0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)

MARQUES DE MURRIETA



 

世界第1位に輝いた稀少銘柄をはじめ、
人気銘柄が待望の再入荷!

マルケス・デ・ムリエタは、「リオハの近代的ワイン造りの父」とも呼ばれるルチアーノ・デ・ムリエタ氏によって1852年に創設された、現存するリオハ最古のワイナリー。イギリスの有名ワイン評論家ティム・アトキン氏によるリオハ格付けでは1級に選出されるなど、まさにリオハの頂点と言うべき造り手です。

この度エノテカ・オンラインには、ワイン・スペクテーター誌の「2020年トップ100」にて見事第1位を獲得した、カスティーリョ・イガイが数量限定で再入荷いたしました!また彼らのスタイルを集約したとするマルケス・デ・ムリエタ・レゼルヴァや、稀少な白ワインであるカペッラニア・ブランコ・レゼルヴァも同時に入荷。それぞれ各評価誌で絶賛される仕上がりとなっております。この貴重なチャンスを是非お見逃しなく。

今回入荷のアイテムを早速チェック ▼

有名評論家の格付けで1級に選出される実力。
スペイン随一の銘醸地リオハの原点にして頂点。

スペインを代表する銘醸地リオハ。現在のように発展したのは、19世紀後半に大きな転換点があったからです。当時、隣国のフランスではフィロキセラが猛威を振るい、ブドウ樹は壊滅しました。そこで、フランスの生産者たちはまだフィロキセラの害が届いていないリオハに参入。その際、フランス人たちの持ち込んだ優れた醸造技術によって、リオハはワイン産地として大きく発展したのです。

そのような時代の中で、マルケス・デ・ムリエタは「リオハの近代的ワイン造りの父」とも呼ばれるルチアーノ・デ・ムリエタ氏によって1852年に創設されました。ルチアーノ氏は当時も人気のあったボルドーワインの、品質の高さの秘訣を探り、その結果として木樽の使用や除梗を導入。また理想のワインを造るためには、自社畑を所有することが必要だと考え、実践するとともに、リオハにその概念をもたらしました。その偉大な功績により、スペイン王室から「マルケス=侯爵」の称号を与えられ、リオハを代表するワイナリーとして世界にその名を轟かせています。

ムリエタ家は約130年の間マルケス・デ・ムリエタのワインを世に広めた後、1983年にクレイセル家にワイナリーを売却。1996年に現在のオーナーであるクレイセル・ヴィセンテ氏がワイナリーを受け継ぎました。ヴィセンテ氏は更なる高みを目指して大規模なワイナリーの改築を断行。老朽化していたワイナリーは、一から組み直すことで歴史的価値のある外観はそのままに再建を行いました。選果台や温度管理が可能な発酵タンクなどの醸造に関わる最新設備も同時に導入。さらに畑の研究も同時に始め、区画毎に土壌や微気候を科学的に調査し、一部では植え替えも実施しました。近年も醸造設備や灌漑設備などを一元管理するコンピュータを導入しています。

このような徹底的な改革を行ったヴィセンテ氏のモットーは、「すべてのものを保っていくためにはあらゆる変化を受け入れなくてはいけない」ということ。安易に最新技術を取り入れるのではなく、マルケス・デ・ムリエタの重視する「エレガントなスタイル」を守り続けながらも、環境の変化に合わせてワイナリーを発展させているのです。

時代と共に発展してきたマルケス・デ・ムリエタですが、なんと現存するリオハ最古のワイナリー。長い歴史を持つだけではなく実績の面でも、有名評論家ティム・アトキンによって毎年更新されるリオハ格付けにて、1級を獲得し続けています。またトップキュヴェであるカスティーリョ・イガイは、100年以上も前からリオハ最高ランクのワインとして知られる銘柄。現在に至るまでわずか15ヴィンテージしか生産されていないイガイ・ブランコも、スペインで初めてワイン・アドヴォケイト誌にて100点を獲得した最高峰の白ワインです。さらに、2020年にはワイン・スペクテーター年間トップ100において、カスティーリョ・イガイが見事に世界1位を獲得まさにリオハの地における、原点にして頂点と言える造り手なのです。

徹底した管理のもと理想のブドウを追求。
自社畑100%へのこだわり。

マルケス・デ・ムリエタが高い品質を保っている秘訣の一つが、自社畑の所有です。リオハの一般的な生産者は買い付けブドウでワインを造っているのに対し、彼らはなんと1852年の設立当時から自社畑100%でワインを醸造してきました。およそ170年もの間、妥協することなくブドウを栽培してきたことで、他の生産者にはないノウハウを獲得。彼らの理想とするブドウを長年の間追求したことが、リオハの中で抜きんでたワインを生み出すことにつながっています。

彼らの所有する自社畑イガイ・エステートは総面積300ha、ワイナリーを囲むようにして広がっています。ほとんどが南東や南西を向き、日当たりは良好。エブロ川の近くにあることで冷涼な風を受け、そして寒暖差の大きい標高340~485mの場所にあることで、凝縮感のあるブドウが結実します。また畑は鉄分を含む石灰粘土質土壌で構成され、大きな石が非常に多く転がっているため、水はけが良く、ミネラルに富んでいることも特徴。それがリオハの中でも特に複雑味に優れたブドウを収穫することに影響しています。

驚くのはその徹底した畑の管理。広大な敷地を30区画に分けて管理し、さらに常駐スタッフが24時間、365日、欠かさず畑の様子を注視しています。こうした人の目による観察と、科学的な分析も同時に行うことで、自然というコントロールできないものを相手としながらも、可能な限りイガイ・エステートのテロワールを表現した理想のブドウが得られるよう栽培しています。

テロワールをエレガントに表現する、
丁寧かつ綿密なワイン造り。

マルケス・デ・ムリエタの醸造はその歴史的背景から、ボルドーとの共通点が多くあります。ブレンドによって赤ワインを造ることや、木樽熟成を経てからリリースすることなどが挙げられます。一方で、異なるのはリオハのテロワールを活かしたワイン造り。リオハはボルドーと比べて標高が高く、また降水量は半分なため、パワフルなワインが生まれやすい環境です。マルケス・デ・ムリエタはそのテロワールをエレガントに表現することを重視し、その点でボルドーと異なるスタイルが確立されています。

マルケス・デ・ムリエタは独自のスタイルを生み出すために、非常に手間をかけた醸造を実施。ブドウはスペインの土着品種であるテンプラ二ーリョ、マズエロ、グラシアーノ、ガルナッチャ、ヴィウラを主に使用します。手摘みで収穫したブドウは25kgの小箱で運び、リオハでは珍しい光学式選果機で選別。醸造について、発酵はステンレスタンク、コンクリートタンク、フレンチオーク樽の3つの発酵設備から、表現したい味わいや香りに最も適したものを採用します。

そして特筆すべきなのは、その熟成期間の長さ。
スペインには熟成期間によってクリアンサ、レゼルヴァ、グラン・レゼルヴァの3つの等級がありますが、彼らは熟成期間の短いクリアンサは生産していません。また一般的なリオハの生産者が収穫から2~3年でリリースするところ、マルケス・デ・ムリエタはおよそ4年と、しっかりと熟成を行った上でリリースします。そして長い熟成期間の中でも重視しているのが瓶内熟成。味わいが丸みを帯び、ワインに磨きがかかる瓶内熟成は、彼らが目指している「エレガント」なスタイルに不可欠だと考えています。

さらにマルケス・デ・ムリエタはボルドーと異なり、ヴィンテージ毎の安定性があることも特徴。優れたテロワールとそれを最大限に活かした造りを行うことにより、多くのヴィンテージで一定のクオリティでワインが造られ、かつ値段も手頃なことも魅力です。

今回入荷のアイテムはこちら▼

単一畑のブドウを使用し、
良年のみ造られる稀少なキュヴェ。
王者の風格を感じさせる、存在感を放つ1本。

【お1人様2本限り】限定130本!

2010年
カスティーリョ・イガイ
グラン・レゼルヴァ・エスペシャル

17,600 円(税込)

ご好評につき完売いたしました≫

マルケス・デ・ムリエタのスタイルが集約された、
渾身のフラッグシップワイン。
力強くもエレガントなスタイル。

2016年
マルケス・デ・ムリエタ・レゼルヴァ

4,180 円(税込)

この商品はこちら≫

幻のワイン、イガイ・ブランコと同じ畑のブドウを使用。
複雑なアロマと濃密な果実味が溶け合う、
リオハ最上級の白ワイン。

2015年
カペッラニア・ブランコ・レゼルヴァ

4,180 円(税込)

この商品はこちら≫
No results that match your search.
竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (726 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (330 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (330 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)