<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


【今日のワイン】2年半待ち続けた待望のワイン!「ピノ・ネロ」

西郡司
西郡司
今日のワイン
公開日:2021.12.6
更新日:2021.12.6

仕事をしている中で、すごく好きな瞬間があります。それは、新入荷のワインが入った段ボールを開けるとき。


初めて取り扱いが始まったワインや、テイスティングで感動したブルゴーニュワインの最新ヴィンテージ、めったにお目にかかれない希少なカルトワインなど、段ボールをあけて手に取る瞬間の高揚はなんとも言えません。


日々、目新しいワインが入荷してくるため、頭の中に描く、飲んでみたいワインリストが毎日更新されていきます。どうにか“飲んでみたいワイン”=“飲んだことのあるワイン”にするべく日々奮闘しているのですが、その差は広がる一方。身体も財布も追いつきません。


そんな中、今日はイタリア ウンブリア州の「カステッロ・デラ・サラ ピノ・ネロ」を初めて開けてみることにしました。

やや深みのあるルビーレッド。少し熟したラズベリーやフランボワーズの果実の香りが、フレンチオークの心地良い樽香とともにゆっくりと立ち上ってきます。この樽香が、助演男優賞。少し甘みを感じるスパイスが「主役のピノ・ネロさんどうぞ!」と果実の香りをブルゴーニュグラスの頂上へと押し上げてくれます。


味わいは、非常にエレガントながらもシルキーなタンニンが感じられ、なんとも丁度良いボリューム。派手ではありませんが、上品な余韻が長く続きます。


ウンブリア州には、サラミやハムなど豚肉加工の発祥の地と言われる小さな町があり、肉加工職人も多いそう。薄くスライスした白カビサラミをおつまみに、ゆっくりと楽しみたいワインです。


試験対策で押さえておきたいタイプのワインではないですし、ピノ・ノワールならブルゴーニュから、ウンブリア州なら白ワインから飲んでみたいと考えてしまい、このワインは抜栓までかれこれ2年半もお待たせしてしまいました。


“飲んでみたいワインリスト”から満を持してようやく順番が回ってきた、初めてのイタリア ウンブリア州のピノ・ネロに大満足です。

それまで知らなかったワインを経験すると、いろんな発見があり世界が広がります。お気に入りのワイン以外にも、冒険してみると今年最後の大発見があるかもしれませんよ。


おっと、今日はまた新しいワインが入ってきました。飲んでみたいワインリスト更新です。

この商品はこちら
西郡司
西郡司

JSA認定ソムリエ。 福井県出身。地元の酒販店在籍時には、日本酒唎酒師や焼酎アドバイザーの資格も取得。 令和元年初日(2019年5月1日)に入社し、九州・福岡での生活を満喫中。

この記事をシェア

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.