ロゼ泡で乾杯!春爛漫の食卓♪

東京の桜は、落ち着いてお花見する間もなくあっという間に散ってしまいました。また来年が待ち遠しい・・・と、既に思い始めている今日この頃です。さて。美味しい食材がいっぱいの季節。華やかなロゼ泡で乾杯しつつの、ディナー♪

 

「生ハムとマンゴー、びわのミント風味マリネ」

カットしたマンゴー、びわをレモン汁、ミントの葉、オリーブオイルとよくボウルで混ぜ合わせてしばらく置きます。フルーツをお皿に盛り、ボウルに残ったマリネ液で生ハムを絡めて盛りつければ完成です。ジューシーなフルーツと生ハムの塩気。そして、ミントの爽やかな香りが、気分まで晴れやかにしてくれるような、そんな一皿。ロゼ泡とは、相性ぴったりの美味しい前菜です♪

 

「そら豆&ペコリーノチーズ」

イタリアでは春先になるとよく食べられる、テッパンの組み合わせ、そら豆と羊のチーズ、ペコリーノ。お皿に盛ったら、黒こしょうを挽き、上質なオリーブオイルをたらりと。間違いなく、美味しい♪♪

 

「ほたるいかとたけのこのアヒージョ」

ホタルイカも今、最盛期ですね♪今日は、たけのことともにアヒージョに!・・・っと作ったは良いのですが、たけのこを下に敷いてしまったために見事に姿が見えません。。汗
ホタルイカはもちろんのこと、たけのこのシャキシャキとした食感も、また美味しい♪オイルにほんのりたけのこの香りが移る、春らしいアヒージョです。
そして、本日のメイン。(少々姿がグロテスクです。ご注意くださいませ・・・)

 

「ブリの頭の香草オーブン焼き」

普通、「ブリかま」という売り方をするところが多いですが、我が家の近所のお魚屋さん、大胆にいつも頭付きで売っているのです。これがもう、凄い迫力!お皿からはみ出さんばかりの大きさです。。タイム、レモングラス、イタリアンパセリ、オリーブオイルでマリネして皮付きのにんにくと共にオーブンで焼き上げます。シンプルに塩とレモンで頂きます。

お上品ではありませんが、皆で美味しいところをつつきあい、ゴクゴクとワインを飲む!こんなワイルドな食卓も、なんとも楽しいものです♪