0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)

TENUTA TIGNANELLO (ANTINORI)

イタリアワイン界の名門アンティノリ。アンティノリのワインビジネスは1385年、ジョバンニ=ディ・ピエロ・アンティノリ氏がフィレンツェのワインギルドに加盟したことからスタートしました。現在ではイタリア全土に10以上のワイナリーを所有し、その規模はイタリア最大級。
その中でも彼らの存在をイタリア、さらに世界に知らしめたフラッグシップが「ティニャネロ」と「ソライア」という偉大なワインです。アンティノリはキャンティ地区に3つのワイナリーを有していますが、ティニャネロ、ソライアは別格。アンティノリの飽くなき情熱と長年受け継がれてきた精神を象徴するワインです。

この2つのワインが生み出される、テヌータ・テニャネロは、フィレンツィエから30kmほど離れた、キャンティ・クラシコの中心にあります。その起源はキャンティ・クラシコD.O.C.Gでしたが、「サンジョヴェーゼの魅力を最もよく表現するため」独自の道を追求していくこととなります。
アンティノリ家の26代目当主、ピエロ・アンティノリ氏は、白ブドウをブレンドするキャンティ・クラシコの造り方に疑問を感じていました。当時の技術ではサンジョヴェーゼ「固いタンニンと刺々しい酸味」ばかりが目立ち、それを補うためうに、白ブドウが混醸されていたのです。しかし、ピエロ・アンティノリ氏はサンジョヴェーゼの質を上げ、その魅力をきちんと引き出す醸造法を追求していきます。そうして、1971年にサンジョヴェーゼにカベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドしたスーパータスカンである「ティニャネロ」が誕生しました。

その7年後、1978年には、カベルネ・ソーヴィニヨンを主体としたティニャネロと全く逆のブレンド、「ソライア」をリリース。この2つのワインはリリース直後、伝統在来品種に外来品種を合わせたことで異端視されましたが、その後海外で高い評価を受け、世界的スーパータスカンとして一躍スターダムに上り詰めました。この2つのワインの革新的なブレンドが、イタリアワインの系譜に革命をもたらしたと言えるでしょう。

実はこのティニャネロは、元祖スーパータスカン「サッシカイア」と血縁関係にあるワイナリーです。現当主のピエロ・アンティノリ氏はサッシカイア創設者のマリオ・インチーザ・デッラ・ロケッタ氏の甥にあたり、1968年から1989年まではアンティノリ家がサッシカイアの販売を担当していました。
さらに、この両家の親交をきっかけとして、サッシカイアのコンサルタントを行っていたイタリアの伝説的ワインコンサルタント、ジャコモ・タキス氏はティニャネロも手掛けていました。
このようなエピソードから、「ティニャネロ」は「サッシカイア」とともに磨き上げられてきたと言っても過言ではありません。

テヌータ・ティニャネロの畑は、キャンティ・クラシコの中心部に132haもの広大な面積を有しています。ここは15世紀にはすでに銘醸地として記述されていたというほどの優良区画。その標高は340〜400haという高地で、昼は暖かく夜は冷涼というブドウ栽培に最適な気候です。トスカーナらしい丘陵地帯で、日当たりのよい、非常に急な斜面を這うようにブドウの畝が続きます
ティニャネロのための畑が57ha、ソライアの畑は20ha。除葉、収穫、グリーンハーヴェストのすべてが人の手作業によって行われます。

「アルベレーゼ・システム」とは、ティニャネロの畑に多く混じっていた「白い石」にヒントを得て、発案されたアンティノリ独自の手法。 テヌータ・ティニャネロでは、キャンティ・クラシコ地区で特徴的な白い石材を砂利の大きさに砕き、地中20cm程度にまでその石を混ぜ込みます。この石は、①ゆっくりと果実を熟成させる、②水分量を調整し水はけを良くする、という2つの働きをします。サンジョヴェーゼは直射日光だけに照らされ急速に熟すと水っぽく、酸味だけが際立ってしまいます。石を利用することで地表からの反射光により、ゆっくりとブドウを十分に熟させることで、甘いタンニンを持った、質の高いサンジョヴェーゼを収穫することができます。

この手法は非常に手間とコストが掛る手法であるためテヌータ・ティニャネロのみで、2004年から実施されています。30年以上、サンジョヴェーゼの魅力を引き出すことに尽力してきたアンティノリならではの、大胆で贅沢な手法です。

2008年に完成した最新鋭の醸造施設にはティニャネロ、ソライアのために別々の施設が用意されています。 ティニャネロの畑は24個の区画に分けられ管理されていますが、収穫後も24個のタンクを使用し、別々に醸造、樽熟成が行われます。
このとき最も重点を置いているのは「しなやかさと繊細さ」を保ちながら抽出を行うこと。
ソライアではさらにきめ細かに作業が進められます。大きなベルトコンベアが用意され手作業で選果。稼働式の圧搾機で2階部分から絞ったスキンとジュースを優しくタンクに投入することができます。もちろん14個の区画、全てが個別に扱われ、ベストなタイミングで発酵とプレスが行われます。 熟成は、フレンチオークやハンガリアンオークの小樽を使用し、ティニャネロは16〜18カ月。ソライアは18カ月。すべて別々に熟成を経た後、最上のキュヴェだけが初めてブレンドされ、その年の味わいが完成。最後の瓶熟成を経てリリースされます。

ティニャネロ

12,000円(12,960円 税込)

このワインを買う!≫

1970年に白ブドウをブレンドしたキャンティ・クラシコDOCGから始まり、翌71年には、独自のブレンドでDOC呼称のない「ティニャネロ」が誕生。その後、1975年に完全に白ブドウを廃止、飽くなき探求の末1982年にやっと現在まで続く「黄金のブレンド比率」を確立しました。リコリス、スミレ、チェリーなどのアロマにチョコレートなど甘いニュアンスの香りは、まさにキャンティ・クラシコの美点を映し出しています。熟した果実感とバニラの柔らかな香りが見事な一体感を持った飲み口。フィニッシュには鮮やかな酸の印象を残し、長く余韻が漂います。スーパータスカンながら圧倒するような華やかさではなく、しみじみと旨味が広がる抜群のバランスを備えています。トスカーナという土地への深い愛情を感じさせる味わいは飲むものを魅了してやみません。

ソライア

38,000円(41,040円 税込)

このワインを買う!≫

「ティニャネロのブドウを使用し、ちょうど逆のブレンド比率」。遊び心で造られたワインが、世界を熱狂させるスーパータスカンとなりました。ソライアとは「照りつける太陽」という意味で、その味わいはボルドーワインにも引けを取らないエレガンスと力強さ。畑の面積はわずか20haでティニャネロの1/3程度。ゆえに生産量がわずかで、数ある有名スーパータスカンの中でも非常に入手困難になっています。2000年にはワインスペクテーター誌でイタリアワインで初めて世界第1位を獲得するなど、伝説的スーパータスカンとして君臨しています。

マルケーゼ・アンティノリ・キャンティ・クラシコ・レゼルヴァ

5,000円(5,400円 税込)

このワインを買う!≫

「テヌータ・ティニャネロ」の畑のブドウに加え、アンティノリがキャンティ・クラシコ地区に所有する、「バディア・ア・パッシニャーノ」と「ペポリ」という2つのワイナリーのブドウを使用した、キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ。全て丁寧に手入れされた自社畑100%。広大な畑からセレクトされた、優良なブドウだけで造られる味わいは、アンティノリの名を冠するにふさわしい、高いクオリティを誇ります。

No results that match your search.
竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (712 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (324 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (324 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)