<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


シャトー・ランシュ・バージュ CH.LYNCH BAGES

フランス
  • フランス
  • ボルドー
シャトー・ランシュ・バージュ / CH.LYNCH BAGES ワインボトル

ムートンとラフィットに挟まれた、絶好の立地を誇るシャトー

メドック格付け5級にも関わらず、複雑味溢れるアロマと素晴らしい凝縮感、そして長期熟成のポテンシャルを備えた高いクオリティで知られるシャトー・ランシュ・バージュ。格付け1級のムートンとラフィットに挟まれた好立地に位置し、格付け2級に匹敵する「スーパーセカンド」とも呼ばれる、ポイヤックを代表するシャトーです。

目次

常に格付け以上の評価を受ける、ポイヤックのスーパーセカンド

シャトーの歴史は古く、16世紀にまで遡ります。ワイン造りの歴史は18世紀、1749年から1824年までボルドー商人として働いていたアイルランド人の息子、トーマス・リンチ氏が所有し、“クリュ・ド・ランシュ”の名で高品質なワインを手掛けていたことが始まり。


その後、1930年にサン・テス・テフのシャトー・オルム・ド・ペズでワイン造りを行い既に醸造家として名を馳せていた、ジャン・シャルル・カーズ氏に畑が貸し出されます。1939年第2次世界大戦の前夜、ジャン・シャルル・カーズ氏はシャトー・ランシュ・バージュを購入し、シャトー・オルム・ド・ペズと2つのシャトーのオーナーとなりました。

代々のカーズ家の功績により、ランシュ・バージュの品質は着実に向上。特に3代目ジャン・ミッシェル・カーズ氏は、大型ステンレスタンクをいち早く導入するなど様々な改革を起こし、現在の高い評価を勝ち得ました。彼の功績は、ランシュ・バージュのみに留まらず、ボルドーワイン全体に貢献。ボルドーの会議やシンポジウム、国際的な試飲会の普及などのプロモーションに奔走。その功績が認められ、2001年にシラク大統領(当時)が最高の勲章、レジオン・ドヌールを叙勲しています。


現在、シャトー・ランシュ・バージュのオーナーを務めるのは、ジャン・ミッシェル氏の息子である4代目ジャン・シャルル・カーズ氏(写真)。2006年よりオーナーを務め、醸造設備の刷新をはじめ、畑の小区画化や衛星による画像解析での厳密な熟度の管理など、様々なイノベーションを積極的に実施しています。

理想的な環境が生み出す、上質なカベルネ・ソーヴィニヨン

シャトー・ランシュ・バージュの安定した高品質を支える基盤のひとつに、畑の持つポテンシャルの高さが挙げられます。シャトーが所有する畑は全100ha。畑は、ランシュ・バージュを頂点としてその周囲に広がる、通称"バージュの丘"と呼ばれる場所に位置しています。


ガロンヌ川に浸食されたピレネー山脈からの砂利を中心に構成された土壌は、粘土質が少ないことにより日中に吸収した熱を夜間に発散できるという好条件を備えていることから、古くから出来の良いカベルネ・ソーヴィニヨンが収穫される銘醸地として知られていました。

水はけの良い土壌で育ったカベルネ・ソーヴィニヨンは、ブドウの果実がしっかりと成熟。ワインはリッチで濃厚、豊富なタンニンを備えたパワフルで長期熟成向きのスタイルに仕上がります。香りは、清涼感のある杉の木のヒントに、スミレのアロマが特徴。熟成を経るにつれて、フィネスあるふくよかな味わいは、複雑性に富んだ気品溢れるエレガントな味わいへと変化します。


現オーナーのジャン・シャルル・カーズ氏は、この複雑でエレガントさを増す味わいを更に追求するために、優秀なクローンを選抜するマサル・セレクションを推し進め、土壌調査による品種の植え替えを実施。また、畑の区画をより細分化し、35人のチームにて厳密に管理しています。収穫の際は、衛星による画像解析でブドウの熟度度合を確認し、ベストなタイミングを見極めます。


ランシュ・バージュでは、こうした最新技術を駆使する一方、経験や知識による人材の確保と育成にも力を入れています。テクノロジーの技術に頼りきるのではなく、剪定を丁寧にするなど人の力も重視し、収穫は全て手摘みで行います。伝統を尊重しながらも、革新を恐れることなく次々と取り入れ品質向上に繋げるこの姿勢こそが、人々を魅了し続けるシャトー・ランシュ・バージュの魅力なのです。

最新の醸造テクノロジーを駆使した、進化し続けるワイン造り

醸造に関しても、ブドウ栽培同様、革新的な取り組みが行われ、2015年よりステンレスタンクの中でのワインの様子が確認できるようモニターを導入しています。手摘みで収穫されたブドウは、選果後、35基の異なる発酵槽で区画ごとに醸造。約3週間のマセラシオンの後、自然の重力を利用して丁寧に果汁が取り出されます。


全体の30%は木樽で、残りの70%はステンレスタンク内にてマロラクティック発酵を実施。その後、ヴィンテージに応じて新樽率70%前後にて、木樽で15カ月間熟成され、清澄、澱引き作業を経てワインが完成します。

こうして造られるシャトー・ランシュ・バージュのワインは、タンニンが豊富でまろやかさの中にも厚みがあり、力強い味わいが特徴。また、開放的で率直、親しみやすさがありながらも、ポイヤックらしい品格を失わないスタイルは、「貧者のムートン・ロスチャイルド」と称されることもあります。


世界で最も著名なワイン評論家の一人、ヒュー・ジョンソン氏は、「ランシュ・バージュは決まって人気の高いシャトーで、今では常に花形のひとつに数えられる。強靭で芳醇。見事に濃密でブラックベリーのフレーバーがある。」と大絶賛し、5つ星中4つ星を付けています。

商品一覧

4 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.