南フランスを代表する生産地「ローヌ地方」のワインの特徴とは?

ローヌ

フランスのローヌ地方では、日本でも人気の品種として挙げるシラーやグルナッシュから造られるワインが産出されています。どうしても華やかなブルゴーニュの影に隠れがちな産地ですが、ローヌ地方には多くの魅力を持ち合わせています。今回はそんなローヌ地方にて造られるワインの特徴についてご紹介します。

ローヌ地方の歴史や気候風土

ブドウの木

ローヌ地方は北にあるブルゴーニュ地方と、南にあるプロヴァンス地方、ラングドック&ルーション地方に挟まれており、ローマ時代に交通の要所として栄えた都市・ヴィエンヌからローヌ川沿いに南下し、14世紀に法王庁が置かれていたアヴィニョン周辺まで約200キロに渡る地域を指します。

ローヌ川は北から南に流れているため、地図上で向かって右側が左岸、左側が右岸となります。両岸にブドウ畑が広がり、ヴィエンヌから都市・ヴァランスまでを北部、ヴァランスからアヴィニョン周辺までを南部として、土壌や主要品種などが大きく異なっています。

ローヌ渓谷から地中海に吹き抜ける乾燥したミストラルという冷風が雨後の畑を乾燥し、カビなどの湿気由来の病気を防いでくれています。また、この風が非常に強いため、果実の大きさも自然と小さくなって風味が凝縮します。

この地域のワイン造りの歴史は古く、紀元前後にはローマ帝国の属領であるナルボンヌ地方の栽培地の北限が、北部にあるコート・ロティやエルミタージュであったことがわかっています。

14世紀には法王庁がアヴィニョンに移転したため、その周辺のワイン造りが飛躍的に発展し「法王庁のワイン(ヴァン・デュ・パプ)」と呼ばれるように。南部のシャトーヌフ・デュ・パプは「法王の新しい城」という意味を持ち、特にこの地を代表するワイン産地になりました。また、南部の自然はプロヴァンス同様多くの芸術家を魅了してきており、彼らが心を休める地としても知られています。

ローヌ地図

北ローヌの特徴

ローヌの風景

北ローヌは、花崗岩や片岩石の土壌を持ち、比較的穏やかで温かい大陸性気候となっています。

コート・ロティ(Côte-Rôtie:右岸)をはじめとして、エルミタージュ(Hermitage:左岸)やクローズ・エルミタージュ(Crozes-Hermitage:左岸)などシラーを主要品種とした銘醸ワインや、ヴィオニエを主体としたコンドリュー(Condrieu:右岸)や、ルーサンヌやマルサンヌを主体とした白ワインを生み出すサン・ペレイ(Saint-Péray:右岸)などの産地が位置しています。

基本的に赤ワインは主体となる黒ブドウに、それぞれのAOCで定められた上限を守りヴィオニエやルーサンヌ、マルサンヌといった白ブドウをブレンドするスタイルが多く採用されています。

南ローヌの特徴

ローヌの風景

南ローヌは、土壌は粘土や砂、丸い小石から大きめの丸い石ころがある畑や、石灰岩の砂礫層など多岐にわたっています。雨が少なく、夏は日差しが強めで乾燥している地中海性気候ですが、ミストラルのおかげでバランスのよいワインを造ることができます。

有名なのはタヴェル(Tavel:右岸)のロゼワインや、赤ワインと白ワインの両方を造っているシャトーヌフ・デュ・パプ(Chàteaunefu-du-Pape:左岸)です。また、ミュスカド・ボーム・ド・ヴニーズでは酒精強化ワインであるVin Doux Naturelが造られており、土壌と同様に多くの種類のワインが生み出されています。

おすすめのローヌのワイン

最後に、ぜひ一度お試しいただきたいローヌ地方のワインを北ローヌと南ローヌからそれぞれご紹介します。

北ローヌのおすすめワイン

クローズ・エルミタージュの新星ドメーヌが造る1本。

肉厚で凝縮感がありながら、洗練されたエレガンスなシラーです。

コショウのニュアンスもあるので、ブラックペッパーを効かせたお肉などと合わせるとより美味しくいただけます。

南ローヌのおすすめワイン

南ローヌの自然派ワイナリー「ドメーヌ・デ・エスカラヴェイユ」が手掛ける大人気キュヴェ。

使用しているシラーは、木樽を使用せずに醸造しているため、よりジューシーな味わいを楽しめます。

摘みたての果実のようなフレッシュな味わいが魅力の1本です。

まとめ

フランスではシャンパーニュやボルドー、ブルゴーニュの次点と捉えられがちなローヌ地方ですが、この地でも偉大なワインは数多く生み出されています。

凝縮した果実味や少しエキゾチックな熟成香も楽しみたいという方は、ぜひコート・デュ・ローヌのワインをチェックしてみてくださいね。

<参考>『2018 ソムリエ協会教本』一般社団法人日本ソムリエ協会

 

 

関連特集はこちら