世界で最も高値で取引されるワイン、ロマネ・コンティとは?

ロマネ・コンティ

ワインをよく知らなくても、ロマネ・コンティという名前は聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

ロマネ・コンティは名実ともにブルゴーニュ最高峰のワインであり、ワイン愛好家にとっては一生の間に一度は飲んでみたい憧れのワインなのではないでしょうか?

今回は、ワインを飲む人々の憧れ「ロマネ・コンティ」について、ご紹介したいと思います。

ロマネ・コンティとは

ロマネ・コンティ

ロマネ・コンティは、ブルゴーニュのヴォーヌ・ロマネ村にあるピノ・ノワール種の特級畑(グラン・クリュ)の名前であり、その畑のブドウから造られる赤ワインの名前でもあります。

ロマネ・コンティの畑の広さはわずか1.8ヘクタールですが、東南東に向いた日当りの良い場所にあり、グラン・クリュの畑に囲まれています。複雑な地層をもつ土壌の上部は石灰質でやせているため、ブドウの根は地中深くまで伸び、地中のミネラルや多様な要素を吸収することができます。つまり、ロマネ・コンティの畑は、立地、土壌共にブドウ栽培において最適な条件を満たした傑出したブドウ畑なのです。

ヴォーヌ・ロマネ村に本拠地を構えるロマネ・コンティの生産者、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(以下、DRC)は、ロマネ・コンティの畑の他、ヴォーヌ・ロマネ村をはじめ近隣の村に8つの特級畑を所有しており、そのいずれの畑からも卓越したワインを生産しています。

ブルゴーニュでは、通常ひとつのブドウ畑を複数の生産者が分割所有しているため、同じ畑名や同じ村名のワインを多くの生産者が造っているのが一般的なのですが、ロマネ・コンティはDRCのみが所有するモノポール(単独所有畑)なので、ロマネ・コンティという名のワインはDRCが生産したものしか存在しません。

ロマネ・コンティの歴史

DRCは1942年以降、ブルゴーニュの名門ド・ヴィレーヌ家ルロワ家が共同経営しています。1974年、今も現役のオベール・ド・ヴィレーヌ氏と、著名な女性醸造家ラルー・ビーズ・ルロワ女史がそれぞれ一族の代表になりましたが、ルロワ女史は1992年に代表を辞任しました。現在はルロワ女史の甥であり、ドメーヌ・プリューレ・ロックの当主でもあるアンリ・フレデリック・ロック氏とオベール氏がDRCの代表を務めています。

もともとロマネ・コンティの畑がある辺りは2000年前のローマ時代からブドウの栽培とワイン造りが行われてきた土地で、当初から極上のワインを生み出すこの地にローマ人が「ロマネ」という名を付けたと言われています。

10世紀以降は修道院が畑を所有していましたが、ロマネ・コンティの評判があまりに良いために、18世紀初頭にはルイ14世が持病の治療薬として毎日スプーン数杯のロマネ・コンティを飲んでいたという逸話があるほどです。その後、この畑を手に入れようと王侯貴族が競い合った結果、1760年にコンティ公爵ルイ・フランソワ1世がこの畑を所有し、この畑はロマネ・コンティと名付けられました。1789年のフランス革命により畑は没収されてしまいましたが、ロマネ・コンティという名は残り、今日に至ります。

生産者の使命

今も昔も、ロマネ・コンティを産するヴィニュロン(ブドウの栽培とワインの醸造をおこなう人のこと)は、ロマネ・コンティという傑出した土地の潜在能力をワインに完全に発揮させることに焦点をあてており、偉大なブドウ畑に対する責務としてワイン造りを行ってきました。

畑の耕作は馬で行い、農薬や除草剤を一切使用しない有機栽培の一種であるビオディナミ農法でブドウを育て、毎年、周りのブドウ畑より遅くに行われる収穫はもちろん手摘みです。もともとブドウ栽培時に徹底した収量制限が行われているにもかかわらず、収穫されたブドウは厳しく選果され、発酵させます。

熟成はトロンセ産の新樽100%を使用し、熟成期間はヴィンテージによって異なります。澱引きや濾過は最小限、ワインの移動も重力を利用し、決してポンプは使用しません。このように惜しみなく時間と労力を費やして造られたワインは、テロワールの個性とともにピノ・ノワールの繊細さ、複雑さを余すところなく表現しています。また、力強くはっきりとしたボディでありながら、デリケートで官能的な味わいは「飲み手の魂を吸い取る」とまで賞されています。

ロマネ・コンティのブドウ畑は最高の自然条件を兼ねそなえた恵まれたテロワールですが、今日のワインの名声は、長い歴史の中でワイン造りに携わってきた多くの人々の絶え間ない努力によって得られたものなのです。

ロマネ・コンティの価値

ロマネ・コンティの生産本数は毎年僅か6000本前後のため、品質もさることながら希少性も相まって非常に高値で取引されています。概ねワインの価格は需要と供給のバランスで決まりますから、世界中の需要に対してロマネ・コンティの生産本数は少なすぎるのです。現在、価格はオフヴィンテージであっても1本(750ml)100万円は下らず、良年のワインなら200万円〜300万円の値がつくこともしばしば。さらに今後も価格は上昇すると予想されます。

その理由の一つに、ワインが投資の対象になっていることがあげられます。1年間に6000本ほどしか造られていないワインは消費され数は減る一方ですから、時が経つにつれて残ったワインの価値は上がります。さらに、近年、新興国の高級ワイン需要は急速に伸びていますから、今後ますますロマネ・コンティを市場で見つけるのは困難になるでしょう。

尚、DRCのワインのエチケットには2人の代表者の署名が併記され、ナンバリングもされていますが、残念ながら市場には多くの偽造品が出回っています。手に入れようとする場合には、信頼のおけるルートで入手することが極めて重要です。

まとめ

 ワイン愛好家であっても1本100万円を超えるロマネ・コンティを口にすることはなかなかないでしょう。ロマネ・コンティはもはやワインという飲み物の境地を超えた、壮大な歴史とロマンの象徴なのです。

たとえ飲むことが叶わなくても、かの地のたぐい稀なる自然と生産者に敬意を払い、この特別な価値を持つワインを守り、次の世代に伝えていくことが大切なのです。

 

参考:http://www.romanee-conti.fr/ 、 ブルゴーニュワインがわかる / マット・クレイマー 阿部秀司 訳(白水社)

 

関連特集はこちら

 

関連記事はこちら