ブームの兆し!“缶入りワイン”の秘めた魅力

缶ワイン

普段皆さんがよく飲むワイン、ほとんどがボトルに入っていませんか?そのためワインはボトルに入っているものと思いがちですが、実はそうでもないんです。

数年前から“缶入りワイン”(以下、缶ワイン)が市場に出回り始め、2019年頃からはアメリカを中心に人気急上昇中!

「え、何それ。美味しいの?」と警戒したそこのあなた。ぜひ、今回の記事でご紹介する缶ワインの魅力を読んで、これまでの先入観を打ち破ってみてください!

今、缶ワインがブーム!

缶ワイン

缶ワインとはその名前の通り、缶に入ったワインのことです。日本で売られている清涼飲料水やビールなどが入った350mlや500mlの缶よりも、少し小さめのサイズが多く流通しています。

プルタブを開けたらそのまま飲めるビールのような手頃感から、キャンプやスポーツイベントなどの野外シーンにピッタリ。またボトルよりも軽く、瓶の持ち込みが禁止されているスタジアムや公園でも気軽に楽しめること、ワインオープナーが必要ないこと、少量の飲みきれるサイズであることなどがブームを後押しし、アメリカではここ数年で缶ワインの需要が急激に上昇してトレンドとなっています。

日本でも数年前からスーパーやデパートに置かれるようになり、最近ではコンビニでも見かけることが多くなってきました。

幅広いワインシーンで活躍している有名ソムリエの石田博さんが監修しているレストラン「RIGOLETTO」でも、カリフォルニア産の缶ワインが採用されるなど、じわじわとブームの兆しがあるようです。

缶ワインのメリット

・遮光性や気密性に優れているために長期に渡って風味が長持ちする。

・スクリュータイプのものだと、外出先で飲み途中に蓋をして移動したり、時間を置いて飲んだりすることができる。

・グラスが必要ないために、外出先で手軽に飲むことができる。グラスを割る心配がない。

・アルミ缶は瓶に比べて再利用率が高いため環境に優しい。

・少しだけ飲みたい日にちょうど良い量(グラス2杯程度)で、飲みすぎ防止にもなる。

・カラフルでポップな見た目が親しみやすい!

世界初の缶ワイン

缶ワイン

こんな魅力にあふれた缶ワインは、オーストラリアのビクトリア州に本社をおくバロークス社が20年以上に渡る研究開発の末、世に生み出しました。

それまではワインの強い酸が飲料缶の金属部分を溶かしてしまうため、ワインを缶に入れたとしても品質や風味を維持することはできませんでした。

しかし同社は、缶の内側をコーティングするというパッケージシステム「VINSAFE」を考案し、この問題を解決。特許を取得し、5年もの間、缶ワインの品質を保つことに成功しました。

また缶に採用した技術だけでなく、ワインの品質や風味、味わいにも徹底したこだわりを見せています。

世界で約340人しかいない最も権威あるワイン資格「マスター・オブ・ワイン」のピーター・スカダモア・スミス氏が、契約した優良ワイナリーから缶ワインにするためのワインを買い付けており、ブレンドや品質管理も厳格に行っています。

ワインを知り尽くしたマスター・オブ・ワインお墨付きの缶ワインは、これまでに世界中で多くのファンを獲得し、数々の賞を受賞しました。

このような功績も相まって、缶ワインという革新的なカテゴリーを誕生させたパイオニア的存在となり、日本でも2005年の発売以降、多くのファンに知られた存在となっています。

まとめ

これまで以上にワインを気軽に楽しめる缶ワインは、アウトドアシーンだけでなく自宅でもお手軽に楽しめます。

これまではビール派だったけど、ちょっとワインにも手を出してみようかなと思った方はぜひ、缶ワインからチャレンジしてみてくださいね。

その手軽さに、ついついハマってしまうかもしれませんよ!

<参考>

・バロークス公式サイト(https://wineinacan.com/)