<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


シャトー・テューレイ CH. THIEULEY

フランス
  • フランス
  • ボルドー
シャトー・テューレイ / CH. THIEULEY ワインボトル

ハートのエチケットが可愛らしい、女性姉妹が経営するシャトー

シャトー・テューレイは、バリュー・ボルドー100選にも選出された女性醸造家姉妹が経営するワイナリー。更にかの著名ワイン評論家ロバート・パーカー氏より「探し出して飲むべきワイン」と称賛された今注目を集めているワインメーカーです。
目次

土壌の特徴を最大限に活かしたワイン造りを貫く実力派生産者

シャトー・テューレイは、アントル・ドゥ・メール地区を代表する家族経営のワインメーカー。その歴史は1950年まで遡り、アンドレ・クルセル氏が、ボルドーから東へ25km程離れたラ・ソーヴ村にシャトー・テューレイを購入した事から始まりました。

1972年、栽培学の教授も務めていた息子のフランシス・クルセル氏に畑を継承。2代目当主となったフランシス氏は引き継いだブドウ畑の発展に大きく貢献しました。十分な日照量を確保するためにキャノピーマネジメントや剪定を行い、収穫量が多くなりすぎそうなときはグリーンハーヴェストをすることで高品質なブドウを収穫。ワインの品質を瞬く間に向上させたのです。
2005年からは、現在の当主であるフランシス氏の2人娘、マリー女史とシルヴィー女史によってワイン造りが行われています。根っからの情熱家だった二人の娘は、幼い頃からブドウ栽培とワイン造りに親しんで育ちました。そのためごく自然とワイン造りへの道を歩み始めます。

オーストラリアやカリフォルニア、イタリアでの醸造経験を終えた二人は、フランスに帰国後若くして農業・醸造学の技師として活躍。フランシス氏が掲げていた「土壌の特徴を最大限に活かしたワインを造ること」というモットーを継承し、ブドウや畑の管理に手間暇を惜しまず、真摯な姿勢でワイン造りに取り組んでいます。

ワイン評論家ロバート・パーカー氏が絶賛

彼らのそうしたワイン造りへの真摯な姿勢が実を結び、シャトー・テューレイのワインの品質は瞬く間に向上。バリュー・ボルドー100選に選出された他、あの著名ワイン評論家のロバート・パーカー氏より「探し出して飲むべきワイン」と称賛されました。

また、彼らの3つのキュヴェもそれぞれコンクールにて高評価を獲得。ルージュはチャレンジ・インターナショナル・デュ・ヴァン2016にて金賞、ブランはモンディアル・ド・ブリュッセル2017にて金賞、ロゼはコンクール・ジェネラル・コンクール・デ・パリ2017にて金賞を受賞と、3アイテム揃って高い評価を獲得しています。

そしてシャトー・テューレイは、小さなブドウ農家から「アペラシオンの中で最高のシャトーの1つ」とも評されるまでに大きく変貌を遂げ、今愛好家から大きな注目を集めているのです。

華やかで力強い香りに豊かな果実味、バランスに優れた味わい

シャトー・テューレイが位置するのは、ボルドーのアントル・ドゥ・メール地区。シャトー名の「Thieuley」という言葉は古いフランス語「tioule」からきており、「瓦を造っていた場所」という意味です。ブドウ畑は砂利質と粘土質の土壌で構成されており、保水性があるため、メルロにとり理想的な条件。 一方、白ブドウにとっても適度な酸と果実味を与える良好なテロワールです。気候は温暖な大西洋性気候で、適度な降水量があるため果皮が厚く、凝縮した果実味を備えたブドウが成熟します。
仕立てられるワインは、赤、白、ロゼ共に、華やかで力強い香りに豊かな果実味が魅力のバランスに優れたまろやかな味わい。爽やかなニュアンスが余韻まで漂い、親しみやすさを演出しています。

また、シャトー・テューレイと言えば、愛らしいハートのラベルも魅力の1つで、大切な方への贈り物にもぴったり。有名ワイン評論家も認める実力派ボルドーを、是非お愉しみください。

商品一覧

3 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.