<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ジャコモ・コンテルノ GIACOMO CONTERNO

イタリア
  • イタリア
  • ピエモンテ
ジャコモ・コンテルノ / GIACOMO CONTERNO ワインボトル

神のような別格の存在として讃えられる、バローロ最高峰の家族経営ワイナリー

長きに渡る交渉を経て、エノテカ念願の新規取り扱いを果たしたバローロの最高峰生産者、ジャコモ・コンテルノ。彼らが手掛けるトップキュヴェ、バローロ・リゼルヴァ モンフォルティーノはワイン・アドヴォケイト誌において、2000年以降、5度に渡り100点を獲得しており、信じられないほどの品質主義から生み出される圧倒的な完成度のバローロは、ボルドーの格付け1級シャトーや、ブルゴーニュのD.R.C.のような別格の存在として讃えられています。

目次

常にトップに君臨する圧巻のクオリティ

ジャコモ・コンテルノは、ジャコモ・コンテルノ氏が1900年代に銘醸地モンフォルテ・ダルバの地で創設した家族経営ワイナリー。第一次世界大戦から帰国後、彼はバローロにおいて、長期熟成が可能なワインを作ることを決意しました。そしてワイン造りへの高い情熱を胸に、力強く長期熟成が可能なバローロ モンフォルティーノを見事に完成させ、初めて瓶詰めのバローロを販売した生産者の一人として一躍話題に。こうして古典派バローロの第一人者であるコンテルノ家の伝説が始まりました。

その後、1961年には2代目ジョヴァンニ氏がワイン造りに参画しました。それまで上質な買いブドウでワインを仕立ててきましたが、より高品質なブドウを確保するため、1974年にセッラルンガ・ダルバに位置するカッシーナ・フランチャに14haの自社畑を購入。南西向きで石灰質を多く含む土壌から生まれる、コンテルノ家が目指すスタイルに最適なブドウを、一切妥協のない伝統的な醸造方法で仕立て、力強く優美な味わいのバローロ・カッシーナ・フランチャを完成させました。


さらに、その中でも最も優れた区画のブドウを使用し、巷のヴィンテージチャートは関係なく、ジョヴァンニ氏が素晴らしいと判断した年にのみ仕立てられる伝説的キュヴェ、バローロ・リゼルヴァ・モンフォルティーノを生み出し、「古典派バローロの最高峰」としてジャコモ・コンテルノの世界的名声を確立。こちらのキュヴェはワイン・アドヴォケイト誌にて幾度も100点を獲得し、ボルドーの格付け1級シャトーや、ブルゴーニュのD.R.C.のような別格の存在として讃えられているのです。

ジョヴァンニ氏の死後、1988年からワイン造りに携わっていたジョヴァンニ氏の息子であるロベルト氏が当主に就任。古くから伝わる伝統的な醸造を守りながら、父から受け継いだ徹底的な品質主義を貫いています。そんなロベルト氏が手掛けるバルベラ・ダルバ ヴィーニャ・フランチャを、ワイン・アドヴォケイト誌は「バルベラでは到達しがたいレベルの複雑味が引き出されている」と絶賛。


ロバート・パーカー氏は、ジャコモ・コンテルノを「ネッビオーロ種とピエモンテにとっての記念碑のような存在である」と称賛し、文句なしの5つ星満点生産者に選出しました。このようにトップキュヴェのみならず手掛けるワイン全てにおいて評論家から高い支持を集め、神のような別格の存在として世界中の愛好家から崇められているのです。

伝統を貫きつつ躍進を続けるこだわりのワイン造り

ジャコモ・コンテルノはバローロ南東部モンフォルテ・ダルバを拠点とし、セッラルンガ・ダルバに位置するチェレッタ、カッシーナ・フランチャ、アリオネの3つの畑を所有しています。セッラルンガ・ダルバといえばバローロの中でも最も長期熟成能力の高いワインを生み出す5大産地の一つ。南北に細長く連なる山脈の裾野に、鉄分を多く含む重く赤みを帯びた土壌を備えたブドウ畑が広がっています。

その個性的な味わいと共にセッラルンガ・ダルバを有名にしているのが著名な畑の数々。こちらのジャコモ・コンテルノを始め、錚々たる大御所生産者の自社畑が、小さな谷を隔てて数珠繋ぎに連なっているのです。綺羅星の如き畑が立ち並ぶ素晴らしいテロワールで、良年にのみ生産されるトップキュヴェの「バローロ・リゼルヴァ・モンフォルティーノ」や単一畑の「バローロ・フランチャ」「バローロ・アリオネ」など、年間約60,000本を生産しています。


ジャコモ・コンテルノは生粋の古典派として知られており、ピエモンテのランゲ地方に伝わる大樽を使用した醸造法を受け継いだ、歴史を感じさせるクラシカルな造りが今も健在しています。そんな中、現代の技術を上手に取り入れることで、さらなる品質の向上に努めているのです。

マセラシオン(醸し)と発酵には、自動で撹拌作用が起き、タンニンがエレガントに仕上がるよう、対流が促進される台形の発酵樽を使用。この工程には3~4週間かけています。熟成には長期に耐えられるよう、密度が高く、最も酸素を通しにくいオーストリアオークを使用。その後、専用のステンレスタンクで最大1日かけてゆっくりと滓抜きし、清澄と濾過はせずに瓶詰めします。


また、ジャコモ・コンテルノはコルク会社に協力を仰ぎ、コルクに識別コードを付けて偽造対策や欠陥の無いコルクを造るシステムを導入した他、外観、香り、味わいのすべてにおいてネッビオーロを使用したワインを一番堪能できる形のグラス、センサリーを開発するなど、ワイン造りの基礎においては伝統を貫き、それを取り巻く環境で先進的なアプローチを行っているのです。

センサリーグラスはこちら≫

商品一覧

5 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.