<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ルロワ LEROY

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
ルロワ / LEROY ワインボトル

世界中の愛好家を唸らせる、ブルゴーニュの偉大な女神

数あるブルゴーニュのドメーヌの中でも、別格の品格と存在感を放つ名門、ルロワ。現オーナーのラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)が運営するドメーヌ・ルロワ、ネゴシアンであるメゾン・ルロワによって「超一流」と言われる名声を誇ります。 ブルゴーニュ随一のテイスティング能力の持ち主として知られる、マダム・ルロワの手掛けるワインは世界中のワインラヴァーの憧れの的。ドメーヌとして手掛けたものだけでなく、その審美眼で買い付けたワインを販売するメゾン・ルロワにも高い人気が集まっています。

目次

愛好家を唸らせる極上ワインを生み出す偉大な造り手

数あるブルゴーニュのドメーヌの中でも、別格の品格と存在感を放つ名門、ルロワ社は1868年にネゴシアンとしてオーセイ・デュレス村で創業しました。1942年には「D.R.C ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」の株式を取得し、共同経営者としてブルゴーニュで最高位の造り手に押し上げた功績は広く知られています。


以前からワイナリー経営のみならず、ワイン醸造にも興味を持っていたというルロワ社の現オーナー、ラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)は、1991年にD.R.C経営者の職を離れ、自身が運営するドメーヌ・ルロワ、メゾン・ルロワに力を注ぎ、「超一流」と言われる今日のルロワ社の名声を築きました。

ラルー・ビーズ・ルロワ女史

ルロワでは、「ワインの個性は土地が決定するもの。ワインは畑で生まれ、生産者はその手助けをするだけ」という考えのもと、畑の個性を最大限に表現するワイン造りを追求し、驚く程の低収量を貫き、ブルゴーニュでも早くからビオディナミを導入しました。また、ブルゴーニュ随一のテイスティング能力の持ち主として知られるマダム・ルロワは、その並はずれたテイスティング能力によって、そのワインをより完璧なものへと昇華させていると言われています

厳しい品質管理や一日、50~100種のテイスティングを行い、畑を巡り一つ一つのテロワールの本質的な特性を理解するなど、妥協のない探究心によって造り上げられるワインは、まさにエレガンスの極み。薫り高く洗練された果実の味わいと素晴らしい濃縮感、そしてきめの細かい舌触りと滑らかなボディを兼備するルロワのワインは、他に類を見ない唯一無二の存在です。

ブルゴーニュの偉大な女神、自らが厳選する「メゾン・ルロワ」

特筆すべきテイスティング能力を持つマダム・ルロワ。いわゆるネゴシアンであるメゾン・ルロワのワインの買い付けは、基本的にブドウではなく、マロラクティック発酵前のワインをマダムが試飲し、ワインの状態で購入しています。ブラインドでまず確認、その後、他のスタッフと共に二度目の試飲をし決定。樽発酵、ステンレスタンク発酵を問わず、ワインそのものの品質が高ければ購入に至ります。


購入後のワインは、マダムが栽培農家に樽を渡し、栽培農家で樽詰した後、飲み頃になるまでルロワ社のセラーで熟成し、飲み頃を迎えた頃に満を持してリリースされます。

セラー

バックヴィンテージにおいてはブルゴーニュワイン最大規模のコレクションとして有名で、そのストックは1622年に造られた古いカーブの他、数ヶ所に約200万本が眠っていると言います。それはルロワの審美眼と信頼関係の賜物です。


マダム・ルロワが自ら惚れ込んで購入し、さらにマダム・ルロワが熟成させ、より完璧なワインに昇華させた逸品の数々をぜひこの機会にお愉しみ下さい。

商品一覧

21 件

おすすめ順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.