0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)

EMMANUEL ROUGET

最高品質のものを造るという姿勢の元、非常に繊細で芸術品とも言えるワインを生み出す偉大なドメーヌ、 エマニュエル・ルジェ。至高のブルゴーニュワインを求めるものにとって羨望の的であり、入手困難なドメーヌの一つとして、多くのワインラヴァーを魅了しています。

エマニュエル・ルジェ氏は、ブルゴーニュワインの神と謳われたアンリ・ジャイエ氏の甥にあたります。1976年からジャイエ氏の元で教えを受け、共にワイン造りを行っていました。更にジャイエの引退後、実際に畑の管理から醸造の全てを任されていたこと、ジャイエ氏の所有する大部分の畑を引き継いだことから、ルジェ氏が真の後継者であるということは明白です。

そのかつてジャイエ氏が所有していた畑の中で最も偉大であり幻とも言われているのが、「ヴォーヌ・ロマネ・クロ・パラントゥー」。リシュブールの真上の斜面に位置しており総面積僅か1.1haのこの畑は、現在ルジェ氏と、ジャイエ氏とメタイヤージュ(分益小作農)の契約をしていたメオ・カミュゼの2人のみが所有しています。ルジェ氏はその半分以上の0.7haを所有。表土が薄く小石が多い粘土質石灰質の土壌と、標高が高く谷間に近い風通りの良いこの畑からは、ミネラル豊富でしっかりと酸を持ち、さらにじっくり成熟し甘みを持ったブドウが造られ、比類のない最上のワインが生み出されます。その生産量の少なさと入手困難のため、幻の一級ワインとも呼ばれています。

エマニュエル・ルジェ氏のブドウ栽培はアンリ・ジャイエ氏の哲学をしっかりと受け継ぎ、 ブドウは出来るだけ自然な方法で育てること、年によってブドウの適切な収穫時期を見極めること、 そして収穫量を厳しく抑制することを心掛けています。 『毎年自然によって生みだされる土壌や気候、土地の特徴を最大限に表現すること』を哲学とし、人が手を加えることでブドウ本来が持っているピュアな良さをなくさず、素材の良さを尊重するよう細心の注意を払っています。 またアンリ・ジャイエ氏は「高い樹齢と、極めて短いプルーニング(剪定)が重要」と繰り返し話したと言われていますが、ルジェ氏が1985年にドメーヌを継いでからも、樹齢の高いブドウを使用し、ブドウの樹を丁寧に剪定しており、ジャイエ氏の教えが着実に根付いていることが分かります。


ブドウの収穫は手摘みで行われ、100%除梗。 その後、ブドウのジュースに果皮を浸し、果実のアロマや色の要素を抽出する工程を5〜7日間ごく低温で行うマセラシオン・ア・フロワ(低温浸漬)という醸造方法を行うことで、純度やフレッシュ感を保つことを可能にしています。グラン・クリュとプルミエ・クリュは100%新樽、その他は約50%の新樽比率で熟成。樽の風味が強すぎることは無く、完全にワインと調和しています。それは3〜4年自然乾燥させたオークを使ったフランソワ・フレール社の樽のみを使用していることが起因しています。アルコール醗酵にはコンクリートタンクを用いて、自然酵母で15〜20日間行います。その後樽で18ヵ月間熟成、フィルターは通さずに瓶詰されています。

そうして生みだされるワインは、ワイン評論家ロバート・パーカー氏に「ブルゴーニュで造られる最も優れたピノ・ノワールを象徴している」と称されています。パーカー氏の著書である「Wine Buyer's Guide」では、『エマニュエル・ルジェの手掛けるワインは、色合いが良く甘いアロマを放ち、素晴らしい熟し具合とふくよかさを備えている。洗練された、豊かなワインである。また、力強さと上品さ、深遠さとしなやかさを兼ね備え、ブルゴーニュに見出せるワインのなかでも最も高級な部類に属している。ブルゴーニュに「ルネサンス」を巻き起こした新世代のなかでも、間違いなく最も素晴らしい醸造家の一人である。』と褒め称えており、その実力を高く評価されています。

No results that match your search.
竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (726 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (330 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (330 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)