<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

ドメーヌ・ブラン・スール・エ・フレール DOMAINE BLAIN SOEUR & FRERE

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ボジョレー
ドメーヌ・ブラン・スール・エ・フレール / DOMAINE BLAIN SOEUR & FRERE ワインボトル

話題の産地ボジョレーの次世代ドメーヌ

ボジョレー・ヌーヴォーとして日本にもなじみのあるフランス・ブルゴーニュ地方の産地、ボジョレー。近年、その多様なワインのスタイルから銘醸地としての人気を確立しています。ブラン・スール・エ・フレールは、そんなボジョレーの地で果敢にワイン造りに挑戦している生産者です。

目次

近年注目を集める、クリュ・デュ・ボジョレー

フランスワインの一大生産地、ブルゴーニュ地方の南端に位置する地区、ボジョレー。毎年11月の第3木曜日にはその年の新酒であるボジョレー・ヌーヴォーが解禁され、日本中で愉しまれています。そんなボジョレー地区ですが、コート・ド・ニュイなどの地質とは大きく異なり、その構成は北部が花崗岩主体、南部が粘土質・石灰質です。


その中でも、北部に独自の村名を冠することを許された10の地域があります。クリュ・デュ・ボジョレーと呼ばれるそれらの地域には、多様なテロワールが広がっており、使用されるブドウは新酒同様ガメイが主な品種です。

ボジョレーで育つ、古樹のガメイ

そんなクリュ・デュ・ボジョレーは現在、ワイン業界において高い注目を集めています。上述の通り、コート・ド・ニュイなどとは全く異なるテロワールやクリュ(区画)ごとの土壌の違い、そしてガメイから造られる多様なワインスタイルなどが魅力として業界に浸透。もはや「ブルゴーニュ」という言葉に括って説明することはできません。クリュ・ボジョレーに進出した生産者たちも次々に頭角を現しており、ますます注目を集めています。

10のクリュ・デュ・ボジョレー

多様な土壌を内包するコート・ド・ブルイィ

ボジョレー地区の北部に位置する10のクリュ・デュ・ボジョレーですが、村によってその土壌・特徴は細かに異なっており、ムーラン・ア・ヴァンは花崗岩の土壌に由来し、しっかりとした造りが多い一方で、モルゴンは片岩と古い火山岩の土壌から、力強く肉付きのある味わいのワインが造られます。


クリュ・デュ・ボジョレーの南側に位置するブルイィは最も面積が大きく、バラエティーに富んだ豊かな土壌。ブルイィの中央にはモン・ブルイィという火山活動によって隆起した山があり、その斜面に広がる小さなアペラシオンがコート・ド・ブルイィです。

コート・ド・ブルイィの丘からの展望

コート・ド・ブルイィの特徴として挙げられるのが、青みがかった石で構成された土壌。これらは「ピエール・ブルー」と呼ばれ、ブドウの樹が地中深くに根を下ろすのに役立ちます。造られるワインのキャラクターは芳醇で繊細、そしてコクのあるスタイル。


そんなコート・ド・ブルイィで2014年と新しく設立され、次世代ドメーヌとして果敢にワイン造りに挑戦しているのがブラン・スール・エ・フレールです。

シャサーニュ・モンラッシェ村からの挑戦者

ブラン・スール・エ・フレールで醸造・栽培を担当するのはマルク・アントナン・ブラン氏。広報などバックオフィスなどの業務は妹のルシー・ブラン女子が担当しています。彼らはシャサーニュ・モンラッシェ村でも高い信頼を寄せられるドメーヌ、ブラン・ガニャールのジャン・マルク・ブラン氏のご子息で、生まれながらにワインと接してきました。


幼い頃から収穫を手伝ったりと自然の中で育ったマルク・アントナン氏は、ワイン醸造にも興味を持ちます。家族からワイン造りの基礎・ノウハウを学び、16歳の頃から本格的にそのキャリアをスタートしました。両親のブラン・ガニャールだけでなく、祖父のガニャール・ドラグランジュを手伝うなど旺盛に挑戦。2005年に学校を卒業した後はオーストラリアやニュージーランドに滞在し、様々な品種やワインメイキングの知識を吸収します。

栽培・醸造を担当するマルク・アントナン・ブラン氏

2009年春頃からは、本格的に両親のワイナリーに参画。また、祖父亡き後のガニャール・ドラグランジュを引き継いでいます。そんなマルク氏はボジョレーのテロワールの多様性への関心とチャレンジ精神から何度も現地を視察。祖母の知り合いを通じて、コート・ド・ブルイィとブルイィに畑を取得します。


「同じ場所に異なる土壌が存在し、200~300m離れているだけで多様なワインを生むことが興味深く、新しい地、アペラシオン、品種に挑戦したかった」と彼は振り返り、今まで6ヴィンテージ生産。彼の予想に応えるかのように、それぞれのキュヴェにはテロワール、土地の個性がしっかりと表れています。

テロワールの個性溢れる、異なるスタイルの2銘柄

ブラン・スール・エ・フレールはテロワールの特徴からコート・ド・ブルイィ内で3つのキュヴェを生産。その中でも注目したいのがピエール・ブルーとレ・ジュモーです。どちらも畑はブルイィ山の斜面に位置しますが、ワインのスタイルは別物。ピエール・ブルーがミネラル感を含み、酸がフレッシュであるのに対し、レ・ジュモーは丸みを帯びたヴォリューム感のある味わいが特徴です。

ピエール・ブルー(左)とレ・ジュモー(右)

これらの違いには標高と土壌の違いがワインに深い影響を与えています。ピエール・ブルーは上部~中腹に位置しており、土壌は青みがかった岩が多く含まれる花崗岩土壌。対して、中腹~下部に広がるレ・ジュモーにはピンク色の粘土質と砂質が混じり込んでいます。区画ごとのブドウの特徴に合わせて、収穫や醸造も調整。低い場所に位置するレ・ジュモーから始め、頂上付近のピエール・ブルーを最後に収穫します。

ブラン・スール・エ・フレールが所有する区画のマップ

栽培ではどの区画も今までゴブレで仕立てていましたが、コルドン・ロワイヤルに変更。醸造においてはキュヴェごとに木製タンクとコンクリートタンクを使い分け。ヴィンテージにもよりますが、全房発酵を積極的に取り入れています。今回入荷したピエール・ブルー 2019年は45%で、レ・ジュモー 2019年は30%ほど。その他2銘柄は100%全房発酵しており、ほのかなスパイス感が感じられ、熟成はそれぞれのタンク内で8~12ヵ月間実施します。

醸造所の木製タンク(手前)とコンクリートタンク(奥)

おススメアイテムはこちら

▼コート・ド・ブルイィのテロワールを表現

アロマ画像1 コート・ド・ブルイィ・ピエール・ブルー アロマ画像2

ピノ・ノワールを連想させる、ミネラル感豊かでフレッシュな味わい。


コート・ド・ブルイィ・ピエール・ブルー

ドメーヌ・ブラン・スール・エ・フレール
4.2 (10)
ライトボディ
2
フルボディ

2019

3,960

(税抜価格3,600円)

アロマ画像1 コート・ド・ブルイィ・レ・ジュモー アロマ画像2

パワフルで熟成のポテンシャルを備えた、力強い仕上がり。


コート・ド・ブルイィ・レ・ジュモー

ドメーヌ・ブラン・スール・エ・フレール
3.5 (2)
ライトボディ
2
フルボディ

4,730

(税抜価格4,300円)

▼クリュ・デュ・ボジョレーを気軽に楽しむ

アロマ画像1 コート・ド・ブルイィ アロマ画像2

ガメイ特有の親しみやすさと果実の凝縮感が特徴の1本。


コート・ド・ブルイィ

ドメーヌ・ブラン・スール・エ・フレール
ライトボディ
2
フルボディ

2019

3,520

(税抜価格3,200円)

    この記事をシェア

    商品一覧

    4 件

    おすすめ順

    関連リンク


    お買い得情報

    飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

    「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。
    Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.