<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
モンテスキャンペーン
エプ-0
エプ-1

エプ EPU

750ml

2016年

チリ最高峰のプレミアムワイン「アルマヴィーヴァ」の生産量が少ない稀少なセカンドワイン。凝縮感を伴った長い余韻に魅了される1本。

8,250

(税抜価格7,500円)

75pt

進呈

4.2

(21)

変更・返品について

オーパス・ワンに続く豪華コラボレーションによって生み出された、まさにチリのオーパス・ワンというべき偉大なワイン、アルマヴィーヴァ。そんなアルマヴィーヴァのセカンドワインが、こちらのエプ。生産量が少なく、その稀少性からワインラヴァー垂涎の的となっています。正統派ボルドーのスタイルに、果実の甘さを伴うエネルギッシュでパワー漲るチリテイストが見事に融合した逸品です。

5

ファーストに劣らない最高峰

チリとフランスの融合から生まれた夢の1本

商品情報

ボディ

5

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

凝縮した果実味と骨格を備えた力強い赤ワイン

  • 酸味

  • 渋味

  • 果実味



在庫一覧

  • 2016

    8,250

    (税抜価格7,500円)


    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2016年のチリは、ワイン・アドヴォケイト誌のヴィンテージチャートにて93点を獲得した優良ヴィンテージです。雨が少ない冬から始まり、春には霜外もなく理想的な芽吹きと展葉、開花を迎えました。夏は雨が少なく涼しい気候が続きましたが、2月はここ数年で最も暑くなり、3月には再び気温が下がりゆっくりとブドウが成熟。タンニンがしっかりと熟した結果、収穫期を早めることができ、しっかりとした酸と華やかなアロマを保持したブドウを収穫することができました。生み出されたワインは、エレガントでバランスに優れた味わいが特徴です。

    味わい

    外観は濃いガーネットの色調。イチゴのようなピュアな赤系果実の中に、ブラックベリーのような黒系果実やスパイスのアロマ、革やタバコ、胡椒などの複雑な香りの要素が次から次へと現れます。口に含むと、しっかりとしたボリュームがありながら、非常に上品でバランスの良い仕上がり。凝縮した赤系果実の甘さを伴った長い余韻も印象的です。アルマヴィーヴァのような力強さもありながら、バランスに長けており、とてもエレガントに仕上がっています。

    熟成方法

    フレンチオークで12ヵ月間熟成

商品の紹介

エプ
背景

エプ

EPU

アルマヴィーヴァ (コンチャ・イ・トロ&バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド)

チリ
  • チリ
  • セントラル・ヴァレー
  • マイポ・ヴァレー

ボルドーとチリ、最高峰技術の融合によって生まれた「アルマヴィーヴァ」

ボルドーワインの頂点の一つ、シャトー・ムートン・ロスチャイルドを所有するバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社と、チリ最大かつ最高のワイナリー、コンチャ・イ・トロ社とのジョイント・ベンチャーにより1998年に誕生したチリワイン、アルマヴィーヴァ。チリの恵まれたテロワールにボルドーのワイン造りにおける知識と技術が見事に融合した、傑作とも言える1本です。

アルマヴィーヴァは、コンチャ・イ・トロ社が所有するカベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に最適な畑で収穫されるブドウに、ムートン・ロスチャイルドがボルドーで培った技術が注ぎ込まれて完成します。チリにはフランスのように「格付け」というシステムがないものの、アルマヴィーヴァの誕生によって「一級ワイン」と呼べるようなワインを造ろう、という意識が高まるきっかけとなったのは確かです。


ブドウに対する徹底した品質管理はもちろん、充実した醸造施設、有能なテクニカル・チームなど、アルマヴィーヴァのワイン造りには、フランスの技術や伝統が息づいています。それはまさに、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社がロバート・モンダヴィと共に生み出した世界的に有名なカリフォルニアワイン、オーパス・ワンと同様のコンセプトであり、チリのオーパス・ワンというべきプレミアムワインと言えるでしょう。


アルマヴィーヴァは、リリースする度に各国のワイン評価誌で軒並み高評価を得ており、ワインスペクテーター誌では、2000年に入ってから全てのヴィンテージで90点以上という驚きの高得点を連発。世界的に著名なワイン評論家であるロバート・パーカー氏に至っては、未だかつて90点以下の点数を付けたことがありません。さらにワイナリーとしても、2014年にアメリカの権威ある評価誌、ワイン&スピリッツにて「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」に輝くなど、その名を世界中に知らしめています。

チリ最高のクオリティを支える、傑出したテロワールと独自の栽培管理

アルマヴィーヴァが位置するのはボルドー品種の栽培が盛んなチリワインの中心的エリア、マイポ・ヴァレーにある小さな区画、プエンテ・アルト地区。コンチャ・イ・トロ社のトップワイン「ドン・メルチョー」のすぐ隣という最良のテロワールに、85haの畑を所有しています。


この地は何世紀にも渡り、アンデス山脈からの堆積物が蓄積し形成された、プエンテ・アルトの中でも特に古く複雑な土壌。火山質、粘土質などの土質、石や砂利が多い場所などが入り混じって存在しています。 気候は昼の暑さに対し、夜は20℃ほども気温が下がるという寒暖差が特徴。この寒暖差によりブドウの糖度が高まり、さらにアンデス山脈から吹きこむ独特の冷風によって適度に乾燥が保たれ、健全で完熟したブドウが育まれています。

設立当初から、このチリの豊穣な大地とフランス流の技術の融合を目指して着実に進化をつづけてきたアルマヴィーヴァですが、ワイン造りの点で大きな転機となったのが2005年。「マイクロゾーン」と言われる、栽培から醸造まで細かな区画ごとに管理を行う手法を開始したことにより、格段にフィネスが高まりました。


このように区画ごとの適正をより的確に把握することにより、品種の幅も増え、2006年よりメルロ、2010年よりプティ・ヴェルドの栽培も強化されています。そうして生み出されるワインは、ふっくらと口の中で広がる奥行きと骨格がしっかりとした飲み口ながら、ただ濃厚であるのではなく、あくまでもピュアな要素が折り重っているような、複雑味のある味わいに仕上がっています。

生産量はアルマヴィーヴァ以下という、稀少なセカンド

そのアルマヴィーヴァのセカンドワインがこちらのエプ。エプとは、チリの先住民族であるマプーチェ族の言葉で "2番目"という意味で、多くのボルドーの格付けシャトーが造るセカンドワインのように、アルマヴィーヴァと同じ地区で育てられる上質なブドウから仕立てられた第2のワインという位置付けとなっています。


エプはもともと、ワイナリーにあるワインショップのみでひっそりと販売されていた門外不出のワインで、徐々に広まった人気を受けて国外への輸出が決定。その初輸出先として決定したのが日本であり、2006年ヴィンテージが初お披露目となりました。

ブレンドは、カベルネ・ソーヴィニヨンを主体に、カルメネール、カベルネ・フラン、メルロをブレンド。ファーストラベルのアルマヴィーヴァに比べ、樹齢の若い樹のブドウを使用することで、より親しみやすく、リリース直後の若いうちから楽しめるスタイルに仕上がっています。ファーストラベルよりも生産量が少ない為に、その稀少性から世界中で人気を博しており、ワインラヴァー垂涎の的となっています。

ピュアな果実味ときめ細かいタンニンを備えた仕上がり

2016年のチリ、プエンテ・アルト地区は1年を通して冷涼な気候でした。収穫時期が近づく4月に激しい雨が降ったことで、収穫は通常より2週間早く実施されましたが、正確で素早い摘み取り作業により、果実味豊かで上質なブドウの収穫に成功。造りだされたワインは、プエンテ・アルトの素晴らしいテロワールが見事に表現され、そしてバランスに優れたスタイルです。


そのクオリティーの高さを証明するかのように、ファーストラベルのアルマヴィーヴァは、ワイン・スペクテーター2019年トップ100において世界第10位、ジェームス・サックリングで97点、ワイン・アドヴォケイト誌で95点という高評価を獲得しています。


2016年のエプは、収穫期の多雨の影響で早くに収穫したため、イチゴを思わせるピュアな赤系果実味が主体。口当たりにきめの細かいタンニンを感じる、アルマヴィーヴァのような滑らかでシルクのような口当たり。アルマヴィーヴァらしい力強さに加えて、バランスに優れた味わいは、これまでのヴィンテージのなかでもエレガントなスタイルです。 エノテカ・オンラインでも入荷するたびに完売となる、入手困難な超レアワイン。手に入るこの機会をぜひお見逃しなく。



クチコミ

全て見る

4.2

21 件のクチコミ

  • 2016年

    アルマヴィーヴァの希少なセカンドワイン

    0人の役に立ちました

    2022.05.28

  • 0人の役に立ちました

    2022.05.13

  • 2016年

    濃いなあ

    1人の役に立ちました

    2022.04.25

  • 2016年

    アルマヴィーヴァの系譜

    0人の役に立ちました

    2021.10.28


スタッフレビュー

全て見る
  • チリとフランスの融合から生まれた夢の1本

    グラスに注ぐと完熟ベリーの濃密なアロマ、そして胡椒のスパイスとタバコのスモーク。力強いボリューム感のある香りはボルドーワインを彷彿させます。しかし、時間が経つにつれて強くなる心地よい爽やかなミント、余韻に残るチョコレートの様な甘やかなニュアンスはやはりチリワインを思わせます。濃いですが不思議とスルスル飲んでしまう、そんなワインです。ボルドー好きの方にもチリワイン好きの方にも飲んでいただきたい逸品です。ぜひお試しください。

    レビュー全文を見る
    • 果実味爆弾
    • 底なしの深み
    • ボルドー好き必見

    2022.02.24

  • ファーストラベルよりもレアなセカンドラベル

     抜栓直後からベリーやハーブなどの要素のある香りが感じられます。濃厚な味わいながらもメリハリがあり、複雑さもあり、余韻に残る甘やかさが心地よいです。  ボルドーワインが好きな方にもお勧めです。ぜひコレクションに加えてあげて下さい。

    レビュー全文を見る
    • 開けたてからおいしい
    • 大き目のグラスで
    • ボルドー好き必見

    2022.02.07

  • 毎年リリース直後に欠かさず購入!

    3年前に出会って以降、毎年リリース直後に欠かさず購入する1本です。どのヴィンテージもすぐ開けて楽しむことができます。ベリー系の甘い香りとやや清涼感のあるアロマがとても上品。濃厚な味わいながらとても口当たりは優しく、チリのプレミアムワインの中でもボルドーのような上品さをうまく兼ね備えております。きっとどなた様でもこのワインのポテンシャルの高さに感動することでしょう。

    レビュー全文を見る
    • シルクのような舌触り
    • 今飲んで美味しい
    • ワインだけでも楽しめる

    2021.05.15

  • んんんん〜!美味ぃぃ〜!!と頬がとろける甘美な余韻

    アルマヴィーヴァといえば、チリのオーパスワンとして有名ですよね?オーパスワンのセカンドのオーバーチュアの価格の1/3でこのワインが飲めるならなんとコスパのいいこと… 濃いめのフルボディですが、どろっという濃縮感ではなくエレガンスを纏った官能的な柔らかさがあります。2016年でもやや熟成感を感じ、タンニンはシルキーでまろやか。果実の凝縮感もミンティな爽やかさもありバランスが素晴らしい… 何より、飲んだ後に残る甘美な余韻は溶けた生チョコのように口の中を優しく包み込んでくれます… うまい…いつまでもこの余韻に包まれたいなぁ〜 と素直に感じさせてくれるこのワインに乾杯!!

    レビュー全文を見る
    • エレガンスの極み
    • 後引く美味しさ
    • 大き目のグラスで

    2021.05.13

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.