ト・カロン・ヴィンヤード・カンパニー
TO KALON VINEYARD COMPANY

お気に入り追加

アメリカ
  • アメリカ
  • カリフォルニア
  • ナパ
  • ノース・コースト
producers_default_title ワインボトル

珠玉の畑で「最高の美しさ」を表現する、ナパの新星ブランド


ト・カロン・ヴィンヤード・カンパニーは2019年にナパ・ヴァレーに設立された、コンステレーション社の新規ブランドです。コンステレーション社はアメリカで3番目の規模を誇るワイン会社で、かの有名なロバート・モンダヴィ・ワイナリーを買収し傘下に収めるなど、素晴らしいワインを手掛けています。 ト・カロン・ヴィンヤード・カンパニーは名前にも含まれている通り、ナパ・オークヴィルの歴史を語る伝説的な畑、ト・カロン・ヴィンヤードのブドウのみを用いてワインを生産することが特徴です。その畑の歴史は、1868年にH.W.クラブ氏が土地を取得し、オレンジの樹や栗の樹と合わせて、何種類ものブドウ品種が植えられたことからスタート。豊かな生命に恵まれていたことから、彼は畑に古代ギリシア語で「最高の美しさ」を意味するト・カロンと命名。その後、この地がカベルネ・ソーヴィニヨンに適していることに気付き、改植を進めていきました。 クラブ氏の死後、畑の所有権は複数のオーナーの手元に渡りながら、いくつかの区画に分割。1958年にチャールズ・クリュッグ氏が大部分を、1966年にロバート・モンダヴィ氏が現在のワイナリーがある区画を購入します。その後、モンダヴィ氏はクリュッグ氏所有の区画の管理も務め、区画の買い足しを実施。1988年と1994年には”To Kalon”と”To Kalon Vineyard”の商標権を取得します。現在ではベクストファー・ヴィンヤーズやオーパス・ワンら6社がト・カロンを所有していますが、その大部分はモンダヴィ・ワイナリーを買収したコンステレーション社に帰属しているのです。 世界最高峰のカベルネ・ソーヴィニヨンを造り上げるためワインメーカーに任命されたのは、スクリーミング・イーグルの2代目ワインメーカーとして名を上げ、ダラ・ヴァレ、オーヴィッド、マヤカマスなどのコンサルタントを務めたアンディ・エリクソン氏。抜擢を受け彼は「ナパの歴史を語る宝石のような、魅力溢れるト・カロン・ヴィンヤードからワインを造ることに興奮を抑えられない。ナパ・ヴァレーの平地にある広大な畑だと、見た目だけでは思われるかもしれない。しかし事実は全く違い、まるでパッチワークのように、区画ごとに違うユニークな個性を持っている。」とコメントし、最高に美しいワインを造り上げようと意気込んでいます。

商品一覧

1 件

おすすめ順

関連リンク


お買い得情報

公式SNS・APP

最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

line お友達登録

お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

公式アプリ

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。