<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


【今日のワイン】大空を舞う渡り鳥に思いを馳せて「カイケン・スパークリング・ブリュット」

山本大介
山本大介
今日のワイン
公開日:2021.5.27
更新日:2021.10.22

皆様こんにちは。松山三越店の山本です。

いつもは「今日のワイン」の原稿を書くとき、仕事終わりにゆったりとワインを頂きながら書くのですが、今回はあまりの美味しさに飲むピッチが早まり、気が付けば綺麗に飲み干しておりました。


というわけで、カーテンの隙間から差す朝日とともに今日のワインのご紹介です。(正確には昨日のワインですが。)

カイケン・スパークリング・ブリュット。

こちらはアルゼンチンで造られるスパークリングワイン。ピノ・ノワール種とシャルドネ種のブレンドでシャンパーニュと同じ瓶内二次製法で造られる1本です。

外観は輝きのあるイエロー。泡立ちも力強く、エネルギッシュでビバシティ(活力)に富んだワインであることが伺えます。

香りは青りんごや洋ナシのようなアロマに加えて、熟成由来のトーストやナッツの香りも十分に感じ取る事ができます。ついつい2杯目、3杯目と注ぎ足してしまう1本です。



ちなみに生産者でありワイン名にもなっている「カイケン」とはアンデス山脈の渡り鳥、ガンの現地名。元々、チリに本拠地を置くワインメーカー「モンテス」が隣国アルゼンチンでワインメイクを始めたときの「新たな挑戦の象徴」として名づけられたそうです。

私にとってワインは「頑張った自分へのご褒美」です。


仕事終わりに頂く1杯は一層美味しく感じられますし、明日からの日々を前向きに過ごすための勇気をくれます。いつもそっと背中を押してくれる頼もしい存在です。


さて、そろそろ支度をする時間となりました。


今日も良い一日を過ごせますように。大空を舞う渡り鳥に思いを馳せて。


この商品はこちら
山本大介
山本大介

JSA認定ソムリエ 1991年、愛媛県松山市生まれ。愛媛大学出身。 大学卒業後は他業種でデスクワーカーとして勤務。 学生時代からの夢だったサービスの仕事を志し、25歳の夏より、地元のイタリアンでサービスに従事。 2017年10月の松山三越店の新規オープンに合わせてエノテカに入社。

この記事をシェア

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.