<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ PRODUTTORI DEL BARBARESCO

イタリア
  • イタリア
イタリア
  • イタリア
  • ピエモンテ
プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ / PRODUTTORI DEL BARBARESCO ワインボトル

評論家から高評価を受けるコスパ抜群の偉大な生産者組合

イタリア、ピエモンテに本拠を置くワイン生産者組合、プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ。ロバート・パーカー氏をして「世界のどの協同組合よりも高水準のワイン造りを継承している」と言わしめる偉大な組合であり、彼らが手掛けるワインは、バルバレスコの入門編としてまさにふさわしいと定評がある造り手です。

目次

ネッビオーロのみのワイン造りを続ける、ピエモンテの生産者組合

ネッビオーロ種から造られる最高級赤ワインの一つ、バルバレスコ。今では「王のワイン」と呼ばれイタリアワインを代表するバローロに並ぶ「女王のワイン」として知られていますが、19世紀末までは、バローロ程の知名度はなく、バルバレスコで採れたブドウでバローロのワインが造られることもよくありました。

バローロとバルバレスコの違いを初めてラベルで明確に区別したのが、1894年に9つのブドウ農家を結集しバルバレスコ初の生産者組合カンティーネ・ソシアーリを創設したドミツィオ・カヴァッツァ氏です。同組合は1930年に解散しましたが、1958年に小さなブドウ農家を存続させるため、教会の司祭の下19のブドウ農家が結集。こうしてプロドゥットーリ・デル・バルバレスコが誕生したのです。


小規模農家は再び力を合わせ、ドミツィオ・カヴァッツァ氏が始めた仕事を引き継ぎつつ、ネッビオーロのみのワイン造りに取り組み続けています。

複雑で力強い、バルバレスコのクラシックなスタイル

現在では50以上の農家が加盟しており、畑面積は110haに及びます。組合の方針で各畑は、所有者の農家が独自に管理し、伝統の手法を守りながら上質なネッビオーロを栽培。農家の報酬は品質で決められており、糖度やタンニンの熟度などを厳格に測定し、厳しい基準によって質の高いブドウの栽培が行われています。

畑は日当たりの良い丘陵地、海抜200から400mの場所に位置。石灰粘土質で、砂質の脈層を含む、カルシウムに富んだ土壌が特徴です。畑のなかでもエリアによって様々な特徴の土壌を備えているため、独特の個性を持つ複雑で力強いワインが生みだされています。

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコのワインには、樹齢7年以上の畑から選定した凝縮感のある濃厚なバルバレスコと、樹齢7年以下の若い畑から採れた軽快な味わいのランゲ・ネッビオーロがあり、特に良い収穫年にのみ、単一畑のリゼルヴァが9種類生産されています。醸造のスタイルは、全てのキュヴェにおいて大樽を用いた伝統的なスタイルが特徴。特に、バルバレスコについては長期熟成を前提とした骨格あるワインを生み出しています。

2大評価誌も認める驚異の高評価

エノテカのバイヤーがプロドゥットーリ・デル・バルバレスコに訪れた際に、現在の組合責任者であるアルド・ヴァッカ氏は、イタリアワインの帝王と称される造り手であるガヤの名前を挙げ、バルバレスコについて「バルバレスコの存在を世界へ広めたのは、間違いなくガヤだが、名が知れ渡るとともに、実際に多く消費されてきたバルバレスコはプロドゥットーリである。」と語っています。彼の言葉通り、今では多くの人に親しまれているプロドゥットーリ・デル・バルバレスコ。


世界的な評論家のロバート・パーカー氏は、この組合について、ワイン・アドヴォケイト1990年2月28日号で「世界のどの協同組合よりも高水準のワイン造りを継承している」と評価。造り手たちの努力が実を結び、偉大なワイン産地における偉大な造り手としての地位が確立されるまでとなったのです。

近年では、プロドゥットーリ・デル・バルバレスコが手掛ける、バルバレスコ・リゼルヴァ・アジリの2011年ヴィンテージが、ワイン・スペクテーター誌の2016年トップ100において世界第2位を獲得しています。これほどの高評価でありながら、フラッグシップのバルバレスコは本体価格で5,000円台、稀少な単一畑キュヴェも1万円以下で手に入るという、ピエモンテファンには堪らない造り手です。

商品一覧

4 件

おすすめ順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.