワインが美味しいと感じることがありますよね。

「ワインは常温が美味しい?キンキンに冷やしても大丈夫?ワインタイプによって、温度は変えるべき?」など、疑問に思ったことはありませんか?ワインの適温を知ることで、さらに美味しくワインを楽しめます。

今回は、ワインのタイプによって変わる適温と、基本的なワインの冷やし方をご紹介します。

温度を下げる・上げる場合のワインの変化

ワインは、香りがあり様々な味わいを楽しめるお酒なので、温度の影響が強くなります。

ぬるいスパークリングワインよりも、冷えたスパークリングワインは美味しく感じますよね。ワイン温度によって、香りや味わいの感じ方が異なります。

温度を下げた場合、ワインの味わいはフレッシュな印象になります。フルーツの香りが際立ち、白ワインの骨格でもある酸味の印象もハッキリと感じることができます。温度を下げることで、全体のバランスがスマートでシャープなワインになります。常温で飲んだ場合、キレが弱くボテっとした印象だったワインが、冷やすことにより全体がスッキリし味わいが爽やかになるような感覚です。

一方、温度を上げるとワインは酸味が柔らかくなります。冷やすことで隠れていた香りに広がりがでる為、複雑性が強くなります。酸味が抑えられることで、甘味を感じやすくなることもポイントです。全体的にふくよかなバランスのワインの印象になります。

このように温度を下げること・上げることで、本来のワインの持つ個性を立たせることができます。

しかし、注意しなければならないこともあります。ワインの味わいには酸味や甘味の他に、「渋み」「苦み」という要素もあります。

温度を下げることで、苦味や渋みが強く感じる場合があります。例えば、濃く渋いワインを白ワインのように冷やすと、より一層渋みが増し、バランスが悪くなってしまいます。

熟成ワインや複雑性のあるワインの、香りの広がりも狭めてしまうことにも繋がるので、最適な温度を知っておく必要があります。

ワインタイプによって変わる基本的な温度

ワインは、「スティル・スパークリング」「辛口・甘口」「ライトボディ・フルボディ」など様々なタイプがあります。日常の食卓でワインを楽しむ場合の目安として、以下の温度が美味しく感じる温度帯です。

<ワインタイプ>         <温度>
スパークリングワイン       6~8度
白ワイン(甘口)         6~8度
白ワイン(辛口)         10度前後
赤ワイン(ライトボディ)     12~14度
赤ワイン(フルボディ)      16~20度

スパークリングワインは、温度をやや低めにすることで爽やかな酸味とスッキリとした印象を与えます。

シャンパーニュのような香りや味わいに複雑性のあるタイプは、冷やし過ぎずに、10度前後の方が香りを楽しむことができます。

白ワインは、甘口の場合は辛口よりも温度を下げた方が、全体のバランスが良くなります。フルーツを冷蔵庫で少し冷やすと、甘味が感じやすくなる果糖の性質と同じです。

赤ワインは、白ワインと比べると温度もやや高くして楽しみます。「赤ワインは常温」というイメージのある方は、赤ワインは20度以下という数字がポイントです。季節によって気温が変わることや、一般的な室温が23~28度であることを考慮すると、常温はやや高いことが分かります。

ワインの冷やし方

ワインの冷やし方の一般的な方法は、ワインクーラーを使用することです。

氷水を入れたワインクーラーにワインボトルを入れ、ボトルの液面までしっかりと氷水が浸かるように入れます。

この際、長時間の冷やし過ぎには注意しましょう。例えば、18度の白ワインをワインクーラーで冷やした場合、約11分で8度に達します。温度をワインクーラーで下げる方が時間は短く、常温に戻して温度を上げる方が時間はかかります。ワインボトル内の上部と下部では温度が違うこともあるので、その際は均一にするためにゆっくりと傾けます。(スパークリングワインや、滓のある場合には注意してください。)

ワインクーラーを使用する際には、氷と水の他に「塩」を使う方法もあります。水を塩水にすることで氷点が下がり、ワインクーラー内の温度が下がりやすくなります。大さじ1~2の塩を入れワインボトルを入れれば、さらに早く冷やすことができます。

ワインクーラー以外にも、ワインボトルに被せるだけでワインクーラーに早変わりする「アイスクーラースリーブ/ル・クルーゼ」や、ワイン用温度計もあるので、美味しくワインを頂くためのワインの便利グッズは重宝しますね。

まとめ

ワインの適温は難しいようですが、身体が素直に「美味しい」と感じる温度帯というものは知っておくと便利です。

ワインを適温で飲むと、ワイン本来の個性をじっくりと味わうことができます。

これからの季節は、やはり少し温度もやや下げて、身体がリフレッシュするようなワインの味わいを欲します。キンキンに冷やし過ぎず、室温は何度くらいかを意識しながら、暑くなる時期もワインをさらに美味しく楽しみましょう。