<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


シャトー・レオヴィル・バルトン CH. LEOVILLE BARTON

フランス
  • フランス
  • ボルドー
シャトー・レオヴィル・バルトン / CH. LEOVILLE BARTON ワインボトル

レオヴィル3兄弟の1つ、愛好家から高い人気を誇るシャトー

レオヴィル・バルトンは、ポイヤックとマルゴーの間に位置し、優良シャトーがひしめくサン・ジュリアン村の中でも特にコストパフォーマンスに優れ、世界中のワイン愛好家から高い人気を集めているシャトーの1つ。世界的需要が高い故に、日本への入荷本数は限られており、入手困難なシャトーとしても知られています。

ボルドー愛好家たちが買い求める、圧倒的なコストパフォーマンス

レオヴィル・バルトンは、同じくメドック格付け第2級のレオヴィル・ラス・カーズ、レオヴィル・ポワフェレ、レオヴィル・バルトンという3つのシャトーはかつて1つの領地でしたが、1826年にワイン商人のヒュー・バルトン氏がその一部の畑を購入、現在のレオヴィル・バルトンが誕生しました。レオヴィル・バルトンはシャトーを所有していない為、醸造は同じくバルトン家が所有する隣のシャトー、ランゴア・バルトンで行われています。

アントニー氏

1854年ヒュー氏の没後も代々シャトーを所有し続けたバルトン家。1924年、シャトーを引き継いだロナルド・バルトン氏は戦争により一度フランスを離れますが、1945年の終戦と共に再びフランスへ戻り、本格的なワイン造りを開始。1983年、シャトーを引き継いだロナルド氏の甥アントニー氏は、醸造設備を整え、温度管理に至るまで注意を払った醸造技術を取り入れ、品質の向上を図りました。その結果、アントニー氏は2007年デキャンタ誌のマン・オブ・ザ・イヤーにも選ばれています。


ワインは、香り高いアロマと重過ぎずまとまりの良い味わいというサン・ジュリアンの美点をしっかりと備えたスタイル。特にカベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高く、筋肉質でクラシックな仕上がりが特徴です。アントニー氏がデキャンタ誌のインタビューで「他のシャトーと競って価格を上げるつもりはない。」と語っているように、第1級シャトーに追随するスーパーセカンドの中で、今も圧倒的なコストパフォーマンスを誇っており、愛好家たちが挙って買い求める人気銘柄です。

商品一覧

0 件

新着順

該当商品はありません

この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.