ワインがすすむ!まぐろを使ったおつまみレシピ

お気に入り追加

レシピ
公開日 : 2022.10.4
更新日 : 2022.10.4
シェアする
ワインがすすむ!まぐろを使ったおつまみレシピ

日本人はまぐろが大好き!実は、古くから日本人とまぐろには密接な関係があります。


奈良時代の万葉集には、山部赤人が聖武天皇のお供をして明石地方を旅した時、鮪(しび=まぐろ)で栄えるこの地方を讃えて詠んだ歌が残っているほどです。


この歌を読んだとされる日にちなんで10月10日は「まぐろの日」とされています。


今回はまぐろを使ったワインに合うおつまみレシピを3品ご紹介します。ワインと合わせると、さらにまぐろの魅力に気付くかも!?

目次

自家製ツナのカナッペ

自家製ツナのカナッペ

缶詰でお馴染みのツナですが、自家製にすると贅沢になってボリューム感もあり、しっとりとした味わいを楽しめます。保存もできるので、日々の常備おつまみにピッタリですよ。


【材料 2人分】

自家製ツナのカナッペ_材料

まぐろ(刺身用) 1柵(150~200g)

A塩 小さじ1/2

Aにんにく 1片

Aローリエ 1枚

Aオリーブオイル かぶる程度

バゲット 4枚

粒マスタード 適量

ピクルス 適量


【作り方】

 

1.まぐろは小さめの鍋に入るくらいの大きさに切り、塩をする。15~20分冷蔵庫に置き、水気を拭き取る。にんにくはつぶしておく。

自家製ツナのカナッペ_工程

2.鍋にまぐろとAを入れる。

(鍋は厚手の小さめサイズを使用、オリーブオイルはかぶる程度注ぎ入れます。)

自家製ツナのカナッペ_工程

3.火にかけ、沸々としたら7~8分弱火で煮る。火を止めて、鍋に入れたまま熱を取る。

(保存する場合は、保存容器にツナを入れ、オイルをしっかりとかぶせるように入れ、冷蔵庫に。1週間ほどで食べ切ってください。オイルはパスタなどに使用しても美味しいですよ。)

自家製ツナのカナッペ_工程

4.カリッと焼いたバゲットに自家製ツナ、粒マスタードやケイパーベリーなどをお好みでのせて出来上がり。

自家製ツナのカナッペ

自家製ツナは肉質がしっかりした食べごたえと味わいなので、合わせるワインはボリュームのある白ワインがおすすめです。


オリーブオイルのフルーティーさも、白ワインにピッタリ。カリッとしたバゲットとともに、ワインのすすむ前菜が仕上がります。

マグロのチーズタルタル

マグロのチーズタルタル

火を使用しない、混ぜるだけで作るマグロのタルタルです。クリームチーズを合わせてまろやかな味わいに、バルサミコ酢の酸味をプラスしました。


見栄え良く盛り付けると、おもてなしにもピッタリですよ。


【材料 2人分】

マグロのチーズタルタル_材料

マグロ 1柵 (150g)

クリームチーズ 20g

赤玉ねぎ 1/4個

ケッパー 10g

バルサミコ酢 小さじ1

塩 小さじ1/4

ケイパーベリー、スプラウト、粒マスタードなどお好みで。


【作り方】


1.赤玉ねぎは皮を剥きみじん切りにする。ケッパーは細かく刻む。クリームチーズは常温に戻す。マグロは1cm角に切る。


2.材料を全てボールに入れ、混ぜ合わせる。

マグロのチーズタルタル_工程

3.2をお皿に盛り、ハーブやスプラウトをお好みで飾る。

マグロのチーズタルタル

魚料理には白ワインと思いがちですが、赤身のまぐろには軽めの赤ワインもよく合います。


今回のタルタルには、バルサミコ酢の酸味を隠し味に加えました。適度な酸味とコクがあると、赤ワインに寄り添うポイントになります。

マグロのソテー サルサソース

マグロのソテー サルサソース

シンプルにバターソテーしたまぐろに、ピリ辛のサルサソースを合わせました。


サルサソースにはたっぷりの野菜と辛みがあるので、食欲が増します。厚めに切って、ソースをたっぷりのせて召し上がれ!


【材料 2人分】

マグロのソテー サルサソース_材料

まぐろ 1柵(150~200g)

塩 少々

バター 10g

Aトマト 1個

Aピーマン 1個

Aパプリカ(赤・黄) 各1/4個

A紫玉ねぎ 1/4個

Aにんにく 1/2かけ

Aカシューナッツ 5~6粒

Bオリーブオイル 大さじ1

B塩 小さじ1/2

Bスイートチリソース 大さじ1

Bライム・果汁 大さじ1

Bこしょう 少々


【作り方】


1.Aを全て5㎜幅ほどに細かく刻む。ボールにAとB を入れて合わせておく。

マグロのソテー サルサソース_工程

2.マグロは半分に切る。両面に塩をし、10分ほど置き、水分を拭き取る。


3.フライパンにバターを入れ温め、2を両面焼く。

マグロのソテー サルサソース_工程

4.お皿に盛り、ソースをかけて出来上がり。

マグロのソテー サルサソース

フレッシュ野菜の食感と、辛みのあるサルサソースの味わいには、スッキリとした味わいのロゼワインがおすすめです。


白ワインより重く、赤ワインよりも軽めなロゼワインは、魚料理にも合わせやすいワインです。


赤身のまぐろの肉質にバターが絡まり、ピリ辛なソースにもロゼワインが寄り添います。

まとめ

魚料理は、白ワインと決めがちですが、赤身のまぐろはロゼワインや赤ワインとも好相性です。


今回の料理は、どれも簡単なステップで調理できます。ぜひお好みのワインとのペアリングをお楽しみください!

    この記事をシェア

    公式SNS・APP

    最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

    line お友達登録

    お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

    公式アプリ

    ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

    ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。