<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

イッダ IDDA

イタリア
  • イタリア
  • シチリア
イッダ / IDDA ワインボトル

イタリアワインの帝王ガヤによる新たなプロジェクト

イタリアワイン界の帝王として、最高峰の地位を不動のものとしているガヤ。4代目当主、アンジェロ・ガヤ氏は、ピエモンテの伝統あるワイン造りの中で、歴史的な革新を次々と成功させ、ガヤのワインを世界トップクラスの品質へと導いてきました。そんな彼が、多くの評論家から高い評価を得るシチリア・エトナの生産者アルベルト・ グラーチ氏とともに2016年より開始した新しいプロジェクトがイッダです。

"イタリアワインの帝王"が手掛ける、ジョイントベンチャー

アンジェロ・ガヤ氏(右)とガヤファミリー

ガヤはイタリアワイン界の帝王として、最高峰の地位を不動のものとしているワイナリー。1859年、初代のジョヴァンニ・ガヤ氏によって創設されて以来、家族経営による徹底した品質主義を貫き、高品質のワインを生み出しています。4代目当主、アンジェロ・ガヤ氏はガヤを語る上で最も欠かせない存在。ピエモンテの伝統あるワイン造りの中でアンジェロ氏は、バリック(小樽)、単一畑の概念、国際品種の栽培を導入し、歴史的な革新を次々と成功させてきました。


その結果、イタリアワインにおける最も権威ある評価誌ガンベロ・ロッソにおいて、ガヤは最高評価を歴代最多で獲得。そして醸造の分野で傑出した業績を挙げた人物に与えられる「ワインメーカーズ・ワインメーカー・アワード」を2019年に受賞し、「帝王」の名をほしいままにしています。

アルベルト・グラーチ氏&アンジェロ・ガヤ氏

そんなアンジェロ氏がシチリア島、エトナにて2016年に着手したジョイントベンチャー・プロジェクトがこちらのイッダです。かねてよりこの地でのワイン造りを夢見ていたアンジェロ氏は、2015年、多くの評論家から高い評価を得る現地生産者アルベルト・グラーチ氏と交流を開始。互いの職人的なワイン造りや情熱に触れていく中で、彼と一緒にワインを仕立てたいと思うようになり、翌2016年にはガヤにとっても初となるジョイントベンチャー設立を決定したのです。


エトナ火山はシチリア島の人々にとって、厳格ながらも優しく包み込んでくれるような存在。「彼女」を意味する「イッダ(IDDA)」と親しまれていることから、その愛称をワイン名に採用しました。

火山岩土壌と高い標高由来の冷涼さを擁す注目産地、エトナ

エトナは、地中海のほぼ中心に位置し、イタリア最大の面積を誇る州シチリア島の西部に位置するエリア。「スーパータスカンの父」故ジャコモ・タキス氏や、「バローロ・ボーイズ」を牽引したマルク・ディ・グラツィア氏も注目していた産地です。


現地生産者でアンジェロ氏とコラボしたアルベルト・グラーチ氏は、「彼と私のエトナへの見解は一致している。私達は実現するため努力し、優雅で力強いワインを造りたい。この品質のワインを生み出せる場所は非常に少なく、エトナはその内の1つとなる貴重な産地。」と語っています。


また、アンジェロ氏は「エトナはランゲと同じく、エレガントで謎めいた魅力的なワインを造ることができる場所。気候変動の課題も考慮の上、エトナのブドウ畑がヨーロッパで最も標高が高く、収穫期が大陸で最も遅いことが重要だと感じる。」とコメント。世界的に問題となっている気温上昇や干ばつ、大雨や激しい雹などの気候変動や環境の変化に対して、「新しいバランス」に取り組む必要があると考えるガヤにとって、まさに理想の地の一つと言えるのです。


エトナの土壌は、絶え間ない火山活動と密接に結びついているため複雑で、区画内でも深さや土質の構造が大きく変化。アンジェロ氏は「火山岩土壌がもたらすミネラル感と、高い標高がもたらす冷涼さがエレガントなワインを造り出す。」とコメントしています。

ニュアンスに富んだワインを生み出す、エトナ山南西側斜面に広がる畑

赤点:イッダの所有畑

イッダが所有するのは、標高600~970mに位置する、エトナ山の南西側と北西側に広がる3つの畑。山の北側は十分に開墾され高い評価が確立されていますが、南側は開墾こそ十分にされていないものの、畑の向きや標高、土壌の種類を幅広く有しているのが特徴です。


様々なニュアンスを見出すため、土壌の個性が明確で、気温、標高、日照量におけるバリエーションの異なる3区画、ビアンカヴィッラ、ベルパッソ、タルタラチにてブドウ栽培を行っています。その中でもビアンカヴィッラの畑は、DOCエトナの呼称で最も古い土壌で、約6万年前のエリッティコ時代に由来した古い溶岩流を備えていることから、小さく丸い小石が多く混ざっているのが特徴。上品でジューシーかつ、豊かで複雑なアロマを備えたワインが生み出されるのです。

エトナの伝統的品種から造られる、複雑で優雅なスタイル

イッダは、エトナの伝統的でポピュラーな黒ブドウ品種であるネレッロ・マスカレーゼと、白ブドウ品種のカッリカンテを主に栽培しています。ロッソに使用するネレッロ・マスカレーゼは、ネッビオーロやピノ・ノワールを思わせる淡い色調で、フローラルなアロマと厳格なタンニンが特徴。そのため、しっかりとした果実味を持ち合わせたネレッロ・カップッチョとブレンドすることにより、豊かで複雑なアロマを備えた赤ワインに仕上がります。


ビアンコに使用するカッリカンテは、成熟が遅いため収穫時期が難しい品種ですが、奥深く複雑な骨格と共に生き生きとした酸味を備えており、熟成のポテンシャルを多いに秘めた白ワインを生み出します。


そんなイッダのラベルに描かれているのはエトナ火山をモチーフにした螺旋模様。螺旋は、シチリアで周期的な連続性、拡大、発展を意味する古代のシンボルであり、アンジェロ氏は「鳥の飛行や貝殻、DNA、指紋に至るまで、自然界やあらゆる生命に密接に関わる幾何学図形だ。」と語っています。アンジェロ氏とグラーチ氏の好奇心とたゆまぬ探求心のもと始まった新たなワインを、是非ご堪能ください。

    この記事をシェア

    商品一覧

    2 件

    おすすめ順
    • イッダ・ロッソ
      750ml
      4 (5)
      3

      ライト

      フル

      • 赤ワイン

      イッダ・ロッソ

      帝王ガヤによる新たなプロジェクト。活発な火山活動により多様な土壌を備えるエトナの、ブルゴーニュを彷彿させるフィネスに満ちた1本。

      • 2019

        5,500

        (税込)

    • イッダ・ビアンコ
      750ml
      4 (4)
      4

      ライト

      フル

      • 白ワイン

      イッダ・ビアンコ

      帝王ガヤによる新たなプロジェクト。エトナの多様な土壌から生み出される、奥深く複雑な骨格と生き生きとした酸味を備えた1本。

      • 2020

        5,500

        (税込)

    関連リンク


    お買い得情報

    飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

    「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。
    Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.