<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


【今日のワイン】アメリカに行くなら必ず訪れたい! 「サンタ・リタ・ヒルズ ピノ・ノワール」

西郡司
西郡司
今日のワイン
公開日:2021.9.29
更新日:2021.10.22

カリフォルニアワインのスター産地といえば、やはりナパやソノマではないでしょうか。これからご紹介するワインが造られているのは、サンタ・リタ・ヒルズという産地です。

ナパからカリフォルニアの広大な大地を南下し、車を走らせること5時間超、約550km。その距離は、東京からだとちょうど私の地元である福井くらい、福岡からだと神戸あたりまで行くことができます。

かなり南に位置するサンタ・リタ・ヒルズですが、北アメリカで唯一東西に延びる谷があり、太平洋の寒流から吹き込む冷たい風がダイレクトに当たります。カリフォルニアの中でも、南に位置するピノ・ノワールの銘醸地として知られています。

カリフォルニアを中心にピノ・ノワールのみを造る生産者シデューリですが、「サンタ・リタ・ヒルズ ピノ・ノワール」は、そのシデューリが持つ最南端の産地で造られているワインです。

外観は輝くルビーレッド。香りはラズベリーのような赤系果実を中心にして、ブラックベリーのような黒系果実も感じられます。この果実感には、どことなくワイルドな印象があり、できるだけ人の手を加えないという自然な造りが伺えます。

心地の良いタンニン、しっとりとした土やそこに茂るラベンダー、スッと鼻に抜けるスパイスなど、幾層にもなるゴージャスな味わいは、充実した満足感へと導いてくれます。

このワインを飲んで、サンタ・リタ・ヒルズという産地が生み出す香りや味わいに本当に魅了されてしまいました。

4年前の2017年、プライベートでアメリカを旅行したことがありました。

サンフランシスコやヨセミテ国立公園、グランドキャニオンにラスベガス!と、定番の観光名所を訪れたのですが、残念ながら大きな山火事のあった直後で、ナパ・ヴァレーなどのワインツーリズムを楽しむことはできず。

海外旅行に行けるようになったあかつきには、ナパ・ヴァレーのリベンジももちろん果たしたいのですが、今回魅了されたサンタ・リタ・ヒルズにもぜひ足を運びたいと思っています!

この商品はこちら
西郡司
西郡司

JSA認定ソムリエ。 福井県出身。地元の酒販店在籍時には、日本酒唎酒師や焼酎アドバイザーの資格も取得。 令和元年初日(2019年5月1日)に入社し、九州・福岡での生活を満喫中。

この記事をシェア

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.