生産国別ワインの特徴まとめ【フランス・イタリア・スペイン・ドイツ編】

ブドウ畑

美味しいワインを選ぶためには、まず自分の好みを知っておくことが大事ですよね。しかし、どういうワインが好きなのか、はっきり「コレ!」だと言える人はあまり多くないのではないでしょうか?

そんなときに、ワインの国別の特徴を少しでも知っていたら、う~んと悩む時間がぐっと減るかもしれませんよ。

いまやワインは世界中で造られていますが、その中でも「旧世界」と呼ばれているフランスをはじめとしたヨーロッパの銘醸地について、国ごとの特徴をご紹介したいと思います。

ワイン造りの中心地と言えばフランス

ブドウ畑

フランスは、北部のノルマンディ地方やフランドル地方を除くほぼ全土でブドウが生産されています。それぞれの気候や土壌に最適なブドウ品種を伝統的な方法で栽培しており、ワインを造る際も伝統的な醸造法で造っています。それゆえに、地方の特徴を持った素晴らしいスティルワイン、スパークリングワイン、フォーティファイドワインなど多くの種類のワインが生み出されています。

ワインの産地では、2大銘醸地であるボルドーとブルゴーニュ、それに加えてシャンパーニュを思い浮かべる人が多いはず。カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローなどタンニンの多い品種を使い、重厚な赤ワインを生み出すボルドーや、ベルベットや絹のような口触りの滑らかで繊細なピノ・ノワールを原料としたワインを造るブルゴーニュは日本でも多くの人に愛されています。

一方で、繊細でクリーミィな泡で魅了させるシャンパーニュは、お祝いごとの席などでも好まれ日本は世界トップクラスの輸入量を誇っています。どれも他の国の同ジャンルのワインに比べ、風味に厚みがあったり、舌触りが非常に滑らかだったりと、突出した特徴があります。

トップカテゴリのワインにはテロワールに基づいた原産地呼称統制法(A.O.C.)が徹底されており、それぞれの土地で使用可能な品種や製造法などが決められているからこそ味わいや風味にブレがありません。引き締まり贅肉のないボディ、上品な酸、心地よいタンニンなどが特徴的ですが、あまり飲みなれていない人にとっては特徴や癖が舌に馴染みづらいものも多いかもしれません。

しかし、ワインに感動したという多くの人がフランスワインによって開眼させられたという話も。ボルドーならシャトーごと、ブルゴーニュなら畑ごと、シャンパーニュなら村ごとの格付けがあり上位のワインはもちろん驚くほど美味しいことも。近年、南部のラングドック・ルーション地方や南西地方の安価でカジュアルなワインも手に入りやすくなり、テーブルの気軽なお供として多く飲まれています。

多様性が光るイタリア

ワインボトルとワイングラス

全20州でワインが造られているイタリアでは、ヨーロッパ系の代表品種に加えてイタリアのみで造られている土着品種が多く、その味わいのファンも多いようです。

気候は温暖で日照時間も長いことからブドウが完熟しやすく、ブドウが育つ生育期にほとんど雨が降らないために病気に侵されることも少なく、湿気を嫌うブドウにとっても最適な環境です。

ストレスの少ない土地で造られているせいか、イタリアワインの味わいはとても活き活きとしています。

白ワインは、さらりと飲みやすいトレッビアーノを使用したカジュアルなワインから、人気の高いスプマンテ(スパークリングワイン)のプロセッコ、高級スプマンテでありシャルドネやピノ・ノワールなどを使用したフランチャコルタなどがあります。

赤ワインでは人気が再燃している赤いスプマンテであるランブルスコ、そして北部ピエモンテで造られており「ワインの王」とまで呼ばれるバローロやバルバレスコ、トスカーナのスーパー・タスカンであるサッシカイア、イタリアで最も力強いと言われる南部のタウラージなど、こってりとした肉料理に合いそうなワインの人気が高いようです。

マニアックなワインも多く、イタリア半島西部に浮かぶシチリア島では東部にある活火山のエトナ火山近辺に畑があり、そこで造られた飲みやすいコクと少し特徴的なミネラルを含んだワインは根強いファンを獲得しています。

断トツコスパ高のスペイン

ブドウ畑

スペインは、ブドウの栽培面積がEU圏内にある全ブドウ畑の約30%にあたり、栽培面積は世界1位、ワイン生産量はフランス、イタリアに次ぐ世界第3位(2016年)というワイン大国です。

リオハやプリオラトといった産地は特選原産地呼称に認定されて高級ワインを産出していますが、日本で特に人気なのは北東部にあるペネデスを中心に生み出されているエスプモーソ(スパークリングワイン)のカバ(Cava)です。

カバはシャンパンと同じく瓶内二次発酵で造られているためにクリーミィな泡を含み、土着品種に加えて伝統品種も使用されて丁寧に造られています。シャンパンに比べて爽やかでスイスイと飲めてしまう軽快さが売りで、チャレッロという花の風味が特徴的な品種を使用したものは、特徴的なこともありカバファンから支持が高いようです。また、シャルドネやピノ・ノワールのみを使用したCavaもあり、スパークリングワインが好きなワインファンからはデイリー用のワインとして選ばれています。

カバはスペインのワイン法によってD.O.Cavaというカテゴリに含まれていますが、近年、高級な品質に自信を持つ造り手が呼称を自ら解除したことや、D.O.Penedésに「Clàssic Penedés」(クラシック・ペネデス)という100%オーガニックで造られているものが登場しました。

さらに、選び抜かれた12の畑のうちの1つの畑のみから造られて最低熟成期間が36カ月というカバのグラン・レゼルバ以上に相当する「vino de paraje calificado」(ヴィノ・デ・パラへ・カリフィカード)という特級クラスのカバも登場し、スタンダードなCavaとの差別化をはかる生産者が増えてきている傾向にあります。

他にも世界3大フォーティファイド・ワインに含まれるシェリー酒が南部で造られており、アルコール度数が10度台後半であることから少しインパクトの強い食前酒として飲まれることも。味わいは少し濃いめの白ワインのようで、アーモンドの香りがあるもの、塩気が特徴的なもの、深いコクが感じられるものまで様々。甘いものから辛いものまであるために、自分好みのものを探しやすいですよ。

白ワインの聖地・ドイツ

ブドウ畑
ドイツは世界的に珍しい、白ワインの生産が多い国です。糖度が高い貴腐ワインや遅摘みのブドウによる甘口で高級な白ワインの格付けが高く、今もその生産地としてのイメージが高いです。しかし近年は辛口の白ワインが生産の主体となり、赤ワインの生産も約3割と健闘しています。

そんなドイツを象徴する品種と言えばリースリングです。バランスが良いフレッシュで華やかな果実味を感じさせる辛口ワインから、濃厚で食後酒としても好まれる貴腐ワインまで様々な姿に変身します。熟成させるとペトロール香と呼ばれる、石油やガソリンのような独特の香りがわずかに発生しますが、これがワインに何とも言えない奥深さを添えて他にはない味わいを生み出すのです。

産地で特徴的なのは、川近くにある急斜面の畑です。ドイツは北緯の高い位置にあるために平均気温が低く、ブドウにとって厳しい気候です。しかし、北部では川近くの急斜面にブドウ畑があり、太陽光が水面によって照り返しされることによって昼も夜も安定した気温が保たれています。このことにより霧が立ち上ってもブドウが脅かされることは少なくなります。急斜面ゆえに転落事故と隣合わせの収穫作業になりますが、そこで生まれたワインは生産者の努力が滲む素晴らしいワインになります。

ドイツには個性的なワインが多くあり、「聖母の乳」という名前を持つ甘口の白ワインのリープフライミルヒや上級スパークリングワインであるゼクト、ぽっこりとした扁平型のボックスボイテルという瓶を使用したフランケンの辛口ワイン、糖度の格付けではなく畑での格付けを実施したV.D.P.(ファウ・デー・ペー)の高級ワインなど、探せば探すほどドイツの魅力を感じずにはいられません。

まとめ

どの国でも素晴らしいワインを生産していますが、それぞれ土地やワインの種類、製造法などに独自の個性があります。

それを踏まえつつ自分の好みのワインを探していくのは、とてもおもしろいのではないでしょうか。味わいや風味だけでなく、ワイン造りの背景や文化に着目して興味を持ったら、実際にそのワインを飲んでみることを強くお勧めします。

なぜなら、ワインとの出会いのきっかけはふとしたところにあり、そこからどんなふうに広がっていくかは予測不可能だからです。ぜひ、気になった国のワインをチェックしてみてくださいね。