<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ラ・モット LA MOTTE

南アフリカ
  • 南アフリカ
ラ・モット / LA MOTTE ワインボトル

エレガントなフレンチスタイルを造る、南アフリカきっての名門

手掛けるワインが「南アフリカ トップ100ワイン」「ナショナル・ワイン・チャレンジ」などで、次々と高い評価を受ける南アフリカの注目ワイナリー、ラ・モット。ぜひ、南アフリカでトップクラスの実力を誇るワインの数々をお愉しみください。

目次

南アフリカきっての名門ファミリー

ラ・モットの歴史は、17世紀にヨーロッパの入植者が喜望峰に到着した数世紀前にまで遡ります。南アフリカワイン産業の中心地、コースタル・リージョンのフランシュック・ヴァレーに位置するラ・モットの所有地は、1688年にフランスを離れて南アフリカへ移住したユグノー(フランスのキリスト教カルバン派教徒)たちが住んだ、「ラ・モット・デーグ」というフランス人の村にちなんで命名されたと言われています。


このユグノーたちのようなフランス難民は、この地域に土地を与えられ、のちに、この地は「フランス地区」を意味する「フランシュック」として知られるようになりました。

1752年、ユグノーの一人であったガブリエル・デュ・トゥーがまず4,000本のブドウの木を植え、この農園でのブドウ栽培を始めました。1970年には、世界的に有名な実業家であり「南アフリカワインの父」と呼ばれた故アントン・ルパート博士がこのラ・モットを購入。


現在は、娘のハンネリ・ルパート-ケーゲレンベルクと、世界中のワイン産地でワイン造りを学んできた夫のハイン・ケーゲレンベルクがオーナーとなり、家族経営でワイナリーを運営しています。ラ・モットはまた、歴史や文化の保護と従業員の教育・生活水準の向上にも重点を置き、南アフリカの伝統料理を現代に甦らせた料理で有名なレストランも経営していることでも知られています。

伝統的手法と現代科学を融合した、エレガントなフレンチスタイル

ラモットのワインに使用されるブドウは、主に南アフリカのワイン造りの中心地、コースタル・リージョンにあるフランシュック地域や、冷涼な産地として注目を集めるケープ・サウス・コースト地域に位置する畑から収穫されます。ブドウ栽培の第一人者、ピーティー・ル・ルー氏が監督するラ・モットのブドウ畑は、衛星モニタリングやブドウの木の赤外線スキャンなどの、世界でも最先端の技術を使って管理されています。

ラ・モットのブドウは、提携している家族経営の農園やラ・モットが管理しているさまざまな地域のブドウ畑で栽培され、セラーに届けられます。ラ・モットのセラーでは、受賞歴のあるセラー・マスターのエドムンド・テルブランチ氏が、伝統的手法と現代科学を組み合わせた方法でワイン造りを行います。

フランス地区に由来するワイナリー、ラ・モットが目指すワイン造りのコンセプトは「フレンチスタイル」。フランス・ローヌの偉大なワインを目指して造られた「ピアニーフ・シラー・ヴィオニエ」をはじめ、サンセール意識して造られた「ピアニーフ・ソーヴィニヨン・ブラン」、ボルドースタイルの「ラ・モット・ミレニアム」「ラ・モット ソーヴィニヨン・ブラン」など、エレガントなフレンチスタイルのワインをリリースし、数々のコンクールで受賞履歴を誇ります。


セラーは、環境への影響に関するHACCPとISO 14001の認定を受け、規程を厳密に遵守しています。

商品一覧

4 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.