<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

イングルヌック INGLENOOK

アメリカ
  • アメリカ
  • カリフォルニア
  • ナパ
  • ノース・コースト
イングルヌック / INGLENOOK ワインボトル

カリフォルニアの伝統と礎を築いた、伝説的ワイナリー

ナパ随一の長い歴史を持つイングルヌック。1879年のワイナリーの設立以降、ジェームス・サックリング氏が選ぶ「20世紀で最も偉大な12本のワイン」に選出されるなど、世界的評価を獲得するアメリカのワイナリーの先駆者です。苦難の時代もありましたが、映画監督フランシス・フォード・コッポラ氏がワイナリーを購入後、2011年に商標権を取り戻したことで名実共に完全復活。同年には醸造家フィリップ・バスコール氏を醸造責任者に迎え、現在はボルドーを彷彿とさせるエレガントなスタイルのワインを生み出しワインラヴァーを魅了し続けています。

目次

世界に認められた、カリフォルニアワインのパイオニア

カリフォルニアワインの歴史そのものとも称される伝説的なワイナリー、イングルヌック。その歴史は1879年まで遡ります。始まりは航路を探索、開拓する船の船長を務めていたイングルヌックの創業者、グスタフ・ニーバム氏が「ヨーロッパのシャトーに匹敵する、アメリカのワイナリーを設立する」という夢を抱いたこと。


ニーバム氏は、ワイナリーを設立するにふさわしい土地を求め、ナパ・ヴァレー、ラザフォードの西に位置し、スコットランドの言葉で「囲炉裏」を意味するイングルヌックと名付けられた土地に辿り着きます。その後、ヨーロッパから持ち込んだブドウの苗木で栽培を開始。1887年にはナパ・ヴァレーで初めてとなるグラビティ・フローを採用した運搬設備やカリフォルニア初のブドウ選別台、瓶詰めラインを完備した醸造設備を完成させます。

イングルヌックは順調にそのワインの品質を向上させていき、1889年に行われたパリ万博で銀賞を受賞するまでに成長。こうして世界的評価を獲得するアメリカのワイナリーの先駆者となり、ニーバム氏は自身の夢を叶えることとなりました。1939年、ニーバム氏の大甥にあたるジョン・ダニエル・ジュニア氏の代になると、ダニエル氏は「利益ではなくプライドを」というスローガン掲げ、高い基準を設けた品質第一のワイン造りを行っていきました。


そして1999年、当時ワイン・スペクテーター誌の編集者だったジェームス・サックリング氏が選定した「20世紀で最も偉大な12本のワイン」に、シャトー・マルゴー1900年やロマネ・コンティ1937年といった錚々たるワインと並び、イングルヌック1941年が選出されるという快挙を成し遂げます。

イングルヌックの名声復活に尽力した、コッポラ氏の情熱

順風満帆かと思われたイングルヌックでしたが、経済的事情から商標権や醸造設備、ブドウ畑を売却することになり、その輝きを失ってしまいます。しかし、ナパ・ヴァレーで別荘を探していた映画監督フランシス・フォード・コッポラ氏とその妻エノレア女史が、売りに出されていた邸宅と土地の一部を購入したことで転機を迎えるのです。


コッポラ氏は、購入した土地に隠されていたイングルヌックの遺産とも言える畑を発見したことで、どんなに時間がかかってもすべての土地を再び集め、イングルヌックの名声を復活させることを誓います。そしてイングルヌックの創業者であるニーバム氏と、自らの名を冠した「ニーバム・コッポラ・エステート・ワイナリー」を設立しました。

1978年、ニーバム・コッポラ・エステート・ワイナリーは、ボルドースタイルの赤ワイン「ルビコン」のファーストヴィンテージをリリース。その後、ワインコンサルタントとして、「マエストロ」の愛称で親しまれたアンドレ・チェリスチェフ氏を迎えます。チェリスチェフ氏は禁酒法以降のアメリカで大きな影響力のあったワインメーカーで、カリフォルニアワインのスタイルを確立したことで尊敬を集めていた人物です。


こうしてコッポラ氏はワイナリーの発展に力を注ぎながら、バラバラになっていた歴史的なシャトーを含むイングルヌックの残りの土地を購入していき、ついに2011年、約40年にわたる忍耐強い決意と粘り強い交渉により、イングルヌックの商標権を取得。コッポラ氏はかつて立てた誓いを果たし、イングルヌックを完全復活させたのです。

ボルドーの名匠によって実現した、エレガントなスタイル

イングルヌックが位置するのは、数マイル北に海抜1200mのセント・ヘレナ山がそびえ立つ、美しい景観のナパ・ヴァレー、ラザフォード。ワイナリーの名前のルーツである、木に囲まれた「nook(隠れ場所)」の後ろには山脈が連なっており、東風からイングルヌックを守っています。土壌はローム質の水はけのよい土壌から、深く細かい砂質の土壌までを包括。最も乾燥した季節においても決して干上がることがない独自のテロワールを有しています。


そんな恵まれたテロワールを持つイングルヌックの栽培、醸造を指揮する総支配人に、醸造家フィリップ・バスコール氏が2011年に就任。フィリップ氏はメドック格付け第1級シャトー・マルゴーで故ポール・ポンタリエ氏の右腕として、20年以上のキャリアを誇るボルドーワインのスペシャリストです。

フィリップ氏はマルゴーで長年培ったノウハウを活かし、2013年から大胆な変革を実施。栽培では、剪定の時期を早め、キャノピー(樹冠)を縮小させました。こうすることでブドウの葉一枚一枚に日光が豊富に降り注ぎ、収量は増加。また、収穫を通例よりも10日ほど早めて実施したことで、ブドウの過度な成熟による糖度の上昇を抑え、よりフレッシュな酸味を持ったブドウを収穫する手法へと転換を試みたのです。

醸造に関しては新しい除梗設備を導入し、より優しく果実を扱いブドウの酸化を抑制することで、純粋な個性が表現されたアロマの抽出が可能に。また、ポンピングオーバーを定期的に行っていたのを、個々のブロックで分けられたワインごとに最適なタイミングで実施するように変更しました。過度な色素やタンニンの抽出が抑えられ、最終的なワインのバランスやストラクチャーの質も更に向上。熟成に関しては、ヴィンテージによって新樽比率75~80%のフレンチオークで約18ヵ月熟成させます。


こうして出来上がるワインは、ジューシーな果実味がありながらもタンニンはしなやか、綺麗な酸味がしっかりと感じられるスタイルです。また近年、温暖化による栽培環境の変化などから、エレガントなスタイルへとトレンドがシフトしていく中、フィリップ氏の手腕によって驚くほどフィネス溢れるワインを造り上げたイングルヌックに注目が集まっています。是非ナパの地で生まれる、美しくも力強さを秘めた逸品をお愉しみください。

入荷中のおススメ銘柄はこちら

イングルヌック・ルビコン・ラザフォード・ナパ・ヴァレー

【限定60本!】

1880年代に最初に植えられた歴史的区画の最上のブドウのみを使用したフラッグシップキュヴェ。熟した果実味と綺麗な酸味が巧妙に溶け合う逸品。


イングルヌック・ルビコン・ラザフォード・ナパ・ヴァレー

イングルヌック

フラッグシップキュヴェとして造られるボルドースタイルの1本。2018年ヴィンテージは優れた品質かつ豊作となり、特別な区画のカベルネ・ソーヴィニヨンを含む、選りすぐりのブドウのみを使用しています。出来上がったワインは、ボリューム感のある口当たりに、凝縮した果実味とエレガントな酸味が渾然一体となった仕上がりです。

2018

35,200

(税抜価格32,000円)

  • D 97
  • JS 97
  • V 94
  • WA 94
  • WE 94
  • WS 93
イングルヌック・カベルネ・ソーヴィニョン

【限定36本!】

伝説的キュヴェのオマージュとして造られた、ルビコンのセカンドワイン的存在。滑らかなタンニンが豊満な果実味と調和した味わい。


イングルヌック・カベルネ・ソーヴィニョン

イングルヌック

こちらは、ルビコンと同じ区画のブドウを使用したセカンドワイン的存在。ジョン・ダニエル・ジュニア氏が造り、「20世紀で最も偉大な12本のワイン」にも選ばれた「1941年ヴィンテージ」のオマージュとして造られました。ブラックチェリーやカシスの黒系果実のアロマ、きめ細かく滑らかなタンニンがジューシーな果実味と見事に調和した仕上がりです。

本数限定

2018

15,400

(税抜価格14,000円)

  • D 93
  • JS 95
  • V 94
  • WA 90
  • WE 94
イングルヌック ブランカノー

【限定12本!】

ルビコンの相棒として生まれた、多層的で芳醇なアロマとふくよかな果実味が魅力の稀少白ワイン。


イングルヌック ブランカノー

イングルヌック
ライトボディ
5
フルボディ

こちらはルビコンに寄り添う存在として1999年に発売されたローヌブレンドの白ワイン。ブランカノーは、フランス語で「白い水」を意味し、自社畑のヴィオニエ、ルーサンヌ、マルサンヌを用いて極少量のみ造られます。果実のアロマと酸味をバランスよく保持したブドウ本来の芳醇な香りと、リッチなテクスチャーが魅力です。

本数限定

2019

12,100

(税抜価格11,000円)

  • D 94
  • JS 92
  • WS 90
    この記事をシェア

    商品一覧

    3 件

    おすすめ順

    関連リンク


    お買い得情報

    飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

    「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。
    Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.