知っておきたい!正しいワイングラスのお手入れ方法

ワインを飲むのに欠かせないワイングラス。せっかくお気に入りのグラスを手に入れたからには、正しいお手入れ方法で使いたいですよね?

今回は大事なワイングラスの洗い方、磨き方、そして保管方法についてお伝えします。

ぜひ、今日から実践してみてくださいね!

グラスを割らない!洗い方

まずグラスの洗浄で一番大切なことは、酔っぱらってしまったらその日の洗浄はやめることです。

美味しいワインを飲んで良い気持ちになり、おぼつかない手元でグラスを洗い、割ってしまった…なんてことになったら、楽しかったはずのワインタイムも台無しになってしまいます。

そんなことを未然に防ぐために、「酔ったら洗わない!」が鉄則です。

それでは、グラスの洗浄についてお伝えします。

40度くらいのぬるま湯で、中性洗剤をつけたスポンジを使って洗いましょう。

特に汚れが付くのは口紅などが付着する飲み口の部分です。薄いので力を入れないように注意して洗います。

グラスの内部は無理に手を突っ込んでゴシゴシと洗う必要はありません。

飲み口の部分に汚れが取れたら、泡で手を滑らせないように注意しながら洗い流します。

※食器洗浄機対応のグラスは、そのまま食器洗浄機にかけても問題ないですが、種類によってはグラスが固定できないため、動いて割れないように注意が必要です。

綺麗に保つ!磨き方

グラスの洗浄後は、水垢付着の防止のため、早めに拭きあげるのが大事です!

そしてこのグラスの拭き上げの際にステムがパキっと、飲み口がパキンと割れてしまいがちです。そうならないよう、ポイントを押さえてピカピカに磨いていきましょう!

グラス拭き用のクロスを用意します。大きめのクロスがない場合は布巾を2枚用意してください。

まずは、台座部分をクロスで包み込むようにして支え、ステムと台座を拭きます。

ステムと台座を拭いたら、手をボウルの下を包み込むようにして持ち替え、内側と外側を丁寧に拭き上げます。

この時、ステムとボウル部分を一緒に持って拭くと、ステムが折れる可能性があるので、絶対にやってはいけません!

飲み口は特に薄いので注意して拭きましょう。

最後に曇りが残ってないかチェックし、完了です。

しばらく使わなかったグラスは、空気中のほこりが集まって曇っていることがあります。使用前に、お湯の蒸気をつけて拭き上げるとピカピカになりますよ。

グラスの保管方法

ワイングラスについての盲点が保管場所。

高さも幅もあるワイングラスは自宅での保管スペースを確保するのが意外と大変です。できれば購入前に自宅の食器棚の高さを確認しておくのが良いでしょう。

台座のほうが重いため、立てて置くのが理想の保管方法ですが、高さがあるため食器棚に入らないことも多いと思います。インテリアとしてもおしゃれなグラスハンガーに吊るして保管という方法もありますが、使用頻度が低いとグラスにほこりが溜まりやすくなってしまいます。

安全に、そして綺麗に保管したい!というときは購入時の箱に入れて保管するのがおすすめです。ほこりの付着も最小限に抑えることができますよ。

まとめ

繊細なワイングラスですが、正しいお手入れ方法を実践すれば、割れるリスクも最小限に抑えることができます。

ぜひ、今回ご紹介した洗い方、磨き方、そして保管方法を取り入れてみてください。

大切なワイングラスをより長く使用できると良いですね。