アルマヴィーヴァ (コンチャ・イ・トロ&バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド)
ALMAVIVA (CONCHA Y TORO&BARON PHILIPPE DE ROTHSCHILD)

お気に入り追加

チリ
  • チリ
  • マイポ・ヴァレー
  • セントラル・ヴァレー
アルマヴィーヴァ (コンチャ・イ・トロ&バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド) / ALMAVIVA (CONCHA Y TORO&BARON PHILIPPE DE ROTHSCHILD) ワインボトル

ボルドー最高峰の技術とチリの豊穣なテロワールの融合


シャトー・ムートン・ロスチャイルド、オーパス・ワンと同じコンセプトで造られるチリのプレミアムワイン。ボルドーの最高峰の技術とチリという豊穣の地を融合して生み出されたアルマヴィーヴァは、チリワインの歴史を塗り替え、さらに世界のトップワインの序列に大きな影響を与えた偉大なワインです。

目次

豪華コラボレーションで生み出された、チリのプレミアムワイン

アルマヴィーヴァは、ボルドーワインの頂点の一つ、シャトー・ムートン・ロスチャイルドを所有するバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社と、ワイン&スピリッツの「トップ100ワイナリー」に26年連続で選ばれた、チリのトップワイナリーの一つ、コンチャ・イ・トロ社とのジョイント・ベンチャーにより1997年に誕生しました。


バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社は、ボルドーという伝統の地でワイン造りを続ける一方で、数々のジョイント・ベンチャーにより、新しい銘酒を世に送り出しています。例えば、カリフォルニアワインの父と称されるロバート・モンダヴィ社と、1979年に共同で生産を開始し、今や世界中から注目を集める銘酒、オーパス・ワンもその一つです。


今日、彼らの造ったオーパス・ワンは最高品質のカリフォルニアワインとして、世界的に知られています。このように、彼らはフランス国内だけでなく世界各国で成功を収める、世界屈指のワインメーカーなのです。

コンチャ・イ・トロ社は、1883年、スペインの名門貴族コンチャ家のドン・メルチョー氏が、ボルドーからブドウの苗をチリへ持ち込み、ブドウ栽培に最適な気候を持つマイポ・ヴァレーにブドウ畑を開拓したのが始まり。いまや9,000haを超えるという面積の畑を所有する、名実ともにチリのトップワイナリーの一つです。


イギリスの有名ドリンク誌「ドリンクス・インターナショナル」にて、コンチャ・イ・トロは2011年から3年連続「世界で最も称賛されるワインブランド」に選出。その存在を世界中のプロが認めています。このように、アルマヴィーヴァは、フランスとチリのトップに君臨するワインメーカーとの豪華コラボレーションによって生み出された、プレミアムワインなのです。

高品質なカベルネ・ソーヴィニヨンが育つ、豊穣なテロワール

ワイナリーは、チリの中央地帯、マイポ・ヴァレーの標高の高い地域であるプエンテ・アルトに位置。アンデス山脈から吹き降ろす冷涼な風、フンボルド海流による冷却効果により高品質なワインを造る産地として、名声を確立しています。


アルマヴィーヴァは、カベルネ・ソーヴィニヨンを主体としたワインですが、ボルドーやナパ・ヴァレーも同様にカベルネ・ソーヴィニヨン主体のワイン産地として有名です。それらの地域とアルマヴィーヴァを取り巻く環境の違いは、気候であると言えます。冬はボルドーやナパ・ヴァレーよりも暖かいものの、収穫期は両地域よりも冷涼。この環境が、ブドウのゆるやかな成熟を促し、酸を維持しながらもアロマやタンニンが十分に成熟したブドウに繋がるのです。


土壌は、粘土質や砂利質などの多様な特徴を持つ地質。特に砂利質は水はけが良く、カベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に適した土壌です。2005年よりマイクロゾーンを導入し、畑を小さな区画に分けて管理しています。


最新技術を使用し土壌を分析することで、より緻密な土壌のタイプや深さ、肥沃度を計測。小さな違いでさえ、ブドウやそこから造られるワインへの影響を考慮しなければなりません。適切なブドウ樹を植え、テロワールを緻密に観察し続けることが、高品質なワインが生み出している所以なのです。

ボルドー最高峰の技術から生み出される、力強くもフィネス溢れるスタイル

テクニカル・ディレクターのミシェル・フロウ氏

収穫は手作業で行われます。収穫したブドウが潰れないように、9~10kgが入る容量の小さなケースで運搬。醸造所での行程はこの20年で大きく進化しており、2016年から光化学選果台を用いての選別を追加しています。良質なブドウしかタンクに入れないというポリシーのもと、選別にこだわっているのがアルマヴィ―ヴァのワイン造りの特徴です。


テクニカル・ディレクターは、フランスやオーストラリアで経験を積んだミシェル・フロウ氏。数十回ものテイスティングを経て、最終的なブレンドを決定するなど、徹底した品質管理を行っています。アルコール発酵は100~150hlのステンレスタンクを使用。熟成は、基本的にフレンチオークを用いて行われます。


こうして造られるワインは、豊かな果実の風味が溢れる豊潤なスタイル。力強くもしっかりとした酸味が重なる、長期熟成のポテンシャルを備えた逸品です。

商品一覧

2 件

おすすめ順

関連リンク


お買い得情報

公式SNS・APP

最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

line お友達登録

お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

公式アプリ

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。