<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ドメーヌ・デ・ランブレイ DOMAINE DES LAMBRAYS

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • モレ・サン・ドニ
  • コート・ド・ニュイ
ドメーヌ・デ・ランブレイ / DOMAINE DES LAMBRAYS

不遇の時代から復活、ブルゴーニュの歴史を変えた偉大なドメーヌ

クロ・デ・ランブレイと言えば、"コート・ド・ニュイの宝石"とも賞される、愛好家垂涎のグラン・クリュ。ドメーヌ・デ・ランブレイはこの特級畑の99%以上を所有しており、モノポール(単独所有)といっても過言ではありません。
目次

不遇の時代からの復活、ブルゴーニュの歴史を変えた特級畑

コート・ド・ニュイ地区の中央、「グラン・クリュ・ルート」と言われる街道沿いに位置するモレ・サン・ドニ。その心臓部に特級畑クロ・デ・ランブレイはあります。1365年のシトー会修道院の記録証書にもその名前が残るほど歴史を持つこの畑は、400年以上もの間修道院によって守られてきました。フランス革命以降は74もの区画に分割されましたが、1630年よりジョリー家が土地の買戻しを始め、1868年ロディエ家によってようやく完了。

その後不遇の時代を経て、1979年にオーナーとなったサイエ家は、畑の抜本的な改革を行うため、INAO(国立原産地名称研究所)の技術部門で働いていた栽培と醸造のスペシャリスト、ティエリー・ブルーアン氏を醸造長に起用。ティエリー氏は、彼の持つワイン造りの知識のすべてを注ぎ込み、畑と醸造の改革に取り組み、見事な復活を遂げました。その結果、1981年にはAOC法施行後初めて、一級畑から特級畑へ昇格を果たしたのです。

これはブルゴーニュの長い歴史の中でも史上初の快挙でした。さらに1996年からフレウント家がオーナーとなると、醸造設備を一新し、若樹の区画を格下げするなど様々な改革を推し進めることで、クロ・デ・ランブレイはかつての名声を見事取り戻すことに成功しました。
2014年からはLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)がオーナーとなり、ティエリー氏が2016年まで醸造長として指揮を執りました。2017年6月からは、ジャン・ピエール・ムエックス社や、カリフォルニア・ナパヴァレーのドミナス、ルイ・ラトゥールの醸造責任者を務めたボリス・シャンピィ氏を後任として採用。2017年、2018年ヴィンテージはボリス氏が醸造を担当しました。

その後2019年3月にはドメーヌ・クロ・ド・タールの総支配人だったジャック・ディヴォージュ氏が支配人に就任。ディヴォージュ氏はブルゴーニュ大学在籍時に、ティエリー氏の下で研修を受ています。彼は濃厚なピノ・ノワールを造っていた1980年代に全房発酵を取り入れ、優しい抽出を行ったティエリー氏の先見性を尊敬しており、ティエリー氏の意志を引き継ぎ、今後新たなクロ・デ・ランブレイの歴史を作っていくでしょう。

多様なテロワールで育つ古樹から生まれる、クロ・デ・ランブレイ

ドメーヌ・デ・ランブレイは特級畑クロ・デ・ランブレイを約8.7ha所有しており、特級畑全体の99%以上を占めています。モレ・サン・ドニの特級畑の中で最も急斜面で標高250mというブドウ栽培に理想的な場所に位置しています。最近では、畑を掘り起こして地質調査を行い、クロ・デ・ランブレイは、

①ウミユリ石灰岩(畑全体の低い部分)
②砂岩質(0.5㎝ほどの小さな石で構成されている)
③プレモー石灰質(プレモー・プリセ由来)
④小石(拳大の石で構成されている)
⑤粘土石灰質

上記5種類もの異なる地質の畑で構成されているということが判明しました。 これほど地質の種類が多い畑というのは稀で、これらの多様なテロワールをひとつのドメーヌが所有しているからこそ、クロ・デ・ランブレイにしか出せない複雑味が生まれるのです。
またクロ・デ・ランブレイの畑には平均樹齢30~60年のブドウが植えられており、またそれ以上の古樹も植えられています。ブドウ栽培においては馬による耕作を実践することで、土を柔らかくし呼吸ができる状態にするため、柔らかな土壌に植えられたブドウは地中深くまで根を張りることができ、十分な養分をより吸収することができます。

また根が横に広がらないよう植樹密度は 1~1.2万本/haを維持。また通常ブルゴーニュの畑は、ブドウの枝を1本の長い針金で固定し、多くの場合は丘から平地に向かって縦方向に張り巡らしますが、ランブレイの畑では馬で耕しやすいように横方向に固定されていることも大きな特徴です。

全房発酵が生み出す、骨格とエレガンスを兼備したスタイル

収穫は1haあたり平均30hLと低収量で、手摘みで行います。赤ワインにおけるランブレイの特徴の一つが、基本的に除梗をしないこと。茎を一緒に入れる利点は、発酵時の温度上昇が緩やかになり、ゆっくりと発酵が進むことと、茎からタンニンだけでなく穏やかな酸がとれるため。これらの効果により、滑らかで上品なワインが生まれます。ただし雹が降って茎が傷ついた場合はその傷から苦味が出てしまうため、ヴィンテージ毎に細かい調整を行い、除梗の割合を決定しています。
醸造は重力に従って行い、ブドウの実や茎に傷を付けないよう行います。ブドウを収穫後、ヴィンテージによって全房発酵比率を決定し、ステンレスタンクで2週間発酵を行います。1日1回ルモンタージュ、必要に応じてピジャージュも実施。発酵後は新樽比率50%のオーク樽で12~18ヵ月間熟成を行います。こうして造られるワインは、"衣の中の鎧"と表現されるように力強さとしなやかさを兼ね備え、しっかりとした骨格を持ちながらもエレガント。複雑な構成の中に濃度の高い旨味が広がります。

商品一覧

4 件

おすすめ順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.