<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


リニエ・ミシュロ LIGNIER MICHELOT

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ジュヴレ・シャンベルタン
  • コート・ド・ニュイ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • モレ・サン・ドニ
  • コート・ド・ニュイ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • シャンボール・ミュジニー
  • コート・ド・ニュイ
リニエ・ミシュロ ワインボトル

モレ・サン・ドニの未来を担う注目ドメーヌ

デュジャックやポンソなど、愛好垂涎の錚々たるドメーヌがひしめく銘醸地、モレ・サン・ドニ。そんなモレ・サン・ドニの地で、近年めきめきと頭角を現しているのが、「ドメーヌ・リニエ・ミシュロ」です。リニエ・ミシュロは、フランスきってのワイン評価誌「旧クラスマン」の2007年度版にて、ブルゴーニュ全体でも5軒しか選ばれない“Nouveau domaine et Domaine a suivre(初掲載かつ注目すべき生産者)”として紹介された実績を持つ、新進気鋭の生産者です。

最新2019年ヴィンテージが一斉入荷!


今回は最新2019年ヴィンテージが入荷いたしました!リニエ・ミシュロのワインは、美しさとフィネスを追求したエレガントなスタイルが魅力。2019年のクロ・サン・ドニ グラン・クリュはヴィノス誌にて95-97点を獲得し、またクロ・ド・ラ・ロッシュ グラン・クリュは94-96点の高評価を獲得しています。今後も快進撃が止まらないことが予想される、ブルゴーニュワインラヴァー最注目の生産者です。人気キュヴェは数量限定につき、ぜひこの貴重な機会をお見逃しなく。

今後のモレ・サン・ドニを担う新進気鋭のドメーヌ

モレ・サン・ドニに本拠地を構えるドメーヌ、リニエ・ミシュロは、家族経営の小さなドメーヌです。現在当主を務めるのは、3代目のヴィルジル・リニエ氏。1960年代~1980年代に祖父がブドウ農家を始め、1980年代よりブドウ農家をしながら、一部、ドメーヌ元詰めのワイン造りを始めました。


1988年より、2代目の父のもとブドウ栽培について学び、2000年よりドメーヌを引き継ぎました。所有する畑は、約11.5haの15アペラシオン。クロ・ド・ラ・ロッシュ、クロ・サン・ドニのグラン・クリュをはじめとするモレ・サン・ドニの優良区画を中心に、ジュヴレ・シャンベルタン、シャンボール・ミュジニーなどにも畑を所有しています。

元々、ヴィルジル氏はロベール・グロフィエやダヴィッド・デュヴァンと交流が深く、品質向上に向けて意見交換を行いながら刺激を受けていたとのこと。中でも、ドメーヌ・デュジャックの醸造担当であるアレックス・セイス氏は彼の実力を認める1人として知られています。


そんなリニエ・ミシュロが注目を集めるきっかけとなったのは、辛口で知られるフランスきっての評価誌「旧クラスマン」の2007年度版に、ブルゴーニュ全体でも5軒しか選ばれない“Nouveau domaine et Domaine a suivre(初掲載かつ注目すべき生産者)”として紹介されたこと。


更に、同誌の2009年度版では、デュジャック、フレデリック・マニャン等に並ぶ1ツ星評価を獲得。また、フランスの有名ワイン誌 「アシェット・ワインガイド」の2011年度版では3ツ星に昇格するなど、今後のモレ・サン・ドニを担うドメーヌとして、期待が高まっています。

極限までの選果を徹底する、入念な畑仕事

ワイン造りにおいて、リニエ・ミシュロでは、茎までしっかりと熟したブドウを収穫すべく、念入りな畑仕事に重点を置いています。ブドウ栽培については、リュット・レゾネを導入し、部分的に有機農法を取り入れています。特筆すべきは、徹底した選果方法。ブドウは手摘みで収穫した後、2段階に分けて選果を行います。1段階目で質の悪いブドウを取り除き、2段階目では全房発酵用の茎まで熟した房を厳しく選定します。


このような念入りな選果を行うのには、理由があります。2006年よりデュジャックやD.R.Cと同じく、全房発酵を積極的に導入しているため、より質の高いしっかりと熟したブドウが必要となるからです。醸造については、抽出しすぎないように発酵温度や味わいを適宜チェックしながら、最低限のピジャージュ(櫂入れ)を行います。

ピノ・ノワール本来の魅力を引出した、エレガンス溢れるブルゴーニュワイン

こうして丁寧に造られる、リニエ・ミシュロのワインは、ピノ・ノワールのピュアな果実味の美しさを引き出した、エレガンス溢れるスタイル。ヴィルジル氏は、ピノ・ノワールの本質はこの美しさとフィネスにあると考え、その魅力を最大限引き出す方法を常に追及し続けています。


元々、リニエ・ミシュロのワインは、父の代までは抽出を強くし、タンニンがしっかりとした長期熟成タイプのワインを生産していましたが、ヴィルジル氏の代よりスタイルを大きく変更。「醸造テクニックよりも、ブドウ本来の力を最大限引き出したい。」というポリシーの元、早くから愉しめるスタイルのワインを造り出しています。


このピノ・ノワールの本質を見事に引き出したスタイルでヴィルジル氏は手腕を発揮し、2019年のクロ・サン・ドニ グラン・クリュはヴィノス誌にて95-97点を獲得、クロ・ド・ラ・ロッシュ グラン・クリュは94-96点の高評価を獲得しています。今後も快進撃が止まらないことが予想される、ブルゴーニュワインラヴァー最注目の生産者です。

全ての要素が溶け合い、圧巻のバランスをみせる2019年ヴィンテージ

2019年のブルゴーニュは初夏の暑さによる水不足で収穫量が大きく減少し、ブドウの生命力と栽培家の力量が試された年となりました。多くの地域で前年と比べて収量が20~50% 下がりましたが、激しい気温の変化によって収穫期を迎えたことで、収穫されたブドウは豊富な酸と美しいまでにピュアなアロマを兼ね備えた素晴らしい出来栄え。2018年のワインが緻密なボディや凝縮感のあるスタイルであるのに対して、2019年のワインは調和のとれた魅力的な味わいに仕上がっています。


リニエ・ミシュロに関しては、「果実の旨味はしっかり感じるが、酸とミネラルそして綺麗なタンニンのバランスが素晴らしい」仕上がりになりました。口当たりは柔らかく、凝縮感のある果実味が特徴。若いうちからそのふくよかな果実味が愉しめます。

今回入荷したアイテムはこちら▼

手頃な価格で愉しめる入門キュヴェ

コトー・ブルギニヨン・ブラン キュヴェ・アクセル

コトー・ブルギニヨン・ブランの域を超えたリッチさが魅力の1本


コトー・ブルギニヨン・ブラン キュヴェ・アクセル

リニエ・ミシュロ
4.0 (1)
ライトボディ
3
フルボディ

2019

4,950

(税抜価格4,500円)

リニエ・ミシュロのスタイルが堪能できる村名キュヴェ

シャンボール・ミュジニー ヴィエイユ・ヴィーニュ

バラの花束を思わせるような華麗なアロマ漂う、繊細でエレガントなスタイル


シャンボール・ミュジニー ヴィエイユ・ヴィーニュ

リニエ・ミシュロ
4.5 (2)
ライトボディ
2
フルボディ

本数限定

2019

10,230

(税抜価格9,300円)

モレ・サン・ドニ アン・ラ・リュ・ド・ヴェルジィ

優良区画のブドウから造られる、ピノ・ノワールの美しさとフィネスを見事に表現した1本


モレ・サン・ドニ アン・ラ・リュ・ド・ヴェルジィ

リニエ・ミシュロ
4.0 (2)
ライトボディ
2
フルボディ

2019

10,230

(税抜価格9,300円)

  • V 92-94

畑の個性を堪能する上質なプルミエ・クリュ

モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ オー・シェゾー

黒系果実の熟したアロマと長い余韻が印象的な、力強く旨味の詰まった1本


モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ オー・シェゾー

リニエ・ミシュロ
ライトボディ
2
フルボディ

17,600

(税抜価格16,000円)

ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ オー・ミュルジュ

ブルゴーニュのワインらしい魅力に溢れた、穏やかでエレガントな味わい


ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ オー・ミュルジュ

リニエ・ミシュロ

18,700

(税抜価格17,000円)

モレ・サン・ドニを代表する偉大なグラン・クリュ

クロ・ド・ラ・ロッシュ グラン・クリュ

重厚感と華やかさを兼備した、力強いスタイル


クロ・ド・ラ・ロッシュ グラン・クリュ

リニエ・ミシュロ
ライトボディ
2
フルボディ

2013

47,300

(税抜価格43,000円)

  • V 92+
  • WA 95

商品一覧

14 件

おすすめ順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.