<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ピーター・マイケル ワイナリー PETER MICHAEL WINERY

アメリカ
  • アメリカ
  • カリフォルニア
  • ソノマ
  • ノース・コースト
ピーター・マイケル ワイナリー / PETER MICHAEL WINERY ワインボトル

カルトワインの称号をもつ、ソノマワインの頂点の一角

ピーター・マイケル・ワイナリーは、かつてワイン・スペクテーター誌の年間TOP100において第1位を獲得。またワイン・アドヴォケイト詩でも手掛けるワインが100点満点を獲得するなど一躍スターダムを駆け上がり、近年入荷困難を極める、稀少なカリフォルニアのプレミアムワインです。
目次

異色の経歴を持つカリスマ生産者

ソノマワインの頂点の一角に君臨し、カルトワインの称号をもつピーター・マイケル。「世界中の多くの偉大なワインを飲み、そして考え抜いた結果、偉大なワインとは、適切な果実を選び、それらを適切な土地に植えた結果である、ということがはっきりした。」そう語った人物こそが、本国イギリスへの多大なる功績から "Sir=士爵" の称号を授かった実業家、ピーター・マイケルであり、このワイナリーの設立者その人です。

1980年代にコンピューターグラフィック装置を開発、1990年代には米国進出を果たしたラジオ局の設立、その後ロンドンにレストランをオープンし瞬く間にミシュラン星付きレストランへと導き、天才的手腕の実業家として地位を築きました。富と名声の全てを手にしたマイケル氏は、40代で早くも「大自然への回帰」を望み、妻のマギーとともに1982年にカリフォルニアへと移住。カリフォルニアの地で飲んだ1杯のワインに感動したことをきっかけにワイナリー設立を決心しました。
ワイナリーのモットーは至ってシンプルで、フランスの伝統的な銘醸地ボルドーやブルゴーニュに倣い、最高のブドウと厳選された樽、そして昔ながらの醸造テクニックを用いてワインを造ること。フランスのスタイルを模したワインを造るのではなく、その卓越した技術を持ち込むことで、カリフォルニアワイン独自の品質を確立すること。

そんな彼らは、テロワールを120%表現するため畑の選定とスタッフの人選に尽力。山肌の急な斜面に畑を開墾し、フランス・ブルゴーニュのクリマの概念により、シングル・ヴィンヤードのワインを醸造しました。初代ワインメーカーには、数々のカルト・ワインを手掛けたワインの女神、ヘレン・ターリー女史が着任。2020年からはコンティニュアムエステートなどで経験を積んだ実力派のロバート・フィオーレ氏が担当し、「パワーよりもエレガンス」に重点を置いたワイン造りが行われています。

至極のワインが生み出される厳選されたテロワール

ピーター・マイケル氏は「世界に通用するカリフォルニアワインを造る」ためにふさわしいテロワールを、7年もの歳月をかけ探し求めました。そして1983年、ついに理想とする畑を252ha購入。そこは当時ブドウ畑が全く存在していなかったソノマ州のナイツ・ヴァレーに位置する、セント・ヘレナ山。

ナイツ・ヴァレーA.V.A.は、今でこそ数多のプレミアムワインの集積地となっているものの、当時山岳斜面は全くの未開地でした。ワインメイキングはもちろん畑に関して何一つ知識を持っていなかったピーター・マイケル氏が、今やパーフェクト・プレイスと呼ばれるこの地を見出したエピソードは、その卓越した感性を象徴するものであり、ピーター・マイケルのワインが「芸術品」、あるいは「感性のオブジェ」と讃えられる発端となっています。

それから数年をかけて西向きの麓にある火山性土壌の土地を開墾していき、標高の低い温暖な場所にはボルドー品種を、標高の高い涼しい場所にはシャルドネ植えていきました。土壌のユニークな個性を生かすため、パズルのように細かく入り組んだ区画を設け、土壌、地形、日照の条件を基に、栽培品種、台木、畝の向き、密植度、排水方法を決定しました。

1998年には、トゥルー・ソノマ・コースト(現在のフォート・ロス・シービューA.V.A.)に161haの土地を購入。沿岸と山間の2つの特徴を併せ持つ土地で、春~夏の生育期を通してかなり冷涼な気候で、標高の高い部分はブドウが完熟するのに十分な日照量を得ることが出来ます。この土地に2006 年と2007年にピノ・ノワールを植樹。更に2009 年にナパ・ヴァレーを見下ろすオークヴィルの山間に16.5haの土地を購入、ソノマだけではなくナパ・ヴァレーへの進出も果たしています。

数々のタイトルを獲得し、入手困難を極めるワイン

ピーター・マイケル・ワイナリーでは、ブドウは農薬を使用しないバイオダイナミック農法に基づき栽培。極力人の手を加えず自然に任せることで、テロワールの個性をブドウに最大限反映させます。そのブドウは選果されながら収穫。その後赤ワイン用のブドウは房ごとではなく粒ごとに選果台で3回、除梗後さらに2回の徹底した選別が行われます。

白ワイン用のブドウは一房ごとに手で優しくプレス。発酵はブドウに付着する天然酵母を使用し、100%フレンチオークで熟成が行われます。その結果、ワインは香りの複雑性を増し、驚くべき舌触り、まろやかさ、余韻の長さが生まれます。瓶詰めはノンフィルターで行われ、果実の本来の味わいが表現されています。

そうして生み出されるワインは、ワイン・スペクテーター誌の格付けでは最高評価となる五つ星を獲得。 2010年には同誌の年間TOP100にて2008年ヴィンテージのマ・ベル・フィーユ エステート シャルドネが白ワイン部門で第1位、総合世界第3位に選出されました。2013年にはワイン・アドヴォケイト誌にて、手掛ける3種のピノ・ノワールのうち2本が、カリフォルニア・ピノ・ノワールワイン史上初の100点を獲得。

同号にて最新2012年ヴィンテージのシャルドネも掲載され、こちらもなんと史上最高の評価を獲得。また2015年には、ワイン・スペクテーター誌の年間TOP100にて、オー・パラディ・エステート・カベルネ・ソーヴィニョンが第1位に選出。数々のタイトルを手にし、カリフォルニアが世界に誇るトップワイナリーとしての地位。手掛けるワインは入手困難を極めています。

商品一覧

2 件

おすすめ順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.