【今日のワイン】春の香りをワインに探して「サン・ポーロ ルービオ」

こんにちは!エノテカ・オンラインの川相です。暖かい日が続くようになりました。

外に出ると、暖かな陽気や咲いている花で春の訪れを実感します。

自宅の周りに桜並木はありませんが、庭や玄関先にネモフィラやチューリップなどの花を植えているお宅をよく見かけます。

ところで花と言えば、ワインの香りの表現に欠かせない存在。

多様な花が表現に使われていますが、日本ソムリエ協会の教本には一例として10種類程度が紹介されています。

その中の一つがスミレ。赤ワインの表現に幅広く使用されている、ポピュラーな花です。

今ではいい思い出ですが、ソムリエ試験を受けた時は香りの想像がつかず、恥ずかしながら園芸店にこっそり嗅ぎに行ったことがあります。

花が触れるか触れないかというところまで顔を近づけていた私を、恐らく店員さんも怪しんでいたことでしょう。

そんな思い出のスミレは春の花。4~5月に開花するそうです。

そこで今回は、スミレの香りが感じられるワインをご紹介いたします。

それがこちらの「サン・ポーロ ルービオ」。イタリア・トスカーナで造られる赤ワインです。

チェリーやラズベリーのアロマの奥から、フワッと漂ってくるスミレの可憐な香り。

野に咲く花を偶然見つけたかのような嬉しさがあります。

口に含むと広がる、フレッシュでピュアな果実の風味と、上品な酸味。華やかでチャーミングな味わいは春にぴったり。

開けたてよりも少し時間をおいた方が、香りが豊かになるのでオススメです。

ワインの中にどんな花の香りがあるのか考えるのも、春らしい楽しみ方ではないでしょうか。

皆さんもぜひ春の香りをワインに探してみてください。

今回紹介したワインはこちら