<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


オーパス・ワン ワイナリー OPUS ONE WINERY

アメリカ
  • アメリカ
  • カリフォルニア
オーパス・ワン ワイナリー / OPUS ONE WINERY ワインボトル

カリフォルニアワイン業界を牽引する世界屈指のプレミアムワイン

オーパス・ワン・ワイナリーは、2人の巨匠が夢見たコラボレーションで誕生した、すべてのワイン愛好家垂涎のワイナリー。世界の注目と熱狂を集めカリフォルニアワイン業界を牽引してきたオーパス・ワンは、まさに世界屈指のプレミアムワインです。

12月25日(土)お届け、先行受注スタート。 最新2018年ヴィンテージ待望の初入荷!


この度エノテカには、ファン待望の最新2018年ヴィンテージが初入荷いたしました!2018年は、安定した天候と穏やかな気温に恵まれ、素晴らしい生育条件が整い、質、量ともに恵まれた優良年。美しい酸が際立ちしっかりとした芯がありながらも、奥行きと品格を備えた上質な仕上がりとなり、ワイン・アドヴォケイト誌では、グレートヴィンテージ2013年、2016年と同評価の98点、ジェームス・サックリングにおいては99点という高評価を獲得しました。愛好家なら見逃せない、上質な出来栄えとなった最新ヴィンテージを、ぜひ入荷のこの機会に手に入れて下さい。
目次

高品質かつ唯一無二のワインを追求し続ける終わらない夢

オーパス・ワンは、ボルドーメドック格付け第一級、シャトー・ムートン・ロスチャイルドを所有するフィリップ・ド・ロスチャイルド男爵とカリフォルニアワイン界の重鎮、ロバート・モンダヴィ氏という2人の巨匠が描いた夢のワインです。

1970年代にハワイでの会議にて、シャトー・ムートン・ロスチャイルドの当主だったフィリップ男爵が出会ってすぐに意気投合したのが、ファミリーから独立し自身のワイナリーを設立して間もないロバート・モンダヴィ氏でした。生まれも育ちも全く異なる2人でしたが、ワインや芸術に対する想いには共通する熱いパッションがあり、出会ってから数年後の1978年に2人の夢は実現。1984年にファーストリリースの1979年ヴィンテージと1980年ヴィンテージが発売されました。


オーパス・ワンは2人の巨匠がこの世を去った後も独立した経営体制を貫き、彼らが掲げた「新世界と伝統的産地が誇るワイン造りのアイディアを組み合わせることで、最高品質かつ唯一無二のワインを造る」という目的を追求。新たな技術を取り入れながら、その年々の特徴とオーパス・ワンが誇るテロワールを精密に映し出した、偉大な作品を世に送り出しています。


その弛まぬ努力の結果、ここ10年ほどでオーパス・ワンは着実に進歩を遂げており、終わることのない夢は脈々と受け継がれているのです。

時と場所、そして人が紡ぎだすオーパス・スタイル

オーパス・ワンという作品を生み出すために掲げている、重要なコンセプトが「TIME&PLACE」。TIME(時)は、偉大なワインの根幹にある凝縮感と複雑性が、ブドウの成熟していく季節の経過、すなわちヴィンテージの個性としてもたらされることを示しています。PLACE(場所)とは、地質、気候などオークヴィルという土地に横たわっているテロワール。それがあたかも単一畑から生まれたワインであるかのように一体感を持って感じられることを指しています。


そして、この「TIME&PLACE」という2つの要素を繋ぎとめるのが「人」。栽培から醸造に至るまでに、栽培者や醸造家などワイン造りに携わる様々な「人」を介することで、初めて最高のワインが生まれるのです。


オーパス・ワンの自社畑は、オークヴィルAVAの西部、著名なトカロン・ヴィンヤードを含む4つの畑からなります。ブドウ畑では、手摘みをはじめとする伝統的なアプローチを導入。ワイン醸造においては近代的技術がより効果的である場合は、リサーチと評価・判断の上、新しい手法を常に取り入れています。


現在、醸造責任者を務めるのは、2001年からオーパス・ワンに携わっているマイケル・シラーチ氏。彼はオーパス・ワンを任されるにあたり、初ヴィンテージから最新ヴィンテージに至るまでの全てのヴィンテージをテイスティングし、そのスタイルを徹底的に分析。オーパス・ワンのスタイルを継承しつつも、科学的な検証の基、ナイト・ハーヴェストやビオディナミとオーガニックを併用した自然な栽培方法に取り組むことで細部に手を伸ばし、ワインの洗練度に磨きをかけ続けています。

安定した素晴らしい育成環境に恵まれた超優良2018年

2018年のナパ・ヴァレーのカベルネ・ソーヴィニヨンは、ワイン・スペクテーター誌のヴィンテージチャートにて99点を獲得したグレートヴィンテージ。「豊かで濃密だが繊細さを備えている。抑制されたスタイルで、テロワールが良く反映された壮観な年」と絶賛のコメントを残しています。


オーパス・ワンでは、2018年は安定した天候と穏やかな気温に恵まれ、素晴らしい生育条件が整いました。萌芽直前の絶好のタイミングで降った雨が、枝葉の生育に必要な水分をもたらしました。申し分のない栽培環境が確実な開花と結実に繋がり、例年を上回る収量となりました。収穫は9月19日に始まり、順調なペースで10月25日に終わりました。

収穫したブドウは最新の光学式選果機によって粒レベルで厳選され、色素と風味成分を抽出させるため、ロット毎にマセラシオン及び発酵を18日間掛けて実施。発酵には畑のテロワールを更に深く表現するため、“オーパス・ワン酵母”と呼ばれる、ワイナリーが独自に自社畑から分離した6種類のユニークな天然酵母を使用。異なるメーカーの樽を入り交ぜた、新樽率100%のフレンチオーク樽による17ヵ月間の熟成を経てリリースされました。


そうして出来上がった2018年のオーパス・ワンは、ブラックベリー、カシス、ブラックチェリーの豊かな香りから、上品なスミレ、白胡椒、そしてバラへと続き、とても魅力的な芳香を放ちます。新鮮で瑞々しい黒系果実の味わいがしなやかに幾重にも重なり、オレンジの皮、甘草、ダークチョコレートのニュアンスがアクセントとして感じられます。美しくバランスの取れた滑らかなタンニンは、キレの良い酸と相まってソフトでクリーミーな感触をもたらし、その味わいは引き続き長い余韻となって広がります。


そんな2018年ヴィンテージについて、オーパス・ワンでは、「この素晴らしい仕上がりとなった2018年を飲む機会に恵まれたら、非常に幸運である」という意味を込め、「四葉のクローバーの様な存在」と表現。愛好家なら見逃せない注目の最新ヴィンテージを、ぜひお愉しみ下さい。

オーパス・ワンが手掛ける2アイテムはこちら

オーパス・ワン

華やかさと複雑さが奏でる絶妙なハーモニー。ピュアな透明感と圧倒的凝縮感を兼備した、濃密かつ優美な仕上がり。


NEW

オーパス・ワン

オーパス・ワン ワイナリー
4.8 (20)

2018

66,000

(税抜価格60,000円)

  • D 98
  • JS 99
  • V 95
  • WA 98

今回入荷したオーパス・ワンの2018年は、ジェームス・サックリングで99点、ワイン・アドヴォケイト誌で98点、デキャンタ誌で98点という高評価を獲得した、ファン必飲のヴィンテージとなりました。


このヴィンテージに99点を付けたジェームス・サックリングでは、「ラベンダー、ライラック、スミレに、甘く熟したブラックベリーやブラックカラント、鉛筆、などのアロマが溢れ、非常に香り高い。フルボディだがバランスが良く洗練されており、素晴らしくきめが細かく磨きがかったタンニンが何分間にも渡り口の中に広がる。」と大絶賛のコメントを残しています。美しい酸味に品格のある果実味が際立つ、クリーミーで奥行きのある魅惑的な仕上がりを、ぜひこの機会にお楽しみください。 

オーヴァチャー

オーパス・ワンの自社畑のエッセンスを、ヴィンテージの枠を越えて表現する稀少キュヴェ。豊かな果実のアロマとしなやかな味わいが魅力。


オーヴァチャー

オーパス・ワン ワイナリー
4.8 (4)

33,000

(税抜価格30,000円)

オーヴァチャーは、当初はオーパス・ワンの従業員のために造られており、1995年からワイナリー訪問者への販売が開始された稀少キュヴェ。現在に至るまではその流通経路は非常に限られており入手は困難でしたが、遂にエノテカ・オンラインでの正規販売が開始となりました。


マルチヴィンテージで造られていることが特徴で、オーパス・ワンの自社畑のエッセンスを備えながらも、リリース直後でもお楽しみいただける、よりしなやかでふくよかな味わいが魅力。オーパス・ワン愛好家はもちろん、オーパス・ワンを試したことがない方への入門編としてもおススメの1本です。

商品一覧

3 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.