2017年9月 よりどり6本1万円

DOMAINE ANDERSONドメーヌ・アンダーソン

1776年に設立された老舗シャンパーニュ・メゾン、ルイ・ロデレール。大規模なブランドが華々しいヴィジュアルの広告を掲げ市場を席巻するシャンパーニュの中で、「手仕事の芸術品」と賞される丁寧なシャンパーニュ造りを守り続けている稀有なメゾンです。2013年には、フランスのワイン雑誌「La Revue du Vin de France」誌において、シャンパーニュメゾン・トップ50のうち、第1位の座を獲得。派手さはないものの、本物を愛する真のワイン好きに選ばれるメゾンであり続けてきました。

そんなルイ・ロデレールは、前社長のジャン・クロード・ルゾー氏の代であった1980年代、シャルドネとピノ・ノワールを造るための最上のテロワールを追い求め、アメリカ、カリフォルニアの地にたどり着きました。そして、カリフォルニアの中でも特に理想とする条件が揃っていたアンダーソン・ヴァレーに580エーカーの畑を手に入れ、スパークリングワインを生産する「ロデレール・エステート」を設立。シャンパーニュ・ルイ・ロデレールの洗練されたテクニックと妥協なき精神がそっくりそのまま受け継がれ、シャンパーニュと見紛うほどのハイクオリティなスパークリングワインを生産し、世界で高い評価を受けています。


そして現社長のフレデリック氏(※写真上)の代となった2011年、同じアンダーソン・ヴァレーに、新たにスティルワインを造り出すための畑を購入。そうして生まれたのがこの「ドメーヌ・アンダーソン」です。今回初入荷の2012年がファーストヴィンテージ。ロデレール・エステートと同様、ルイ・ロデレールが独自のこだわりと技術を以てワイン造りを行う新進気鋭のワイナリーです。

ドメーヌ・アンダーソンがあるのは、カリフォルニア最北のブドウの産地であり、7月でも平均気温は23℃程度という冷涼な地域、アンダーソン・ヴァレー。昼夜の寒暖差が激しく、海からの冷たい風が山々や丘にぶつかることによって、冷涼な霧が多く発生することで有名です。
ルイ・ロデレールの社長ルゾー氏は、80年代からシャルドネとピノ・ノワールの栽培に適したこのアンダーソン・ヴァレーの畑に目をつけていました。冷涼な気候となだらかな斜面の畑は、彼の理想とするピノ・ノワールとシャルドネを造り出すと確信し、その土地を購入。ハイクオリティなスパークリングワインを造り出すことに成功しました。

そして、20年以上が経った2011年。念願叶って、ルゾー氏は新たに「ダッチヴィンヤード」というワイナリーと畑を購入しました。購入したのは、特に優れたピノ・ノワールが造られる「ダッチヴィンヤード」、シャルドネの「ウォルラーベンヴィンヤード」という二つの単一畑と、その周囲に広がるAVAクラスの畑の約50エーカー。ルゾー氏は購入するとすぐに、厳格に管理した改革を実施、全ての畑を自社畑として一括管理できるよう体制を整え、ワイナリーの設備も一新しました。そして1年以上に渡る努力の末、カリフォルニアにおける最も高い水準のワイン造りが行える、最新鋭の技術と設備を備えたワイナリーへと生まれ変わらせました。

ドメーヌ・アンダーソンのワイン造りを担っているのは、ニュージーランド、ドイツ、オレゴンという3つの大陸、8つのワイナリーでピノ・ノワールを造り続けてきたジェリー・ムーライ氏。彼は、13年に渡るピノ・ノワール造りのキャリアを買われてドメーヌ・アンダーソンに招かれ、ワイン造りへの飽くなき情熱によってワイナリーを牽引する存在となっています。ブドウは区画ごとに手摘みで丁寧に収穫、機械ではなく人の手による選果を行い、無駄な力を加えずにゆっくりと優しくプレス。その後、ピノ・ノワールについては、ブルゴーニュの地で伝統的な、上の部分が空いた大きな発酵槽で醸造、ゆっくりとマロラクティック発酵をおこない、自然な香りと色合いやストラクチャーを造り出します。
シャルドネについては、滓引きを行いながら、伝統的な「バトナージュ」(タンクの中の滓とワインとを撹拌する作業)を行い、旨みとアロマをワインに付加。滓引きやバトナージュは全て人の手によって、ブドウ本来の味わいを壊さないよう細心の注意を払って丁寧に行っています。

そして樽熟成の際の新樽比率は25~35%。フレンチオークを使用していますが、できるだけ新樽の比率は控えめにして、樽香が強くなりすぎないようにしています。ピノ・ノワールは16か月、シャルドネは11か月~12か月熟成。「真の素晴らしいワインとは、全行程を通して極力手を加えず、その土地が持つ独自のテロワールを表現しているワイン」であるというモットーのもと、アンダーソン・ヴァレーというテロワールの魅力を最大限に生かしたワインを生み出しています。

ムーライ氏の技術と情熱によって、ブドウ本来の味わいを損なうことなく丁寧に造られたワインは、ファーストヴィンテージの2012年が『ワイン・エンスージアスト』誌に取り上げられ、ピノ・ノワールは91点、シャルドネは92点という高得点を獲得するなどリリース直後から高い評価を受けており、今最も注目の最新カリフォルニアワインの一つとなっています。

こちらのピノ・ノワールの記念すべきファーストヴィンテージ、2012年は『ワインエンスージアスト』誌において91点を獲得、リリース直後から高い評価を受けました。複数の区画から収穫されるピノ・ノワールをブレンドして造られており、しっかりとした果実味と繊細さを持ち合わせた仕上がりとなっています。
チェリーやリコリス、イーストやヴァニラなどの様々な要素を感じる複雑なアロマ。土のニュアンスやタバコのようなスモーキーさも感じられます。みずみずしくエネルギッシュな果実味、シルクのようなに優しくキメ細やかなタンニンに酸が加わり、均整のとれた見事なバランス。ぼてっとした重さやべたつきは一切感じないエレガントで軽やかな印象、チャーミングでいきいきとしたピノ・ノワールです。

ピノ・ノワールと同じくファーストヴィンテージであるこちらの2012年ヴィンテージは、『ワインエンスージアスト』誌において92点を獲得。アンダーソン・ヴァレーというテロワールの個性をしっかりと表現した、リッチかつ滑らかな質感が特徴です。
アプリコットに白い花の華やかなアロマ、口に含むとキャラメルがけのリンゴやシナモンの風味が広がり、グアバピューレ、バニラ、洋ナシのコンポートのようなゴージャスなニュアンス。ブドウ本来のピュアな果実味があり、豊かな味わいながらもふわっと軽く心地良い舌触りを感じます。そしてその後に続く柑橘系フルーツのようなキレイな酸と程良いミネラル感が全体を引き締め、全体として重すぎずエレガントでスムースな仕上がり。ブルゴーニュワインのようなふくよかさと繊細な味わいを楽しめる上質なシャルドネです。

並べ替え:
在庫:

1 件中 1~1 件を表示

関連リンク

現在の絞り込み条件
  • 生産者:ドメーヌ・アンダーソン
さらに絞り込み
全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料600円 (648円 税込)
クール代200円 (216円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club 楽天ペイ
ほか、代金引換、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ